Macの仮想環境

Macの仮想環境 Macの仮想環境
Macの仮想環境

【失敗】M1 Mac対応VirtualBox+Windowsを使ってみたが…

M1 MacなどのAppleシリコンMacで使える「VirtualBox 7」のベータ版がリリースされたので、実際にどこまで使えるかを検証してみました。 結論から言うと、Windows 11も10もインストールすることはできませんでした。 今後、状況が変わったら、このページの内容もアップデートさせます。
Macの仮想環境

MacでUUP dumpを使ってWindowsのISOファイルを作成する

Macで、「UUP dump」というサイトからスクリプトを入手して、WindowsのISOファイルを作成する手順を紹介します。 スクリプトを実行する前の環境構築に何段階か事前準備があり手間がかかるのですが、その辺りも詳しく説明します。
macOSのインストール

macOS各バージョンのインストーラを簡単にダウンロードできるアプリ「Mist」の使い方を紹介

macOSのインストーラをボタン一つでダウンロードできるアプリ「Mist」の使い方を紹介します。 ダウンロードだけでなく、ISOファイルなどの作成まで全自動でできるので、おすすめです。
VMware Fusion

M1 Mac対応VMware Fusionテックプレビュー版+Windows 11を使ってみた

M1 Macで仮想環境アプリ「VMware Fusion」を使い、Windows 11をインストールする方法を図解入りで詳しく紹介します。 「VMware Fusion」も「Windows 11」も本来は開発者向けのため、細かい設定ができないといった不具合はありますが、ざっくりとWindows環境でも動作確認なら個人的には使えるレベルだと思います。
Macの仮想環境

M1 Mac(アップルシリコンMac, ARM Mac)でWindowsを使う方法の一覧と比較

M1 MacでWindowsを使う方法を4つ比較しながら紹介します。 アプリの安定性やコスパなど特徴があるので、利用パターン別におすすめの方法も紹介します。
Macの仮想環境

M1 MacでCrossOverを使いMS-OfficeやJw_cadのWindowsアプリを動かしてみた

M1 MacでWindowsアプリを使うには、現時点では「CrossOver」というアプリを使う必要があります。 このページではCrossOverのインストール方法と、広範囲でニーズが高いMicrosoft Officeと、CAD分野でニーズが高いJw-cadの対応状況を紹介します。
VMware Fusion

VMware Customer ConnectでVMwareアカウントを作成・登録する方法

VMware FusionなどのVMware製品をダウンロードする場合には、「VMware Customer Connect」というサイトで「VMwareアカウント」の作成・登録が必要になります。 そこで、どうやってアカウントを作成・登録するかを、図解入りで詳しく説明します。
Macの仮想環境

https://uup.rg-adguard.net/の使い方

Windowsの新規インストールに使えるISOファイルを作成できるスクリプトを配信している「uup.rg-adguard.net」というサイトの使い方を、図解入りで詳しく説明します。
Parallels Desktop

Parallels Desktopを安く買う方法は?セール時期はいつ?

Parallels Desktop for Macを安く買う方法や、安く買うタイミングはあるのでしょうか? 結論から言うと、毎年同じ時期に行われるセールもありますが、不定期のセールでそれよりも安く買える場合もあるので、そのタイミングをつかむ方法も紹介します。
Parallels Desktop

Parallels Desktop for Macのバージョン別にWindows 10をインストールする方法 

Parallels Desktop for MacでWindows 10をインストールできるかどうか、できる場合は方法を紹介します。 結論から言うと、アップルシリコンMac(M1 Macなど)ではインストールできませんが、インテルMacではParallelsのバージョンによっては可能です。
タイトルとURLをコピーしました