一時的にスリープ禁止/開始時間を変更するアプリ5つ紹介

月と星
更新日:2021年08月28日
この記事は約11分で読めます。

Macでは標準機能でスリープに入る時間を設定できますが、一時的にスリープ禁止にしたり、スリープに入る時間を変更したい場合もあるかと思います。

この記事では、そういったニーズに対応したアプリを実際に使って比較検討しました。

2021年8月13日更新
このページで紹介している「Caffeine」は、現在公開終了しています。

 

Mac標準機能のスリープ設定について

Macのスリープ設定については、アップル公式サイトが詳しく解説しているので、そちらを見てください。

Macデスクトップコンピュータの「省エネルギー」環境設定を変更する
Macの電力使用を制御するオプションを設定します。

 

一時的にスリープ禁止/開始時間を変更するアプリの紹介

① Caffeine

特徴

かつてこの手のアプリの定番。

ただし、アップルの「App strore」で公開されていたのが中止されて、開発者様のサイトでのみ公開になったので、最近の定番は次の「Amphetamine」になっています。

最終更新が2010年のバージョン1.1.1なので、セキュリティの問題やmacOSの仕様変更によっては使えなくなる可能性があります。→2021年8月現在、公開終了しています。

シンプルな機能・操作性がメリットでもありデメリット。

ダウンロード元

公開終了しています。

使い方

Caffeineを起動すると、メニューバーにコーヒーカップのアイコンが表示されます。

このアイコンを左クリックすると「アクティブ」と「非アクティブ」が切り替えられます。

右クリックすると、設定画面や終了のメニューが表示されます。

また、Caffeineの設定がアクティブ(有効)の場合は、コーヒーカップに黒いコーヒーが入って湯気が出たアイコン、非アクティブ(無効)の場合は、コーヒーカップは空っぽのアイコンになります。

アクティブ(有効)

Caffeineアクティブ時

非アクティブ(無効)

Caffeine非アクティブ時

 

メニューアイコンを右クリックして「Preferences…」を選ぶと、以下のような設定画面が表示されます。

MacアプリCaffeineの設定画面

  • ① Automatically start Caffeine at login
    • Macにログイン時に自動起動
  • ② Activate Caffeine at launch
    • 起動時にアクティブ化(Caffeineの設定内容を有効化)
  • ③ Show this message when starting Caffeine
    • Caffeine起動時に、この設定画面を表示
  • ④ Default duration
    • スリープまでの間隔
      • Indefinitely:スリープさせない
      • 5 minutes/10 minutes/15 minutes/30 minutes/1 hour/2 hours/5 hours
かわうそ君
かわうそ君

オススメの設定は、上の図のように①だけチェックを入れて、②③にはチェックを入れない、④はIndefinitelyを選ぶ。

かわうそ君
かわうそ君

そうすると、Caffeineは自動起動するけど、スリープはMac標準機能の設定が反映される。

もしもスリープを禁止したいときは、メニューアイコンの左クリックで有効化される!

 

② Amphetamine

概要

1番目に紹介した「Caffeine」にかわって、現在の定番アプリ。

OSバージョン10.11 El Capitan以降で、インテルMacとアップリシリコンMacに対応しています。

多機能ゆえに使いこなすには難しい?

ダウンロード元

‎Amphetamine
‎Amphetamine(アンフェタミン)へようこそ!macOSのために作られた、最も素晴らしいスリープ防止アプリです!AmphetamineはあなたのMacや、そのディスプレイまで、簡単すぎるオン・オフスイッチだけで眠らせないことができます。さらに、構成も簡単なトリガー機能を用い、自動的にセットすることも可能です。A...

使い方

このアプリは設定項目が非常に細かくできるのが特徴ですが、そのぶん使いこなすのは難しそうです。

当ブログの次の記事では、詳しい使い方を説明しています。

Macのスリープ制御アプリ「Amphetamine」の使い方
Macのスリープ制御アプリ「Amphetamine」の使い方を、図解入りでわかりやすく説明します。このアプリは非常に多機能ですが、まずは基本的な使い方をマスターして、必要に応じて細かい使い方を覚えていけば、迷子にならないと思います。

 

③ KeepingYouAwake

概要

GitHubで公開されているアプリ。

2021年8月時点で、アップデートされ続けています。

OSバージョン10.10 Yosemite以降で、インテルMacとアップリシリコンMacに対応しています。

1番目の「Caffeine」クローンぽい雰囲気で、若干の機能追加あり。

「Caffeine」みたいなアプリを探している人や、シンプルな操作が好きな人は、気にいるのではないでしょうか?

ちなみに、このアプリはmacOS 10.14 Mojaveから強化されたセキュリティにも対応してアップルから公証を受けているので、危険性は低いです。

Macのスリープを一時的に無効にしてくれるアプリ「KeepingYouAwake」がAppleのSandbox/Notarizedセキュリティなどに対応。
 Macがスリープモードに移行するのを一時的に無効にするユーティリティ「KeepingYouAwake」がAppleのSandbox/Runtime/Notarizedセキュリティに対応しています。詳細は以下から。
Apple、Macアプリ開発者に対しアプリへの署名と公証を求め、次期macOSのGatekeeperは全てのアプリでAppleの公証が必要に。
 AppleがMacアプリ開発者に対しアプリへの署名と公証を求め、次期macOSのGatekeeperの下アプリを利用するには野良アプリでもこれらが必要になるそうです。詳細は以下から。

ダウンロード元

作者のアプリ紹介文のリンク

GitHub - newmarcel/KeepingYouAwake: Prevents your Mac from going to sleep.
Prevents your Mac from going to sleep. Contribute to newmarcel/KeepingYouAwake development by creating an account on GitHub.

アプリのダウンロード先のリンク

Releases · newmarcel/KeepingYouAwake
Prevents your Mac from going to sleep. Contribute to newmarcel/KeepingYouAwake development by creating an account on GitHub.

使い方

「KeepingYouAwake」を起動すると、メニューバーにコーヒーカップのアイコンが表示されます。

このアイコンを左クリックすると「アクティブ」と「非アクティブ」が切り替えられます。

右クリックすると、設定画面や終了のメニューが表示されます。

また、「KeepingYouAwake」の設定がアクティブ(有効)の場合は、コーヒーカップに黒いコーヒーが入ったアイコン、非アクティブ(無効)の場合は、コーヒーカップは空っぽのアイコンになります。

と、ここまでの説明は1番目の「Caffeine」と全く同じです。

「KeepingYouAwake」のアイコンのほうが、多少マンガチックです。

アクティブ(有効)

KeepingYouAwakeのアクティブ時

非アクティブ(無効)

KeepingYouAwakeの非アクティブ時

 

さらに、メニューアイコンを右クリックして「Preferences…」を選ぶと、設定画面が表示されるところも「Caffeine」そっくりですが、設定できる項目が増えています。

まず、「General(一般設定)」の項目を見てみます。

KeepingYouAwakeの設定画面

Generral(一般設定)

  • Start at Login
    • Macログイン時に自動起動する
  • Activate on launch
    • 起動時にアクティブ化(KeepingYouAwakeの設定内容を有効化)

 

次に、「Activation Duration(開始時間)」の項目です。

KeepingYouAwakeの設定画面

Activate Duration(開始時間)

  • Activation Duration
    • スリープまでの間隔
    • Indefinitely:スリープさせない
    • 5 minutes/10 minutes/15 minutes/30 minutes/1 hour/2 hours/5 hours

 

右下の「+」ボタンをクリックすると、新しく自分で設定時間を作れます

KeepingYouAwakeの設定画面

 

最後に、「Advanced(追加設定)」の項目を見てみます。

KeepingYouAwakeの設定画面

Advanced(追加設定)

  • Deactivate when battery capacity is below
    • バッテリ残り容量が以下の場合はアクティブ化しない
  • Enable experimental Notification Center integration
    • 実験的な通知センター統合を有効にする(以下のような通知を出すかどうか)

「KeepingYouAwake」のアクティブ/非アクティブが切り替わるたびに、通知を表示させることができます。

これは、なかなかわかりやすくて便利です。

KeepingYouAwakeの通知

  • Disable menu bar icon highlight color
    • メニューバーアイコンの強調表示色を無効にする(詳細不明)
  • Quit when activation duration is over
    • アクティブ化が終了したらアプリ終了
かわうそ君
かわうそ君

「Caffeine」のシンプルな操作が好きな人は、アイコンや操作体系もほぼクローンといっていいから、これは気に入りそう。

 

 

④ Sleep Control Center

概要

アップルのApp Storeから入手可能です。

基本的な機能は無料で使えますが、有料版で機能追加が可能です。

ダウンロード元

‎Sleep Control Center
‎Keep Awake : ● System ● Display and External Displays ● Wi-Fi Network ● Audio In - Out ● Disks and External Storages ● Other External Media ● Bluetooth...

使い方

今まで紹介したアプリと同様に、「Sleep Control Center」もメニューアイコンで「アクティブ」「非アクティブ」を表示しています。

アクティブ(有効)

AntiSleepのアクティブ時

非アクティブ(無効)

AntiSleepの非アクティブ時

 

一方、詳細設定の操作方法は、今まで紹介したアプリと操作体系が大きく異なります。

今までのものは、メニューアイコンをクリックして詳細設定が開けましたが、このアプリは設定項目がズラッと表示されて、そこから選ぶようになっています。

AntiSleepのメニュー

かわうそ君
かわうそ君

メニュー項目がズラッと縦長に並ぶのは、あまり美しくない。。。

 

 

⑤ Owly

概要

アップルのApp Storeから入手可能です。

OSバージョンは、なんと2011年の10.7 Lion以降で、インテルMacとアップリシリコンMacにまで対応しています。

1番目の「Caffeine」や3番目の「KeepingYouAwake」と似ている部分も多いが、メニューアイコンで「アクティブ」「非アクティブ」は判別できません。

そのかわり、スリープまでのカウントダウンダイマーが表示できるという独自機能があります。

ダウンロード元

‎Owly - Prevent Display Sleep
‎Say hello to Owly, a cute little fellow who lives in your Mac’s menu bar and does its best to prevent your Mac from automatically sleeping. What this means is ...

使い方

「Owly」を起動すると、メニューバーにフクロウのアイコンが表示されます。

このアイコンを左クリックすると、設定画面や終了のメニューが表示されます。

また、アイコンの状態は「アクティブ」「非アクティブ」と同じ。

Owly起動時

Owlyのメニューアイコン

スリープに入るまでのカウントダウン

Owlyのカウントダウン

 

さらに、メニューアイコンを左クリックして「Preferences」を選ぶと、設定画面が表示されます。

Owlyの設定画面

 

どれがおすすめか?

ニャン吉
ニャン吉

5つのアプリを試してみて、どれが使いやすかった?

かわうそ君
かわうそ君

3番目の「KeepingYouAwake」がシンプルで使いやすくて気に入った。

ニャン吉
ニャン吉

それじゃあ、人にすすめるとしたらどれ?

かわうそ君
かわうそ君

それも、3番目の「KeepingYouAwake」かな。

App storeで配信されたら無敵だと思うけど、アップルから公証も受けているから、セキュリティ的な心配がない。

デメリットは、GitHubからダウンロードっていうのが、App storeと比べてほんの少しめんどくさいだけ。

ニャン吉
ニャン吉

他のアプリは?

かわうそ君
かわうそ君

何らかの理由でフリーソフトはNG、App storeならOK、っていう人には、2番目の「Amphetamine」か5番目の「Owly」かな。

なるべくシンプルなのがいいって人は「Owly」、ネットで評判いいのは「Amphetamine」。

僕は「Amphetamine」の多機能は使いこなせないから「Owly」のほうが好きだけど。

かわうそ君
かわうそ君

ここまで紹介したアプリを一覧でまとめてみたよ。

メリット デメリット
① Caffeine
  • 公開終了
② Amphetamine

★おすすめ

  • 多機能
  • 全機能が無料
  • 画面を閉じたときでも
    スリープ防止など
    細かい設定も可能
  • 多機能ゆえに使い
    こなすのは難しい
③ KeepingYouAwake

★★★超おすすめ!

  • 機能がシンプルで
    使いやすい
  • 表示は英語のみ
④ Sleep Control Center
  • ごく基本的な機能
    なら無料
  • 表示は英語のみ
  • ② Amphetamineで
    使える機能でも
    有料版になる
⑤ Owly

★おすすめ

  • 機能がシンプルで
    使いやすい
  • スリープまでのカウント
    ダウンタイマー表示の
    独自機能がある
  • 対応OSのバージョンが
    幅広い
    (10.6 Lion以降、
    インテルMacと
    アップルシリコンMac)
  • 表示は英語のみ

 

参考記事

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました