当サイトのリンクには商品・サービスのPRを含む場合があります。

Mac用の主な圧縮・展開ソフトの機能比較と、パターン別のおすすめを紹介

アーカイブアイコン
投稿日:2023年09月28日     更新日:2023年09月28日
この記事は約4分で読めます。

MacでZIP形式などのアーカイブを圧縮・展開するアプリで、代表的なものを比較します。

メリット・デメリット・料金についても説明するので、ニーズによってどのアプリがおすすめかも紹介します。

スポンサーリンク

① 主な圧縮・展開ソフトの一覧とメリット・デメリット


アーカイブ
ユーティリティ

Keka

BetterZip

ZIPANG

MacWinZipper
有料版
入手先・価格・macOSに付属・公式サイト ¥0
・Mac App Store ¥700
・公式サイト 約¥4,000・公式サイト ¥0・公式サイト ¥2,500
対応OSバージョン・10.4 Tiger以上・10.4 Tiger以上・10.9 Mavericks以上・10.9 Mavericks以上
メリット・圧縮・展開の操作が簡単
・複数の圧縮形式が選択可能
・日本語表示
・RAR圧縮も可能・圧縮・展開の操作が簡単
・日本語表示
・圧縮・展開の操作が簡単
・日本語表示
デメリット・Mac専用データが付加されてしまう
・文字化けすることがある
・RAR圧縮はできない・多機能すぎて使いこなすのは難しい
・費用がかかる(30日間の試用期間あり)
・日本語表示なし
・ZIPの圧縮・展開に限られる・ZIPの圧縮・展開に限られる
・費用がかかる

以下、各ソフトの入手先のリンク

さらに、①②③については、当サイトで使い方説明の記事があります。

① アーカイブユーティリティ

② Keka

③ BetterZip

スポンサーリンク

② 主な展開専用ソフトの一覧とメリット・デメリット


The Unarchiver

StuffIt Expander
入手先・価格・公式サイト ¥0
・Mac App Store ¥0
・Mac App Store ¥0
対応OSバージョン・10.4 Tiger以上・10.11 El Capitan以上
メリット・展開の操作が簡単
・対応アーカイブ形式が多い
・日本語表示
・展開の操作が簡単
・複数のアーカイブ形式に対応
デメリット・なし・日本語表示なし

以下、各ソフトの入手先のリンク

さらに、①については、当サイトで使い方説明の記事があります。

① The Unarchiver

スポンサーリンク

③ 主な圧縮専用ソフトの一覧とメリット・デメリット


MacWinZipper
無料版
入手先・価格・公式サイト ¥0
対応OSバージョン・10.9 Mavericks以上
メリット・圧縮の操作が簡単
・日本語表示
デメリット・ZIP形式限定

以下、ソフトの入手先のリンク

スポンサーリンク

④ パターン別のオススメのソフト

MacとWindowsでアーカイブをやりとりする場合は、Mac標準の「アーカイブユーティリティ」を使うと、Mac専用のデータが追加されたり、文字化けするといったトラブルが起きる場合があります。

このページで紹介したソフトでは、そのあたりの対応がされています。

と言うことで、パターン別のオススメの圧縮・展開ソフトは次のようになります。

パターン内容オススメ
AZIPなどのアーカイブを作成して他の人に送りたい圧縮・展開の「② Keka」か「④ ZIPANG」
Bアーカイブの作成はせず、展開だけできれば良い展開の「① The Unarchiver」
CRAR形式のアーカイブを作成したい圧縮・展開の「③ BetterZip」

パターンAについて、少し補足します。

ZIP限定の場合は「④ ZIPANG」がシンプルで使いやすいです。

一方、ZIP以外の圧縮もする場合や、ZIP以外の展開もカバーしたい場合は、「② Keka」がオススメです。

コメント

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました