当サイトのリンクには商品・サービスのPRを含む場合があります。

Mac用アプリ「The Unarchiver」は、ほとんどのアーカイブ形式に対応した展開(解凍)専門の無料アプリ

【広告】 Parallelsお買い得情報

macOS 14 Sonoma対応の【Parallels Desktop 19】リリース。
7月1日まで25%オフ

MacでWindowsを使えるソフトウェア【Parallels】

Mac アプリ「The Unarchiver」
更新日:2023年08月31日

投稿日:2023年08月31日
この記事は約15分で読めます。

Macのアーカイブ展開専用アプリ「The Unarchiver」は、過去現在のほぼ全てのアーカイブ形式に対応してます。

このページでは、このアプリの特徴・使い方・対応アーカイブ形式について、詳しく説明します。

このアプリを一言で言うと、「Macで無料のアーカイブ展開専用アプリを入れるなら、これ一択!」です。

スポンサーリンク

① アプリの特徴

Mac アプリ「The Unarchiver」
アプリ「The Unarchiver」のアイコン

(1) アプリの概要

アプリ「The Unarchiver」は、アーカイブの展開(解凍)の専門アプリです。

アーカイブの作成や圧縮の機能はありません。

このアプリは、ウクライナのMac関連ソフトの開発・販売の会社、「MacPaw」社からリリースされています。

オリジナルは、フィンランドのアプリ開発者「Dag Agren」氏がリリースして2000年代から人気がありました。

これを、「MacPaw」社が2017年に買収しています。

(2) アプリのメリット・デメリット

メリット

デメリット

  • macOS 11 Big Surから導入されたアーカイブ形式の「AAR(Appleアーカイブ)」と「AEA(Apple暗号化アーカイブ)」には対応していない

(3) 対応macOSとアプリのバージョン

Macの機種やmacOSバージョンによって、アプリ「The Unarchiver」で使えるバージョンが異なります。

対応Mac種類macOSバージョンアプリバージョン
・AppleシリコンMac
・インテルMac
10.9 Mavericks以降最新バージョン
4.3.5
(2022/5/13リリース)
・インテルMac10.4 Tiger 〜
10.8 Mountain Lion
旧バージョン
3.11.1
(2016/5/21リリース)
PowerPC Macは未対応
スポンサーリンク

② アプリの入手先

以下の2つの入手先があります。

最新版は、(1)と(2)のどちらも入手可能です。

Mac アプリ「The Unarchiver」

(2) 公式サイト

ここから入手すると、dmg形式のファイルがダウンロードされます。

dmgをマウントして表示される「The Unarchiver」を、フォルダ「アプリケーション」にドラッグ&ドロップして手動でインストールします。

Mac アプリ「The Unarchiver」 dmgイメージ

一方、旧バージョンは(2)の公式サイトを開いてから、リンク「For earlier versions click here.」から入手してください。

Mac アプリ「The Unarchiver」 公式サイト

以下の図は、矢印のあたりの拡大図です。

Mac アプリ「The Unarchiver」 公式サイト

スポンサーリンク

③ アプリの設定を行う

ここでは3種類の設定を説明しますが、いずれも必須の作業ではありません。

しかし、あらかじめこれらの設定を行うことにより、より快適な使い方ができるようになります。

  • (1) Dockにアイコンを登録する
  • (2) ファイルの関連付けを行う
  • (3) アーカイブ展開時の動作を設定する

この記事を書いている2023/8/31時点で、以下の使用環境では「(2) ファイルの関連付けを行う」がうまく動作しませんでした。

自分だけの環境なのか、他の環境でも同じなのか不明ですが、何か分かれば追記します。

  • macOSバージョン: Ventura 13.5.1
  • アプリ「The Unarchiver」バージョン:4.3.5

(1) Dockにアイコンを登録する

アプリをDockに登録することにより、次の2つの操作がカンカンになります。

  • Finderからアーカイブファイル1つ/複数をドラッグ&ドロップすると、アーカイブの展開ができる
  • Dockのアイコンをワンクリックするだけで、「設定」画面が呼び出せる

以下に、登録の手順を説明します。

▶︎ MacのFinderで、フォルダ「アプリケーション」の中にあるアプリ「The Unarchiver」を、MacのDockにドラッグ&ドロップして登録します。

Mac Finder

▶︎ 以下の図は、Dockの一部分を拡大したところですが、アプリ「The Unarchiver」が登録された状態です。

Mac Finder Dock

(2) ファイルの関連付けを行う

▶︎ アプリ「The Unarchiver」を起動します。

起動方法は、MacのFinderでフォルダ「アプリケーション」でダブルクリックするか、Dockに登録している場合はDockのアイコンをクリックします。

Mac アプリ「The Unarchiver」
MacのFinderから起動する場合
Mac Finder Dock
Dock登録のアイコンをクリックする場合

▶︎ アプリ「The Unarchiver」が起動されると、図のように画面「環境設定」が表示されます。

さらに、タブ「アーカイブ形式」が表示された状態のはずです。

Mac アプリ「The Unarchiver」 環境設定-アーカイブ形式

ここで、左のチェックマークを付けたアーカイブ形式が、ファイルのダブルクリックでアプリ「The Unarchiver」で展開されます。

ファイルフォーマットや拡張子の内容がよくわからない場合は、このページの以下のリンク先を参照してください。

(3) アーカイブ展開時の動作を設定する

▶︎ アプリ「The Unarchiver」を起動して、図のように画面「環境設定」を表示します。

さらに、タブ「展開」をクリックして表示を切り替えます。

Mac アプリ「The Unarchiver」 環境設定-アーカイブ形式

▶︎ 画面が「展開」に切り替わったら、各項目を必要に応じて設定します。

Mac アプリ「The Unarchiver」 環境設定-展開
No項目選択肢
アーカイブの展開先・デスクトップ
・アーカイブと同じフォルダ
・展開先フォルダを確認
・その他…
展開したファイル用の
新規フォルダを作成
・しない
・複数の最上位項目がある場合のみ
・常に作成
作成したフォルダの変更日・現在の時刻と日付
・アーカイブファイルの変更日
作成したフォルダの変更日:
上位項目の変更日も設定
・オン
・オフ
アーカイブ展開後の動作:
Finderで展開された
アイテムを表示する
・オン
・オフ
アーカイブ展開後の動作:
アーカイブファイルを
ゴミ箱に入れる
・オン
・オフ

各項目・選択肢の内容がよくわからない場合は、以下の詳細な説明をご覧ください。

① アーカイブの展開先

選択肢動作
デスクトップフォルダ「デスクトップ」に展開されます
アーカイブと同じフォルダアーカイブと同じフォルダに展開されます
展開先フォルダを確認展開先を指定する画面が表示されるので、そこで指定します
その他…特定のフォルダを展開先に指定します

② 展開したファイル用の新規フォルダを作成

選択肢動作
しない展開するときに新規フォルダを作成しません
複数の最上位項目がある場合のみ常に作成複数の最上位項目、例えば展開した結果として5つのファイルが作成されるような場合は、それらをまとめるためにフォルダが新規作成されます
一方、展開後に1つのファイル/フォルダしかない場合は、フォルダを新規作成しません
常に作成展開するときに常に新規フォルダを作成して、その中に展開後のファイルを作成します

③ 作成したフォルダの変更日

選択肢動作
現在の時刻と日付②で新規フォルダを作成する場合に、展開を実行した現在の日時が表示されます
アーカイブファイルの変更日②で新規フォルダを作成する場合に、アーカイブ作成時の日時が表示されます

④ 作成したフォルダの変更日:上位項目の変更日も設定

選択肢動作
オンこれは、オンとオフの違いが分かりません
分かる方がいたら教えてください
オフ

⑤ アーカイブ展開後の動作:Finderで展開されたアイテムを表示する

選択肢動作
オンアーカイブの展開後に、展開したファイル/フォルダをFinderで選択状態で表示する
オフ上記の動作を行わない

⑥ アーカイブ展開後の動作:アーカイブファイルをゴミ箱に入れる

選択肢動作
オンアーカイブの展開後に、元のアーカイブをゴミ箱に入れる
オフゴミ箱に入れない

スポンサーリンク

④ 実際にアーカイブの展開を行う

ここでは3つのパターンで、アーカイブの展開方法を紹介します。

  • パターン(1):あらかじめファイルの関連付けがなされている場合に有効
  • パターン(2):関連付けされていない場合でも展開可能
  • パターン(3):関連付けされていない場合でも展開可能

お好みによってどちらを使っても構いません。

ちなみに、パターン(3)でDock登録しておくと、すぐにアプリが起動できるので、設定変更がやりやすいといったメリットがあります。

パターン(1):アーカイブファイルのダブルクリック

▶︎ MacのFinderを前面に表示して、展開したいアーカイブファイルを選択します。

選択は、1つでも複数でもOKです。

Mac Finder

▶︎ 選択されたアーカイブファイルを、マウス(トラックパッド)でダブルクリックします。

Mac Finder

▶︎ アーカイブファイルが展開されます。

以下は、展開された結果です。

Mac Finder

パターン(2):アーカイブファイルの右クリックメニュー

▶︎ MacのFinderを前面に表示して、展開したいアーカイブファイルを選択します。

選択は、1つでも複数でもOKです。

Mac Finder

▶︎ 選択されたアーカイブファイルで、マウス(トラックパッド)で右クリックメニューを表示します。

表示した項目から、「このアプリケーションで開く」->「The Unarchiver」を選択します。

Mac Finder ファイル選択後に右クリックメニュー

▶︎ アーカイブファイルが展開されます。

以下は、展開された結果です。

Mac Finder

パターン(3):Dockにドラッグ&ドロップ

▶︎ Finderで展開したいアーカイブファイルを選択します。

選択は、1つでも複数でもOKです。

Mac Finder

▶︎ 選択されたアーカイブファイルを、Dockに登録された「The Unarchiver」までドラッグ&ドロップします。

Mac Finder Dock

▶︎ アーカイブファイルが展開されます。

以下は、展開された結果です。

Mac Finder

スポンサーリンク

⑤ 付録:対応しているアーカイブ形式

以下に、アプリ「The Unarchiver」で展開可能なアーカイブ形式を列挙します。

一部不明なところは「?」としていますが、分かり次第修正します。

また、アプリのバージョン4.3.5の状態です。(2022/5/13リリース)

ファイルフォーマット拡張子よく使われる
OS
簡単な説明
Zip Archivezip, z01Windows
Mac
WindowsやMacの標準
RAR Archiverar, r00, r01, r02, r03…Windowszipよりも高い圧縮率だが、アーカイブ作成には有料アプリ「WinRAR」が必要
また、アーカイブ作成時に分割が可能で、その場合は拡張子が「r00, r01, r02」といった連番になる
7-Zip Archive7zWindowsWindows用無料アプリ「7-Zip」でアーカイブ作成されることが多いが、Macでも無料アプリ「keka」で作成可能
Lha Archivelha, lzhWindows日本で開発されたアーカイブ形式で、1990-2000年代までWindowsではよく使われていた
Zipx ArchivezipxWindows圧縮アプリ「WinZip」でアーカイブ作成
Stuffit Archivesit, sitx, 1Mac1990-2000年代初めまでMacでよく使われていた
BinHex FilehqxMac1990-2000年代初めまでMacでよく使われていた
MacBinary Filebin, macbinMac1990-2000年代初めまでMacでよく使われていた
AppleSingle FileasMacMac特有のファイル情報を含めてUnix/Linux/Windowsとファイル転送する時に使う
Gzip Filegz, gzipUnix/linuxUnix/Linuxでソースプログラムの配布に使われることが多く、圧縮機能があるので、tarで作成したアーカイブを圧縮する使われ方が多い
Gzip Tar Archivetgz, tar-gzUnix/linuxTarでアーカイブ作成してから、Gzipで圧縮したアーカイブ
Bzip2 Filebz2, bzip2, bzUnix/linux圧縮率が高いので、Unix/Linuxで比較的大きなソースプログラムの配布に使われることが多い
Bzip2 Tar Archivetbz2, tbzUnix/linuxTarでアーカイブ作成してから、Bzip2で圧縮したアーカイブ
XZ FilexzUnix/linuxGzipやBzip2のように、Unix/Linuxで使われることが多い
XZ Tar ArchivexztUnix/linuxTarでアーカイブ作成してから、XZで圧縮したアーカイブ
Tar ArchivetarUnix/linuxUnix/Linuxでソースプログラムの配布に使われることが多いが、アーカイブ作成のみで圧縮機能はない
ISO Disk ImageisoWindows
Mac
元々は、CD/DVD/BDなどの光ディスクのイメージ形式
CDI Disk ImagecdiWindows元々は、Landport社のライティングソフト「DiscJuggler」の光ディスクのイメージ形式
NRG Disk ImagenrgWindows元々は、Nero AG社のライティングソフト「Nero Burning ROM utility」の光ディスクのイメージ形式
MDF Disk ImagemdfWindows元々は、Alcohol Soft社のライティングソフト「Alcohol 120%」「Alcohol 52%」の光ディスクのイメージ形式
GNU Tar ArchivegtarUnix/linuxUnix/Linuxでソースプログラムの配布に使われることが多いが、アーカイブ作成のみで圧縮機能はない
Unix Compress FilezUnix/linuxUnix/Linuxのコマンド「compress」で圧縮
Unix Compress Tar Archivetaz, tar-zUnix/linuxTarでアーカイブ作成してから、上記「compress」で圧縮したアーカイブ
LZMA FilelzmaUnix/Linux圧縮率が高いので、Unix/Linuxで比較的大きなソースプログラムの配布に使われることが多い
XAR ArchivexarUnix/LinuxUnix/Linuxのコマンド「xar」で作成したアーカイブ
XIP ArchivexipUnix/LinuxUnix/Linuxのコマンド「xir」で作成したアーカイブ
ACE ArchiveaceWindows有料アプリ「WinAce」で作成
セキュリティの問題のため最近は使われていない
ARJ ArchivearjWindows1990年台にMS-DOSやWindowsで使われていた
ARC Archivearc, pak, spkUnix1980年台からUnixで使われていた
ZOO ArchivezooUnix1980年台からUnixで使われていた
LBR Archivelibr, lqr, lzrCP/M1980年台にCP/Mで使われていた
PMA ArchivepmaMSX1980年台にMSXで使われていた
CAB ArchivecabWindowsWindowsのOSやアプリのインストーラで使われることが多い
Linux RPM ArchiverpmLinuxLinuxのOSやアプリのインストーラで使われることが多い
Deb ArchivedebLinuxLinuxのOSやアプリのインストーラで使われることが多い
ALZip ArchivealzWindowsアプリ「ALZip」で作成した
DiskDoubler ArchiveddMac1990年台にMac用アプリ「DiskDoubler」で作成
Compact Pro ArchivecptMac1990年台にMac用アプリ「Compact Pro」で作成
Packit ArchivepitMac1990年台にMac用アプリ「Packit」で作成
Now Compress Archivenow
Self-Extracting ArchiveseaMacStuffit形式の「sit, sitx」を自己解凍形式で保存したもの(展開にアプリ不要)
Windows Self-Extracting ArchiveexeWindows「zip, lha」などを自己解凍形式で保存したもの(展開にアプリ不要)
Microsoft MSI InstallermsiWindowsWindowsのアプリのインストーラで使われることが多い
CPIO ArchivecpioUnix/Linuxコマンド「cpio」で作成
Gzip CPIO ArchivecpgzUnix/LinuxCPIOでアーカイブ作成してから、GZipで圧縮したアーカイブ
Pax ArchivepaxUnix/Linuxコマンド「pax」で作成
WARC Web Archivewarc各国の国会図書館で決められたWebアーカイブのデータ保存形式
HA Archiveha
Amiga Disk FileadfAmiga1990年台にAmigaのコンピュータ上で使われたディスクイメージ
Compressed Amiga Disk FileadzAmiga「adf」ファイルを「Gzip」で圧縮した
Amiga DMS Disk ArchivedmsAmiga「adf」ファイルを「Disk Masher System」で圧縮した
Amiga LhF ArchivefAmigaアプリ「lhf」で作成した
Amiga LZX ArchivelzxAmigaアプリ「lzx」で作成した
Amiga DCS Disk ArchivedcsAmiga1990年台にAmigaのコンピュータ上で使われたディスクイメージ
Amiga PackDev Disk ArchivepkdAmiga1990年台にAmigaのコンピュータ上で使われたディスクイメージ
Amiga xMash Disk ArchivexmsAmiga1990年台にAmigaのコンピュータ上で使われたディスクイメージ
Amiga Zoom Disk ArchivezomAmiga1990年台にAmigaのコンピュータ上で使われたディスクイメージ
Amiga PowerPacker FileppAmigaアプリ「PowerPocker」で作成された
NSA Archivensa
SAR Archivesar
スポンサーリンク

まとめ

Macのアーカイブ展開専用アプリ「The Unarchiver」の特徴・使い方・対応アーカイブ形式について説明しました。

コメント

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました