当サイトのリンクには商品・サービスのPRを含む場合があります。

VMware Fusion 12以降のホストOS・ゲストOSのバージョン対応表

【Parallels Desktopお買い得情報】

2024年5月28日まで25%オフ(クーポンコード:MAY2024)

更新日:2023年11月30日

投稿日:2023年11月29日
この記事は約12分で読めます。

VMware Fusionのバージョン12以降のホストOS・ゲストOSのバージョン対応状況を紹介します。

VMwareをバージョン12以降に限定しているのは、12から非商用の個人使用に限って無償で使用可能になったことと、13からAppleシリコンMac対応になったので、興味を持つ人が増えていると思うからです。

この記事のポイント
  • AppleシリコンMacでVMware Fusionを使うには、次の条件を満たす必要あり
    • ホストOS:macOS 12 Monterey以上
    • VMware Fusion::13以上(13.5以上が推奨)
    • ゲストOS:Windows 11が使用可能、macOSは使用不可
  • インテルMacでVMware Fusionを使うには、ホストOSにより以下の制限があり
    • 14 Sonoma:VMware Fusion 13.5以上から対応
    • 13 Ventura:VMware Fusion 13.0以上から対応
    • 12 Monterey:VMware Fusion 13.0以上から対応
    • 11 Big Sur:VMware Fusion 12.0〜12.2.5が対応(13.0以上から非対応)
    • 10.15 Catalina:VMware Fusion 12.0〜12.1.2が対応(12.2.0以上から非対応)
  • VMware Fusion 12以上から非商用の個人使用が無償となった
    • ただし、VMware Fusionのダウンロードには、VMwareアカウントが必要

AppleシリコンMacでゲストOSにmacOSを使いたい場合は、アプリ「Parallels Desktop」があります。

以下は、当サイトのカテゴリ【Parallels Desktop】の記事リンクです。

このページを読んだ後で、実際にVMware Fusionをダウンロードする場合は、次の記事を参照してください。

スポンサーリンク

① VMware Fusion12以降の各バージョンの特徴

注目すべき大きな変化があったバージョンは、次の3つです。

  • 13.5:AppleシリコンMacでWin11簡単インストール
    • VMware Fusionのアプリ内でWindows 11のダウンロードとインストールが可能(それまでは事前にISOを用意しておく必要あり)
  • 13.0:AppleシリコンMac対応、ゲストOSのWin11のサポート
  • 12.0:非商用の個人使用の無償化

VMware Fusion バージョン13

VMware Fusion
バージョン
リリース日主なバージョンアップ内容
1313.52023/10/19・macOS 14 Sonoma対応
・AppleシリコンMacでWin11簡単インストール
13.0.22023/4/25・バグ修正
13.0.12023/2/2・バグ修正
13.02022/11/17・AppleシリコンMacサポート
・ゲストOSのWindows 11/Server 2022のサポート

VMware Fusion バージョン12

VMware Fusion
バージョン
リリース日主なバージョンアップ内容
1212.2.52022/12/13・バグ修正
12.2.42022/7/21・バグ修正
12.2.32022/3/10・バグ修正
12.2.12021/11/9・バグ修正
12.2.02021/10/14・セキュリティアップデート
・バグ修正
12.1.22021/5/18・セキュリティアップデート
12.1.12021/4/1・セキュリティアップデート
12.1.02020/11/19・macOS 11 Big Surに最適化
12.02020/9/14・非商用の個人使用の無償
・ホスト&ゲストOSでmacOS 11 Big Surサポート

各バージョンのリリースノート、つまり詳細な変更内容については、以下のVMware公式サイトのリンクから表示できます。

また、この後でAppleシリコンMac・インテルMac別にOS対応表を掲載していますが、その内容は以下のリリースノートを一覧表でまとめたものです。

表示されたページで、左側から各バージョンのリリースノートに切り替えできます。

VMware Fusion リリースノート
スポンサーリンク

② AppleシリコンMacのOS対応表

以下にOS対応表を掲載しましたが、次の3つの項目の組み合わせとなります。

  • ① VMware Fusion:VMware Fusionのバージョン
  • ② ホストOS:Mac本体のmacOSのバージョン
  • ③ ゲストOS:仮想環境上でのWindowsバージョン、macOSバージョン

また、「② ホストOS」と「③ ゲストOS」の項目に色が付いていますが、以下の意味があります。

  • :VMware社の公式ドキュメントにサポート対象と明記
  • :公式ドキュメントにはサポート対象の明記がなく、動くかもしれないが不具合発生の可能性あり
  • :公式ドキュメントでサポート対象外と明記
表の見方のサンプル

以下は、表の見方のサンプルです。

  • ① VMware Fusion:バージョン「13.0.2」「13.0.1」「13.0」
  • ② ホストOS:背景が黄色の「14 Sonoma」はサポート対象の明記なしで、背景が水色の「13 Ventura」「12 Monterey」はサポート対象
  • ③ ゲストOS:背景が水色の「Windows 11」はサポート対象で、背景が赤色の「macOS」はサポート対象外

ここからは、実際の表です。

① VMware Fusion② ホストOS③ ゲストOS
WindowsmacOS
・13.5・14 Sonoma
・13 Ventura
・12 Monterey
・11
・13.0.2
・13.0.1
・13.0
・14 Sonoma・11
・13 Ventura
・12 Monterey

VMware Fusionバージョン13.0〜13.5では、AppleシリコンMacにおいて、ゲストOSとしてmacOSをインストールすることはできません。

以下は、上記の根拠となるVMware社の公式ドキュメントです。

This KB article provides detailed compatibility considerations for Arm guest operating systems in Fusion VMs on Apple Silicon Mac systems. 

VMware Fusion 13.0 was the first version to support Apple Silicon Mac systems.  This KB applies to VMware Fusion 13.0 and later versions.

(このナレッジベースの記事では、Apple Silicon Mac システム上の Fusion VM における Arm ゲスト オペレーティング システムの互換性に関する考慮事項について詳しく説明します。 VMware Fusion 13.0 は、Apple Silicon Mac システムをサポートする最初のバージョンでした。このナレッジベースは VMware Fusion 13.0 以降のバージョンに適用されます。)

〜途中略

9. macOS
The Arm variants of the macOS operating system is not supported in a Fusion VM.

(macOSのARM版については、Fusionではサポート対象外です。)

Compatibility considerations for Arm guest operating systems in Fusion VMs on Apple silicon (90364)

実際に、本当にインストールできないかを確かめてみました。

AppleシリコンMac + macOS 14 Sonoma + VMware Fusion 13.5で、ゲストOSのmacOS 14 SonomaをISOファイルからインストールしてみました。

その結果、図のように最初に英語の文字が表示されて、そこから先には進めませんでした。

VMware Fusion 13.5 ゲストOS macOS 14 Sonoma

スポンサーリンク

③ インテルMacのOS対応表

以下にOS対応表を掲載しましたが、次の3つの項目の組み合わせとなります。

  • ① VMware Fusion:VMware Fusionのバージョン
  • ② ホストOS:Mac本体のmacOSのバージョン
  • ③ ゲストOS:仮想環境上でのWindowsバージョン、macOSバージョン

また、「② ホストOS」と「③ ゲストOS」の項目に色が付いていますが、以下の意味があります。

  • :VMware社の公式ドキュメントにサポート対象と明記
  • :公式ドキュメントにはサポート対象の明記がなく、動くかもしれないが不具合発生の可能性あり
  • :公式ドキュメントでサポート対象外と明記
表の見方のサンプル

以下は、表の見方のサンプルです。

  • ① VMware Fusion:バージョン「13.0.2」「13.0.1」「13.0」
  • ② ホストOS:背景が黄色の「14 Sonoma」はサポート対象の明記なしで、背景が水色の「13 Ventura」「12 Monterey」はサポート対象
  • ③ ゲストOS:背景が水色の「Windows 11」〜「Server 2000」と「13 Ventura」〜「10.7 Lion」はサポート対象で、背景が黄色の「Windows 11」「14 Sonoma」はサポート対象の明記なし

ここからは、実際の表です。

① VMware FusionホストOS③ ゲストOS
WindowsmacOS
・13.5・14 Sonoma
・13 Ventura
・12 Monterey
・11
・10
・8.1
・8
・7
・Vista
・XP
・Server 2022
・Server 2016
・Server 2012
・Server 2008
・Server 2003
・Server 2000
・14 Sonoma
・13 Ventura
・12 Monterey
・11 Big Sur
・10.15 Catalina
・10.14 Mojave
・10.13 High Sierra
・10.12 Sierra
・10.11 El Capitan
・10.10 Yosemite
・10.9 Mavericks
・10.8 Mountain Lion
・10.7 Lion
② VMware Fusion③ ホストOS④ゲストOS
WindowsmacOS
・13.0.2
・13.0.1
・13.0
・14 Sonoma・11
・10
・8.1
・8
・7
・Vista
・XP
・Server 2022
・Server 2016
・Server 2012
・Server 2008
・Server 2003
・Server 2000
・14 Sonoma
・13 Ventura
・12 Monterey
・11 Big Sur
・10.15 Catalina
・10.14 Mojave
・10.13 High Sierra
・10.12 Sierra
・10.11 El Capitan
・10.10 Yosemite
・10.9 Mavericks
・10.8 Mountain Lion
・10.7 Lion
・13 Ventura
・12 Monterey
② VMware Fusion③ ホストOS④ゲストOS
WindowsmacOS
・12.2.5
・12.2.4
・12.2.3
・12.2.1
・12.2.0
・14 Sonoma
・13 Ventura
・12 Monterey
・11
・Server 2022
・14 Sonoma
・13 Ventura
・12 Monterey
・11 Big Sur・10
・8.1
・8
・7
・Vista
・XP
・Server 2016
・Server 2012
・Server 2008
・Server 2003
・Server 2000
・11 Big Sur
・10.15 Catalina
・10.14 Mojave
・10.13 High Sierra
・10.12 Sierra
・10.11 El Capitan
・10.10 Yosemite
・10.9 Mavericks
・10.8 Mountain Lion
・10.7 Lion
・12.1.2
・12.1.1
・12.1.0
・12.0
・14 Sonoma
・13 Ventura
・12 Monterey
・11
・Server 2022
・14 Sonoma
・13 Ventura
・12 Monterey
・11 Big Sur
・10.15 Catalina
・10
・8.1
・8
・7
・Vista
・XP
・Server 2016
・Server 2012
・Server 2008
・Server 2003
・Server 2000
・11 Big Sur
・10.15 Catalina
・10.14 Mojave
・10.13 High Sierra
・10.12 Sierra
・10.11 El Capitan
・10.10 Yosemite
・10.9 Mavericks
・10.8 Mountain Lion
・10.7 Lion

スポンサーリンク

まとめ

VMware Fusionのバージョン12以降のホストOS・ゲストOSのバージョン対応状況を紹介しました。

VMware Fusionのバージョン12からは、非商用の個人使用に限り無償使用が可能になりました。

ただし、VMware Fusionをダウンロードするには、「VMwareアカウント」を作成する必要があります。

次の記事では、そのやり方を説明しています。

その次に、実際にVMware Fusionをダウンロードする場合は、次の記事を参照してください。

当サイトでは、カテゴリ【VMware Fusion】や【MacでWindowsを使う】の記事を多数公開していますで、ご覧ください。

以下は、人気のある記事ランキングです。

スポンサーリンク

当ページの更新履歴

  • 2023/11/30
    • ダウンロードの記事へのリンク追加
  • 2023/11/29
    • 最初の公開

コメント

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました