MacのBootcamp

コーヒーを飲みながら資料をチェックする女性
更新日:2021年09月25日

コーヒーを飲みながら資料をチェックする女性

当ブログから、MacのBootcampについての記事を集めました。

インテルMacではBootcamp機能を使ってWindowsをインストールできますが、知っていると便利なノウハウを紹介します。

Bootcamp以外にMacで他のOSを使う方法としては、仮想環境アプリがあります。

仮想環境アプリの関連記事は、以下のリンク先から御覧ください。

Macの仮想環境
Macの仮想環境アプリ、Parallels/VMWare/VirtualBox/Crossoverについての記事の一覧です。 仮想環境アプリを使うと、MacでWindowsやUbuntuを動かすことができます。

 

Botcamp個別記事のリンク

Bootcampのトラックパッド改善アプリ「Mac Precision Touchpad」

普段MacBookを使っていてたまにWindowsノートを使うと、MacBookのトラックパッドの使いやすさを再認識してしまいます。

また、MacのBootcamp機能でWindowsを使うと、トラックパッドの使い勝手がmacOSと比べてイマイチです。

そこで、ここではフリーソフトの「Mac Precision Touchpad」を使って、BootcampのWindowsでもmacOSに近い操作感を実現する方法を紹介します。

以下のリンクをクリックすると、該当の記事へジャンプします。

BootCampトラックパッドは「Mac Precision Touchpad」で改善
MacBookシリーズのトラックパッドは使いやすいことで知られていますが、BOOTCAMPでWindowsを使うときには、反応がイマイチだと思いませんか? そこで、このページではmacOS並に使いやすくする方法を紹介します。

Bootcamp領域から再起動

MacでBootcamp領域からWindowsを起動するには、電源を入れるときにキーボードのoption ⌥キーを長押しする方法や、「システム環境設定」から起動ディスクを指定する方法があります。

これらの方法がわずらわしい場合は、アプリを使う方法やターミナルでコマンドを使う方法がありますが、macOSのセキュリティの関係で、macOS 10.11 El Capitan以降は使えなくなりました。

こういった事情も踏まえて、手軽にBootcamp領域から再起動する方法を調べてみたので、以下のリンクをクリックすると、該当の記事へジャンプします。

カンタンにBOOTCAMPから再起動する方法を探してみた
MacでBOOTCAMPを使ってWindowsを起動したい場合、カンタンに指定する方法はあるのでしょうか? このページでは、海外のネットも含めて調べて、実際に検証した結果を紹介します。

MacとBootcamp領域(Windows)の共通のデータ領域を作る

MacでBootcamp領域を作ってWindowsをインストールすると、通常はお互いの領域のデータの読み書きは次のようになります。

Mac領域 Bootcamp領域
Macから 読み書き 読み込みのみ
Windowsから アクセスできない 読み書き

これを解決する方法としては、直接お互いの領域を読み書きする方法もありますが、データを破損するリスクがあったり、有料アプリを使う必要があります。

そこで、ここではデータ破損のリスクが少なく、Mac標準の機能でできる方法として、MacからもWindowsからも読み書きできる共通のデータ保存領域を作る手順を紹介しています。

ということで、以下のリンクをクリックすると、該当の記事へジャンプします。

MacとBootcamp-Windowsで共通のデータ領域を作る
macOSとBootcampのWindowsから、どちらからでも読み書きできるデータ領域を内蔵ドライブに作成/削除する方法や注意点を、macOS 10.15 Catalinaで図解を使って詳しく解説します。

 

記事一覧

当ページで紹介した記事のリンクの一覧です。

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました