マウスカーソルを大きくする方法

システム環境設定
この記事は約2分で読めます。

Macでマウスカーソルが小さくて見づらいときは、カーソルのサイズを大きくすることができます。

カーソルを大きくすると、近視や老眼で視力が弱い方や、プロジェクターでプレゼンするときに見やすくなります。

このページでは、マウスカーソルサイズを変更する手順を図を使って説明します。

スポンサーリンク

マウスカーソルを変更するときの注意点

  • クリック判定は通常サイズと同じ
  • スクリーンショットに映るカーソルは通常サイズ
かわうそ君
かわうそ君

カーソルが大きくなっても、クリックできる先っぽのサイズは変わらないんだね。

ハリー先生
ハリー先生

そう。クリックしやすくするって言うよりは、カーソルを見やすくするための機能なんだ。

 

スポンサーリンク

マウスカーソルを変更する設定方法

以下の操作は、macOS 10.15 Catalinaで行っています。

▶ 「システム環境設定」を開きます。

システム環境設定のアイコン

 

▶ 以下の画面が開いたら、「アクセシビリティ」をクリックします。

マウスカーソルのサイズ変更

 

▶ 以下の画面が開いたら、左の列から「ディスプレイ」をクリックします。

マウスカーソルのサイズ変更

 

▶ 以下の画面に変わったら、右上のタブの中から「カーソル」をクリックします。

マウスカーソルのサイズ変更

 

▶ 以下の画面に変わったら、「カーソルのサイズ」のスライドバーを通常〜大の範囲で調整します。

ちなみに、「マウスポインタをシェイクして見つける」にチェックを入れると、マウスポインタを素早く左右に振ると、一時的に拡大表示されます。

マウスカーソルのサイズ変更

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました