M1 MacBook Air/Pro (Big Sur)で有線LANアダプターを使う

LANコネクタ
更新日:2021年04月26日
この記事は約4分で読めます。

macOS 11.0 Big SurからOSの仕様が変わって、Catalinaまで使えていたLANアダプタが使えなくなったり、リンク速度が100Baseになったりという不具合が起きています。

結論から言うと、以下のアップルストアで買った「Belkin USB-C to Gigabit Ethernet Adapter」では、ギガビット・イーサネットが使えました。

Belkin USB-C to Gigabit Ethernet Adapter
Belkin USB-C to Gigabit Ethernet Adapterは、ワイヤレスが信頼できない場合や不安定な場合に、インターネット接続を提供します。Apple.com/jpで今すぐ購入。

買う前にアップルのサポート電話でギガビットでリンクできるか確認したのですが、「多分大丈夫だと思います」との返事だったので、動作確認するまで不安でした。

 

このページは、次の方向けに書いています。

  • M1 MacBook Air/Proで、確実にギガビット・イーサネットが使えるLANアダプタを探している人

 

今まで使っていたLANアダプターの速度を測定しました

今まで使っていたTP-linkの有線LANアダプター「UE300」を、M1 Macにつないで速度を測ってみました。

以下の、USB Type A to Type C変換アダプタを使っています。

速度の計測は、Macでは定番のディスクスピードテストアプリの「Blackmagic Disk Speed Test」を使っています。

‎Blackmagic Disk Speed Test
‎Disk Speed Test is an easy to use tool to quickly measure and certify your disk performance for wor...

接続先は、Raspberry Pi 4Bで作ったSMBサーバです。

 

以下が、実際に測った結果です。

WRITEがほぼ同等、READは有線LANの方が遅いです!

WiFi接続 有線LAN接続
(TP-link)
WRITE 9.2MB/s 9.0MB/s
READ 54.3MB/s 8.8MB/s

【WiFi接続】

Blackmagic Disk Speed Test

【有線LAN接続(TP-link)】

Blackmagic Disk Speed Test

 

なぜ有線LANの方が遅いのかを調べたところ、リンク速度が100MBであることがわかりました。

これは、「システム環境設定」-「ネットワーク」から確認できます。

Macの「システム環境設定」-「ネットワーク」

 

以下のリンクから、メーカーのサポートサイトでドライバーをインストールしてみましたが、結果は変わりませんでした。

のコンテンツ UE300 | TP-Link 日本
TP Link - Download Center Detail

 

BelkinのLANアダプターの速度を測定しました

LANアダプタの外観と、MacBook Airにつないだところは、以下の写真を参考にして下さい。

Belkin USB-C to Gigabit Ethernet Adapter

Belkin USB-C to Gigabit Ethernet Adapter

 

速度の計測は、同じく「Blackmagic Disk Speed Test」を使っています。

‎Blackmagic Disk Speed Test
‎Disk Speed Test is an easy to use tool to quickly measure and certify your disk performance for wor...

接続先は、同じくRaspberry Pi 4Bで作ったSMBサーバです。

 

以下が、実際に測った結果です。

WRITEが10倍、READが2倍も速くなっています。

WiFi接続 有線LAN接続
(Belkin)
WRITE 9.2MB/s 94.8MB/s
READ 54.3MB/s 95.5MB/s

【WiFi接続】

Blackmagic Disk Speed Test

【有線LAN接続(Belkin)】

Blackmagic Disk Speed Test

 

Belkinのリンク速度を調べたところ、1000baseTであることがわかりました。

Macの「システム環境設定」-「ネットワーク」

 

まとめ

メリット・デメリットをまとめておきます

メリット

  • M1 Macで確実にギガビット・イーサネットが使える

デメリット

  • LANアダプタの割に値段が高い(税込みおよそ3,800円)
  • ケーブルは編み込みとかではなく、昔のiPhone付属のイヤホンのような材質なので、乱暴に扱うとすぐにダメになりそう

以下のように、Amazonで千円ほど安く色違いの姉妹機種らしきものがありますが、まだ試してみていません。

チャレンジャーの方は、調べて結果がわかったら教えて下さい。

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

  1. M1 MBAユーザ より:

    M1 MBAユーザです。大変参考になりました。

    最悪返品のつもりでこれ買ってみましたが、無事1000baseTで接続できました。
    http://www.amazon.co.jp/dp/B08ZMGDS6J

    同じくBlackmagic Disk Speed Testで計測したところ、Readが3倍以上の90.3MB/sで満足満足です。

    有用な記事、ありがとうございました。

  2. rkrk より:

    色違いの姉妹機種、来週に使ってみます。

タイトルとURLをコピーしました