「Synergy」代替アプリ「Barrier」でキーボード・マウス共用

「Barrier」アイコン アプリ
この記事は約5分で読めます。

かつては、1セットのキーボードとマウスで複数のPCを使えるアプリ「Synergy」が定番でしたが、有料化されたため、無料で使うには「Barrier」というアプリがあります。

Windows/Mac/Linux用があって、異なるOS間でも操作が可能です。

このページでは、Mac版の「Barrier」のインストール方法や使い方を、図解で説明します。

 

スポンサーリンク

「Barrier」って、どんなアプリ?

1台のPCを「サーバー」に設定して、その他のPCを「クライアント」に設定します。

「サーバー」に接続されたキーボードとマウスで、全てのPCの操作ができます。

上の図にも書いていますが、「サーバー」は常に1台のみで、これに接続されたキーボードとマウスを使います。

「クライアント」は複数可能です。

「サーバー」や「クライアント」は、Windows/Mac/Linuxを混在させて使うことができます。

 

スポンサーリンク

インストール方法

  • 以下のリンクをクリックして、「Barrier」公式サイトのダウンロードページを開きます。

    Releases · debauchee/barrier
    Open-source KVM software. Contribute to debauchee/barrier development by creating an account on GitHub.

  • 以下のようにダウンロードページが開いたら、スクロールしてファイルダウンロードの部分を表示します。

    「Barrier」公式サイトのダウンロードページ

    以下が、ファイルダウンロードの部分です。

    「Barrier」公式サイトのダウンロードページ

  • ファイルダウンロードの中から、Mac用のファイルをクリックしてダウンロードします。

    Mac用は、以下の図で矢印が指し示している、拡張子がdmgのファイルです。

    「Barrier」公式サイトのダウンロードページ

  • 以下のようにファイルの保存場所を指定する画面が表示されたら、「ダウンロード」など適当な場所を指定して、「保存」ボタンをクリックします。

    「Barrier」ダウンロード

  • ダウンロードが完了したら、ファイルを開いてディスクイメージを表示します。

    以下の図は「Google Chrome」でダウンロード完了の画面ですが、クリックしてディスクイメージを表示します。

    「Barrier」ダウンロード完了

     

  • 以下のようにディスクイメージが表示されたら、Finderで「アプリケーション」フォルダの中に、ドラッグ・アンド・ドロップします。

    「Barrier」を「アプリケーション」フォルダにドラッグ・アンド・ドロップ

  • ドラッグ・アンド・ドロップしたら、「Barrier」を右クリックで表示されたメニューから、「開く」を選択します。

    「Barrier」を開く

  • 以下のように「”Barrier”の開発元を検証できません。開いてもよろしいですか?」と表示されたら、「開く」をクリックします。

    「Barrier」を開く

  • 以下のようにアクセシビリティアクセス(セキュリティ)の画面が表示されて、「”Barrie”は、アクセシビリティ機能を使用してこのコンピュータを制御することを求めています。」と表示されたら、「”システム環境設定”を開く」をクリックします。

    Mac「システム完了設定を開く」

  • 以下のように「セキュリティとプライバシー」の画面が表示されたら、左下のカギ型のアイコンをクリックします。

    Mac「セキュリティとプライバシー」

  • 以下のように「システム環境設定が”セキュリティとプライバシー”環境設定のロックを解除しようとしています。」と表示されたら、パスワードを入力して、「ロックを解除」をクリックします。

    Mac「セキュリティとプライバシー」

  • カギが外れたら、まず①で「Barrier」にチェックを入れて、次に②でカギ型のアイコンを再度クリックしてカギを掛けます。

    Mac「セキュリティとプライバシー」

  • 以下のようにカギがかかったら、「セキュリティとプライバシー」の画面を閉じます。

    Mac「セキュリティとプライバシー」

  • Finderの「アプリケーション」フォルダ内の「Barrier」アイコンをダブルクリックして、起動できるかを確認します。

    起動できたら、以下のような画面が表示されます。

    「Barrier」起動画面

 

スポンサーリンク

初期設定

  • 「Barrier」のメニューから、「Barrier」-「Change Settings」を開きます。

    「Barrier」初期設定

  • 以下のように「Settings」の画面が表示されたら、次のように変更します。

    • ①Language
      • 変更前:English
      • 変更後:日本語
    • ②SSL
      • 変更前:チェックあり
      • 変更後:チェックなし

    「Barrier」設定

    「Barrier」設定

  • 変更したら、「OK」ボタンをクリックして閉じます。

    「Barrier」設定

 

スポンサーリンク

使い方

概要

「Barrier」を起動した画面で、「サーバーモード」と「クライアントモード」を切り替えて使います。

サーバーモード/クライアントモードの切り替え

サーバーモード

画面の「Server」にチェックを入れてから、「開始」または「適用」のボタンをクリックします。

Mac版「Barrier」基本画面

 

クライアントモード

画面の「Client」にチェックを入れてから、「開始」または「適用」のボタンをクリックします。

Mac版「Barrier」基本画面

 

アプリ
スポンサーリンク
Macのアンチョコ

コメント

タイトルとURLをコピーしました