Macで複数バージョンのOSをインストールする方法

デスクトップ
この記事は約12分で読めます。

Macでは、複数のOSをインストールして切り替えて使うことが出来ます。

ただし、macOS 10.13 High Sierraからは起動ディスクのファイルシステムがAPFSに変更になったので、APFS独自の考え方を理解しておく必要があります。

このページではそのあたりの注意点も踏まえて、手順を図解入りで詳しく説明します。

 

スポンサーリンク

概要

Mac機種別のOSバージョン対応について

Macでは機種ごとにインストール・起動できるOSのバージョンがきっちりと決まっています。

よって、OSをインストールしようとしているMacが対応しているかどうかを事前に確認しておかないと、対応していないOSをインストールしようとする無駄な努力をしてしまいます。

以下のリンク先では、Macの機種別のOSバージョン対応状況が確認できます。

Mac機種別OS対応表
Macの機種ごとに、対応するmacOS(OS X)のバージョン一覧を掲載します。対応していないバージョンは、OSのインストールや起動ができません。

 

複数OSの切り替え方について

やり方は2つあります。

1つ目は、Macの電源が落ちている状態でキーボードで「option」を押しっぱなしにした状態で電源を入れます。

Macキーボード

そうすると、以下の画面のような起動ドライブの選択画面が表示されます。

(スタートアップマネージャ”Startup Manager”といいます。)

ここで、起動したいドライブを選択して起動します。

MacBook Pro15のブートオプション

 

2つ目は、Macが起動している状態で、「システム環境設定」の中の「起動ドライブ」を選択する方法です。

Macの「システム環境設定」

Macの「システム環境設定」-「起動ディスク」

Macの「システム環境設定」-「起動ディスク」

 

HFS+とAPFSについて

インテル以降のMacでは、起動ドライブのファイルフォーマット形式が、次のように決まっています。

  • 10.4 Tiger 〜 10.12 Sierra
    • HFS+(Mac OS拡張フォーマット)
  • 10.13 High Sierra 〜
    • APFS

また、APFSの特徴として、HDD/SSD内に領域を作る場合は「コンテナ」という箱を作り、その中に「ボリューム」という実際にデータを保存する領域を作ります。

ちなみに、APFSでは「パーティション」という言葉はあまり使わず、「コンテナ」と「ボリューム」がよく使われます。

APFSコンテナの中には複数のAPFSボリュームを作れますが、この仕組みを利用してAPFS起動のOSを複数インストールできます。

MacのAPFSのコンテナとボリュームのイメージ

しかし、APFSコンテナの中にHFS+の領域を作ることは出来ないため、従来のパーティション追加のように、HFS+起動のOSはAPFSコンテナ外にHFS+パーティションを作る必要があります。

MacのAPFSとHFS+のイメージ

 

以上を踏まえると、既にOSがインストールされているMacに新しくOSをインストールする場合は、以下の4パターンがあることがわかります。

  • パターン①
    • 元のOSが10.4 Tiger 〜 10.12 Sierra:HFS+
    • 追加のOSも10.4 Tiger 〜 10.12 Sierra:HFS+

Macで複数バージョンのOSをインストールする方法のファイルフォーマット

  • パターン②
    • 元のOSが10.4 Tiger 〜 10.12 Sierra:HFS+
    • 追加のOSは10.13 High Sierra以降:APFS
      • APFSコンテナはHFS+パーティションとして作成しておくと、OSインストール時に自動的にAPFSコンテナとボリュームに変換されます。

Macで複数バージョンのOSをインストールする方法のファイルフォーマット

パターン①または②に該当する場合は、OSのバージョンによってパーティションの作成方法が異なります。

元OSのバージョンによって、以下のどちらかを選んでパーティションを作成してください。

 

  • パターン③
    • 元のOSが10.13 High Sierra以降:APFS
    • 追加のOSは10.4 Tiger 〜 10.12 Sierra:HFS+

Macで複数バージョンのOSをインストールする方法のファイルフォーマット

  • パターン④
    • 元のOSが10.13 High Sierra以降:APFS
    • 追加のOSも10.13 High Sierra以降:APFS

Macで複数バージョンのOSをインストールする方法のファイルフォーマット

パターン③または④に該当する場合は、以下の方法でパーティションを作成してください。

スポンサーリンク

作業手順

パーティション(ボリューム)の作成

現OSが10.4 Tiger 〜10.10 Yosemiteの場合

  • Finderを開いて、「アプリケーション」-「ユーティリティ」のフォルダを開きます。

    さらに、「ユーティリティ」の中にある、「ディスクユーティリティ」をダブルクリックして起動します。

    Macの「ユーティリティ」フォルダ

    Macの「ユーティリティ」フォルダ

  • 「ディスクユーティリティ」が起動されたら、以下の図のように、①パーティションを追加作成するディスクをクリックしてから、②「パーティション」というタブをクリックします。

    ディスクユーティリティの初期起動画面

  • 以下のように画面が切り替わってパーティションレイアウトの画面になったら、矢印が指し示している「+」のボタンをクリックして、パーティションを追加します。

    ディスクユーティリティでパーティション追加

  • 「+」ボタンをクリック直後は以下の画面のようになっているので、①「サイズ」②「フォーマット」③「名前」の3箇所を設定します。

    ①「サイズ」は、画面右側の欄に数字を直接入力するか、左のパーティションのレイアウトでスライドして変更します。

    ②「フォーマット」は、「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を設定します。

    ③「名前」は適当でいいですが、後で分かるような名前にします。

    ディスクユーティリティでパーティション追加

    ディスクユーティリティでパーティション追加

  • ①「サイズ」②「フォーマット」③「名前」の3箇所を設定したら、画面右下の「適用」のボタンをクリックします。

    ディスクユーティリティでパーティション追加

  • 以下の画面のように「パーティションを作成してもよろしいですか?」と確認画面が表示されたら、矢印が指し示している「パーティション」のボタンをクリックします。

    ディスクユーティリティでパーティション追加

  • 以下のようにTimeMachine設定のポップアップ画面が表示されたら、「使用しない」のボタンをクリックします。

    TimeMachine設定のポップアップ画面

  • 以上でパーティションの追加作成が完了です。

    「ディスクユーティリティ」の左上の赤いアイコンをクリックするなどして終了させてください。

    ディスクユーティリティでパーティション追加

現OSが10.11 El Capitan 〜 10.12 Sierraの場合

  • Finderを開いて、「アプリケーション」-「ユーティリティ」のフォルダを開きます。

    さらに、「ユーティリティ」の中にある、「ディスクユーティリティ」をダブルクリックして起動します。

    Macの「ユーティリティ」フォルダ

    Macの「ユーティリティ」フォルダ

  • 「ディスクユーティリティ」が起動されたら、以下の図のように、①パーティションを追加作成するディスクをクリックしてから、②「パーティション」のボタンをクリックします。

    ディスクユーティリティの初期起動画面

  • 以下のように画面が切り替わってパーティションレイアウトの画面になったら、矢印が指し示している「+」のボタンをクリックして、パーティションを追加します。

    ディスクユーティリティでパーティション追加

  • 「+」ボタンをクリック直後は以下の画面のようになっているので、①「サイズ」②「フォーマット」③「名前」の3箇所を設定します。

    ①「サイズ」は、画面右側の欄に数字を直接入力するか、左のパーティションのレイアウトで◯印をスライドして変更します。

    ②「フォーマット」は、「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を設定します。

    ③「パーティション」は名前を適当に入れますが、後で分かるような名前にします。

    ディスクユーティリティでパーティション追加

  • ①「サイズ」②「フォーマット」③「パーティション」の3箇所を設定したら、画面右下の「適用」のボタンをクリックします。

    ディスクユーティリティでパーティション追加

  • 以下のようにTimeMachine設定のポップアップ画面が表示されたら、「使用しない」のボタンをクリックします。

    TimeMachine設定のポップアップ画面

  • パーティションの新規追加が完了したら、以下のように「操作が完了しました」と表示されるので、「完了」のボタンをクリックします。

    ディスクユーティリティでパーティション追加

  • 以上でパーティションの追加作成が完了です。

    「ディスクユーティリティ」の左上の赤いアイコンをクリックするなどして終了させてください。

    ディスクユーティリティでパーティション追加

現OSが10.13 High Sierra以降の場合

  • Finderを開いて、「アプリケーション」-「ユーティリティ」のフォルダを開きます。

    さらに、「ユーティリティ」の中にある、「ディスクユーティリティ」をダブルクリックして起動します。

    Macの「ユーティリティ」フォルダ

    Macの「ユーティリティ」フォルダ

  • 「ディスクユーティリティ」が起動されたら、次のa)かb)のいずれかの操作を行います。

    • a) APFSボリュームの追加(10.13 High Sierra 以降をインストール
      • 左上の「ボリューム」の「+」をクリック
        • 以降の説明は、以下の③の「APFSボリュームの追加」に進んでください
    • b) HFS+パーティションの追加(10.12 Sierraまでをインストール
      • 中央上の「パーティション作成」をクリック
        • 以降の説明は、以下の④の「HFS+パーティションの追加」に進んでください。

    ディスクユーティリティの初期起動画面

  • APFSボリュームの追加

    a) APFSボリュームの追加を選んだ場合は、以下の図のように「名前」を適当に入れて、「フォーマット」は「APFS」のままにして、「追加」ボタンをクリックします。

    ディスクユーティリティでAPFSボリュームの追加

     

    APFSボリュームが追加できたら、「完了」ボタンをクリックします。

    ディスクユーティリティでAPFSボリュームの追加

     

    以上で、APFSボリュームの追加作成が完了です。

    「ディスクユーティリティ」の左上の赤いアイコンをクリックするなどして終了させてください。

    ディスクユーティリティでパーティション追加

  • HFS+パーティションの追加

    b) HFS+パーティションの追加を選んだ場合は、以下のようにパーティションまたはボリューム追加の画面が出るので、「パーティション作成」のボタンをクリックします

    ディスクユーティリティでHFS+パーティションの追加

     

    以下のように画面が切り替わってパーティションレイアウトの画面になったら、矢印が指し示している「+」のボタンをクリックして、パーティションを追加します。

    ディスクユーティリティでパーティション追加

     

    「+」ボタンをクリック直後は以下の画面のようになっているので、①「サイズ」②「フォーマット」③「名前」の3箇所を設定します。

    ①「サイズ」は、画面右側の欄に数字を直接入力するか、左のパーティションのレイアウトで◯印をスライドして変更します。

    ②「フォーマット」は、「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を設定します。

    ③「パーティション」は名前を適当に入れますが、後で分かるような名前にします。

    ディスクユーティリティでパーティション追加

     

    ①「サイズ」②「フォーマット」③「パーティション」の3箇所を設定したら、画面右下の「適用」のボタンをクリックします。

    ディスクユーティリティでパーティション追加

     

    パーティションの新規追加が完了したら、以下のように「操作が完了しました」と表示されるので、「完了」のボタンをクリックします。

    ディスクユーティリティでパーティション追加

     

    以上で、HFS+パーティションの追加作成が完了です。

    「ディスクユーティリティ」の左上の赤いアイコンをクリックするなどして終了させてください。

    ディスクユーティリティでパーティション追加

 

OSのインストール

OSのインストーラの入手方法については、以下の記事でまとめています。

macOS(OS X)インストーラーの入手方法
これまでのmacOS(OS X)のバージョン別に、インストーラーの入手方法をまとめました。 OS X 10.7 Lion以降は、現在(2020年1月)でもアップルからダウンロード/購入が可能です。

インストール方法については、2パターンあるので、該当する方を見てください。

現OSと同じまたは後のバージョンをインストールする場合

Macの「アプリケーション」フォルダにOSのインストーラを保存して、ダブルクリックしてインストールが可能です。

macOS Sierraインストーラ

macOS Sierraインストーラ

OSインストール先は、新規追加したボリューム・パーティションを指定して、間違わないように注意してください。

macOS Sierraインストーラ

 

現OSより前のバージョンをインストールする場合

現OSより古いバージョンのOSのインストーラをダブルクリックすると、以下のようにエラーが出て実行できません。

(以下の図は、10.14 Mojaveで10.12 Sierraのインストーラの起動エラー)

macOS 10.14 Mojaveで10.12 Sierraインストーラの実行エラー

 

こういった場合の対処法は、OSインストール用USBメモリを作って、それから起動してインストールすれば回避できます。

USBメモリの作成方法は、以下の記事でまとめています。

難易度が低いのは上段の方法ですが、上手くいかない場合があるようなので、そういった場合は下段の方法も試してみてください。

「DiskMaker X」でmacOSインストール用USBメモリを作る
macOS(OS X)のインストール用USBメモリを作成する方法を紹介します。 Macのターミナルコマンドから作成する方法もありますが、ここではフリーソフト「DiskMaker Xシリーズ」を使い、詳しい図解入りで手順を紹介します。
「ターミナル」でmacOSインストール用USBメモリを作る
macOS(OS X)のインストール用USBメモリを作成する方法を紹介します。 ここではMac標準アプリの「ターミナル」を使った手順を、図解を使って詳しく解説します。

 

Macの電源が落ちている状態でUSBメモリを接続し、キーボードで「option」を押しっぱなしにした状態で電源を入れると、以下の画面のような起動ドライブの選択画面が表示されます。

(スタートアップマネージャ”Startup Manager”といいます。)

ここで、OSインストール用USBメモリを選択して起動します。

DiskMaker X ProでマルチブートUSBメモリ

OSインストール先は、新規追加したボリューム・パーティションを指定して、間違わないように注意してください。

MacOSインストール画面

コメント

タイトルとURLをコピーしました