OS X 10.9 Mavericksのインストーラーを入手する方法

デスクトップ
この記事は約13分で読めます。

このページでは、Macで「masコマンド」というものを使って、10.9 Mavericksのインストーラーを入手する方法を、図解を使って詳しく説明します。

一部の他のバージョンでも「masコマンド」で入手可能ですが、10.9 Mavericksだけは他のバージョンのようにApp Storeや直リンクでダウンロードができません。

App Storeや直リンクでダウンロードする方法は、以下の記事で詳しく手順を紹介しているので、そちらを御覧ください。

macOS(OS X)インストーラーの入手方法
これまでのmacOS(OS X)のバージョン別に、インストーラーの入手方法をまとめました。 OS X 10.7 Lion以降は、現在(2020年1月)でもアップルからダウンロード/購入が可能です。
2020年9月12日時点で、「masコマンド」で入手可能なバージョンは以下の通りです。
ただし、将来変わる可能性があります。

  • 10.10 Yosemite
  • 10.9 Mavericks
  • 10.8 Mountain Lion
  • 10.7 Lion

このページでは、10.9 Mavericksの入手方法メインに説明していますが、各バージョンの入手方法も説明しています。

 

スポンサーリンク

概要

用意するもの

次のMac本体を用意してください。

  • インターネット回線につながったMac本体で、macOS 10.14.4 Mojave以上がインストールされているもの
今回使うアプリ「masコマンド」の作成者様のページでは、OS 10.11 El Capitan〜macOS 10.14.3 Mojaveでも、「masコマンド」の古いバージョンが使用可能と書かれています。
しかし、今回検証した限りでは「masコマンド」インストールでエラーが出て使えませんでした。
他の方のMacでやってみたら上手くいくかもしれませんが、きちんと調べきっていません。
ということで、参考までに作成者様のページのリンクを貼っておくので、必要な人は調べてみてください。
mas-cli/mas
:package: Mac App Store command line interface. Contribute to mas-cli/mas development by creating an account on GitHub.

 

手順の大まかな流れ

以下のように、手順が長くなっていますが、直接的にOSのダウンロードに必要なのは④⑤の「masコマンド」です。

それをインストールできるために、③の「Homebrew」と②の「Xcodeコマンドラインツール」をインストールする必要がある、という関係になります。

  • Mac標準の「ターミナル」を開く

  • 「Xcodeコマンドラインツール」のインストール

  • 「Homebrew」のインストール

  • 「masコマンド」のインストール

  • 「masコマンド」でOSのダウンロード

    「masコマンド」では、OSの「アプリケーションID」を指定することで、ダウンロードができます。

    「アプリケーションID」については、次の項目で説明します。

「アプリケーションID」とは?

「アプリケーションID」とは、WebブラウザでApp Storeでアプリを表示するときのURLの一部に含まれている数字です。

具体例を見てみましょう。

たとえば、macOS 10.15 CatalinaのApp Storeのページを開くと、URLは以下の矢印が指し示しているように、”https://apps.apple.com/jp/app/macos-catalina/id1466841314?mt=12″となっています。

この、/id1466841314の数字の部分は固有の数字が振り付けられていて、これが「アプリケーションID」となります。

App StoreのmacOS 10.15 Catalinaのページ

以下は、URL部分の拡大図です。

App StoreのmacOS 10.15 Catalinaのページ

 

2020年9月13日現在、masコマンドで入手可能なOSのバージョンは、以下の表で◯が付いた4つのバージョンのみです。

ただし、今後◯×は変わる可能性があります。

バージョン アプリケーションID masで入手可否
OS X 10.7 Lion 444303913
OS X 10.8 Mountain Lion 537386512
OS X 10.9 Mavericks 675248567
OS X 10.10 Yosemite 915041082
OS X 10.11 El Capitan 1147835434 ×
macOS 10.12 Sierra 1127487414 ×
macOS 10.13 High Sierra 1246284741 ×
macOS 10.14 Mojave 1398502828 ×
macOS 10.15 Catalina 1466841314 ×

 

スポンサーリンク

手順説明

Mac標準の「ターミナル」を開く

  • Finderで、「アプリケーション」-「ユーティリティ」のフォルダの中の、「ターミナル」を起動します。

    Macのターミナル起動

  • Macのターミナル

    「ターミナル」が起動したら、これ以降の手順に進んでください。

    • 「Xcodeコマンドラインツール」がインストールされているかどうかわからない、またはインストールされていないことがわかっている場合
      • 「Xcodeコマンドラインツール」のインストール
    • 「Homebrew」がインストールされているかどうかわからない、またはインストールされていないことがわかっている場合
      • 「Homebrew」のインストール
    • 「masコマンド」がインストールされているかどうかわからない、またはインストールされていないことがわかっている場合
      • 「masコマンド」のインストール

     

    パターン これ以降の手順
    (クリックで移動できます)
    「Xcodeコマンドラインツール」がインストールされているかどうかわからない、またはインストールされていないことがわかっている場合 「Xcodeコマンドラインツール」のインストール
    「Homebrew」がインストールされているかどうかわからない、またはインストールされていないことがわかっている場合 「Homebrew」のインストール
    「masコマンド」がインストールされているかどうかわからない、またはインストールされていないことがわかっている場合 「masコマンド」のインストール

「Xcodeコマンドラインツール」のインストール

  • 「ターミナル」の画面で、以下のコマンドをコピペして実行します。(キーボードのenterキーを押す)

    このコマンドでは、「Xcodeコマンドラインツール」をインストールするのですが、インストール済みの場合と、未インストールの場合では、表示されるメッセージが異なります。

    xcode-select --install

    MacのターミナルでXcodeコマンドラインのインストール

  • インストール済みの場合

    MacのターミナルでXcodeコマンドラインのインストール

    正しくインストールされている場合は、上の図のように”command line tools are already installd, 〜”といったメッセージが表示されます。

    インストールされていたら、このあとの「Xcodeコマンドラインツール」のインストールは不要なので、そのまま「Homebrewのインストール」まで進んでください。

    未インストールの場合

    MacのターミナルでXcodeコマンドラインのインストール

    上記のようにインストールを促す画面が表示されるので、「インストール」ボタンをクリックしまて、このままこの後の説明に進んでください。

    もしも、以下の画面のように「Xcodeを入手」というボタンも表示されている場合は、XcodeでiPhone/iPad/Macのアプリ開発もする人は「Xcodeを入手」をクリック、それ以外の人は「インストール」をクリックしてください。

    MacのターミナルでXcodeコマンドラインのインストール

  • 以下の画面のように「使用許諾契約」が表示されたら、「同意する」ボタンをクリックします。

    MacのターミナルでXcodeコマンドラインのインストール

  • 以下のようにダウンロード中やインストール中の画面が出たら、完了するまで放置します。

    回線速度やMacの処理速度にもよりますが、完了まで数分〜十分前後かかります。

    MacのターミナルでXcodeコマンドラインのインストール

    MacのターミナルでXcodeコマンドラインのインストール

  • 以下のように完了画面が表示されたら、「完了」ボタンをクリックして閉じます。

    MacのターミナルでXcodeコマンドラインのインストール

  • 念の為に、冒頭で実行した以下のコマンドを再び実行して、インストールできているかを確認してみましょう。

    xcode-select --install

    MacのターミナルでXcodeコマンドラインのインストール

    正しくインストールされている場合は、上の図のように”command line tools are already installd, 〜”といったメッセージが表示されます。

かわうそ君
かわうそ君

「Xcodeコマンドラインツール」がインストールできたら、続けて「Homebrew」をインストールします。
「ターミナル」の画面はそのままで、次に進んでください。

 

「Homebrew」のインストール

  • 「ターミナル」の画面で、以下のコマンドをコピペして実行します。(キーボードのenterキーを押す)

    (表示上は2行になっていますが、コマンド全体は1行です。-fsSL の後ろは半角スペースで、改行していません。)

    /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

    Macのターミナルでhomebrew

  • 以下のようにパスワード入力が要求されるので、現在ログインしているユーザーのパスワードを入力してenterキーを押します。

    Macのターミナルでhomebrew

  • 以下のように「Press RETURN to continue(以下略)」が表示されたら、enterキーを押して継続します。

    Macのターミナルでhomebrew

  • 以下のように実行中の画面が出たら、完了するまで放置します。

    回線速度やMacの処理速度にもよりますが、完了まで数分〜十分前後かかります。

    Macのターミナルでhomebrew

  • 以下のようにコマンドプロンプト画面(コマンド入力画面)に変わったら完了です。

    Macのターミナルでhomebrew

  • 念の為に、以下のコマンドを実行してインストールできているかを確認してみましょう。

    brew --version

    入力するコマンドはHomebrewではなく、brewなので注意してください。

    Macのターミナルでhomebrew

    正しくインストールされている場合は、上の図のようにバージョン情報が表示されます。

かわうそ君
かわうそ君

「Homebrew」がインストールできたら、続けて「masコマンド」をインストールします。
「ターミナル」の画面はそのままで、次に進んでください。

「masコマンド」のインストール

  • 「ターミナル」の画面で、以下のコマンドをコピペして実行します。(キーボードのenterキーを押す)

    brew install mas

    Macのターミナルでmasコマンドのインストール

  • 以下のように実行中の画面が出たら、完了するまで放置します。

    回線速度やMacの処理速度にもよりますが、完了まで数十秒〜数分かかります。

    Macのターミナルでmasコマンドのインストール

  • 以下のようにコマンドプロンプト画面(コマンド入力画面)に変わったら完了です。

    Macのターミナルでmasコマンドのインストール

  • 念の為に、以下のコマンドを実行してインストールできているかを確認してみましょう。

    mas list

    Macのターミナルでmasコマンドでリスト表示

    正しくインストールされている場合は、上の図のようにApp Store経由でインストールされたアプリの情報がリスト表示されます。(App Store経由以外は表示されません。)

かわうそ君
かわうそ君

「masコマンド」がインストールできたら、いよいよOSをダウンロードするよ!
やっぱり、「ターミナル」の画面は、開いたままで大丈夫。

 

「masコマンド」でOSのダウンロード

  • Macの「ターミナル」を開いて、以下のコマンドをコピペして実行します。

    最後の数字「675248567」は、10.9 Mavericksの「アプリケーションID」です。

    「アプリケーションID」が何かについては、この後の”MEMO”で説明します。

    mas install 675248567

    Macのターミナルでmasコマンド実行

    また、10.9 Mavericks以外のバージョンについては、以下の表を基に「アプリケーションID」を置き換えることで入手することができます。

    2020年9月13日現在、masコマンドで入手可能なOSのバージョンは、以下の表で◯が付いた4つのバージョンのみです。

    ただし、今後◯×は変わる可能性があります。

    バージョン アプリケーションID masで入手可否
    OS X 10.7 Lion 444303913
    OS X 10.8 Mountain Lion 537386512
    OS X 10.9 Mavericks 675248567
    OS X 10.10 Yosemite 915041082
    OS X 10.11 El Capitan 1147835434 ×
    macOS 10.12 Sierra 1127487414 ×
    macOS 10.13 High Sierra 1246284741 ×
    macOS 10.14 Mojave 1398502828 ×
    macOS 10.15 Catalina 1466841314 ×

     

  • ダウンロードが開始されると、以下のような画面になります。

    回線速度によりますが、完了まで数十分〜1時間超かかるので放置します。

    MacのターミナルでmasコマンドでMavericksダウンロード中

  • 以下のようにコマンドプロンプト画面(コマンド入力画面)に変わったら完了です。

    MacのターミナルでmasコマンドでMavericksダウンロード完了

    また、使用しているMacによっては以下のような警告が表示されますが、ダウンロードには問題がないので、「終了」ボタンをクリックして閉じます。

    警告画面"このOS Xインストールアプリケーションは古すぎるため、このバージョンのOS Xでは開けません。"

  • 以下のように、Finderの「アプリケーション」フォルダの中に「OS X Mavericksインストール」というファイルが作成されているのを確認してください。

    これが、Mavericksのインストーラです。

    OS X 10.9 Mavericksインストーラ

スポンサーリンク

まとめ

ダウンロードしたMavericksのインストーラは、

  • ダブルクリックして実行したり
  • インストール用USBメモリ作成

に使えます。

ダブルクリックして実行する場合は、10.9 Mavericks以前までのバージョンのOSで起動中のMacでないと実行できない点には注意してください。(10.9 Mavericksも含みます)

また、インストール用USBメモリの作成方法については、以下の記事で説明していますので御覧ください。

「DiskMaker X」でmacOSインストール用USBメモリを作る
macOS(OS X)のインストール用USBメモリを作成する方法を紹介します。 Macのターミナルコマンドから作成する方法もありますが、ここではフリーソフト「DiskMaker Xシリーズ」を使い、詳しい図解入りで手順を紹介します。
このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました