初心者のためのMac選び方ガイド

購入ガイド
この記事は約7分で読めます。

初めてMacを買いたい・興味を持った人が、自分に合うMacを選ぶためのガイドをします。

なるべく専門用語は使わず、わかりやすい表現で、さらにひと目で分かる図解も使って説明します。

スポンサーリンク

Macのメリット・デメリット・注意点

実際の選び方ガイドに入る前に、Macを触るのはほぼ初めてという方のために、「Macのメリット・デメリット・注意点」をまとめました。

ある程度Macは触ったことがある方や、選び方を早く読みたい方は、Macの選び方について書いた以下の見出しに進んでください。

メリット

デザインが良い

これについては説明不要でしょう。

MacはWindowsよりも動作が安定している場合が多い

Macはアップル一社のハードウエア+ソフトウエアなので、Windowsよりも不具合が起きる確率が低い気がします。

Macの買い替えのときのデータ移行が、ものすごく簡単

古いMacから新しいMacへのデータ移行は、ボタンを数回クリックするだけです。

保存データやインストールしているアプリはもちろん、設定情報や壁紙やアイコンの位置まで再現してくれます。

これはWindowsしか知らない人がMacを使って一番驚くところではないでしょうか?

Macは中古で売るときに高く売れる

Winodwsパソコンの場合は買って半年しか経っていなくても半額近くでしか売れない場合もありますが、Macの場合はあまり値下がりがありません。

Macは対面サポートがしっかりしている(大都会エリアに限る)

リアル店舗のアップルストア内には、「ジーニアスバー」という対面サポートの窓口があります。

修理や調整作業が発生する場合は料金がかかる場合がありますが、症状の確認や相談は無料です。

Windowsパソコンを使っていて問題が起きて、電話サポートでひたすら初期化をすすめられて初期化したものの解決しない、といった苦い思い出を持った人も多いのではないでしょうか?

「ジーニアスバー」ではマニュアル通りの対応ではなく、相談したことを対面で確認してくれます。

デメリット

Macは3Dグラフィックが苦手

MacはMac Proを除いて、デスクトップ・ノートともに3Dグラフィックが苦手です。

もしも、3DのゲームやUnityなど3D開発を考えている場合は、それなりのグラフィックボードを載せたWindowsのデスクトップPCを使ったほうが幸せになれます。

Macは買ったあとからメモリやSSD/HDDの追加はできない(基本的には)

最近はWindowsのノートPCでも多くなりましたが、Macは全般的に買ったあとからメモリやSSD/HDDの追加はできません。

例外は、一部のiMacとMac Proだけです。

最近のアプリやネットサービスは便利で多機能ゆえに重量級が増えてきたので、最低8GB、商売道具でMacを使う人は16GBのメモリは積んでおきたいです。

購入時のメモリやSSD/HDDの増量は、アップルストアや一部の大手家電量販店(ヨドバシやソフマップ等)で対応しています。

Windowsよりもアプリが少ない

これはデメリットにあげましたが、最近はブラウザで完結する場合が多くなったので、あまりデメリットでなくなってきました。

しかし、Macを買う場合にはあらかじめ、やろうとしていることがアプリなりブラウザで出来るかを確認してください。

Windowsよりも情報量が少ない

わからないことはググって調べることが出来ない人は、Macは向いてないと思います。

初めてMacを使う場合は、ある程度コツがつかめるまでは、どうしてもググって解決方法を探す、という作業が必要になります。

注意点

iOSアプリやmacOSアプリ開発にはMacが必要

Macでないと出来ないのは、iOSやmacOSのアプリを開発する場合です。

開発方法によってはWindowsでも可能ですが、情報量が少なく「イバラの道」になり自己解決能力が高い上級者向けになりますので、もしも将来的にiOS/macOSアプリ開発を考えているなら、Macを使うほうが無難です。

Bootcampの常用はおすすめできない

Macには「Bootcamp(ブートキャンプ)」といってWindowsをインストールして使う機能があります。

個人的な意見ですが、Bootcampだとバッテリーの持ちが悪くなったり、タッチパッドの感度がmacOSのときほど良くなかったり、少し負荷のある処理をするとファンがうるさくなるので、Bootcampの常用はおすすめできません。

Bootcampを常用するほどWindowsを使う必要があるなら、Windowsパソコンオンリーか、MacとWindowsを2台別々に持つのがいいと思います。

スポンサーリンク

デスクトップ型Macの選び方

このページを読まれている方は、iMac、Mac mini、Mac Proがどんな外見かぐらいは見たことはあると思いますので、ここではWindowsデスクトップも含めて、それぞれの得意分野・不得意分野がよくわかるように比較グラフにまとめました。

なお、各数値は厳密に調べたものではなく、Windows/Macユーザー歴20年の私が「大体こんなもんかなぁ~」といったフィーリングで付けたので悪しからず。

Macデスクトップのレーダーチャート

グラフで表しているように、デスクトップPCを買うときに重視するときのポイントが「コスパ・CPU・グラフィック・拡張性」の場合は、Windowsデスクトップをおすすめします。

最近のデスクトップ型MacはWindowsよりも最新の技術を取り入れるのが遅くなっているので、コスパはあまり良くないです。

にもかかわらずデスクトップ型Macを使う理由としては、「Macのデザインが好きだから」「iOSアプリの開発でMacが必要だから」あたりでしょうか。

また、デスクトップ型Macの中から選ぶ場合、最低価格が70万円以上のMac Proは一般ユーザーが選ぶことはまずないですから、iMacかMac miniの2択になります。

オールインワンのiMacがデザインが良いのはわかりますが、故障したときには全体が使えなくなるリスクはあります。

一方、Mac miniは自由に液晶モニターを選べて、故障したときもMac mini本体とモニターで故障部分だけ取り替えれば良いというメリットはあります。

結論らしい結論になってないのですが、個人的な意見を書くと、一度アップルストアや家電量販店でiMacを見て触ってみて、気に入ったらiMacをオススメします。

なぜかというと、iMacは故障したときに面倒くさいってのはありますが、見た目で配線がスッキリしている以上に、電源コンセント1本だけで使えるシンプルなところが、Mac本来の姿と思うからです。

 

スポンサーリンク

ノート型Macの選び方

このページを読まれている方は、MacBook AirやMacBook Proがどんな外見かぐらいは見たことはあると思いますので、ここではWindows軽量モバイルPCやWindows普通ノートPCも含めて、それぞれの得意分野・不得意分野がよくわかるように比較グラフにまとめました。

ちなみに、WindowsモバイルPCとはレッツノートのように重量1キロ前後で分の持ち歩きを前提としたPC、Windows普通ノートPCとは家電量販店の展示でよく見るNECや富士通やHPあたりの重量2キロ前後で外には持ち歩かず家の中だけで使うPCを想定しています。

なお、各数値は厳密に調べたものではなく、Windows/Macユーザー歴20年の私が「大体こんなもんかなぁ~」といったフィーリングで付けたので悪しからず。

Macノートのレーダーチャート

外出先でCPUパワーが必要な作業をする場合は、デスクトップPC並のパワーがあるMacBook Pro 16インチや13インチの上位機種がおすすめです。

かっこいいパソコンを持ち歩きたい人は、MacBook AirかMacBook Proのどちらかをおすすめします。

また、最近はノートパソコンの省電力技術が進んできたのに加えて、USBから充電できるのが普通になってきたので、昔ほどはバッテリーの長さを気にする必要がなくなりました。

それでもバッテリーの持ちを重視する人は、WindowsですがレッツノートやLGのノートPCがおすすめです。

MacだとAirのバッテリーの持ちが長いです。

ノート型Macがもう少し何とかならないかなぁ、と思うのは重量です。

割高で人気が出ず2017モデルで廃止となりましたが、重量が1キロ弱のMacBook12インチがお手頃価格で復活したらうれしいのですが。

 

このページの記事はここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました