Macのフリーソフト「AppCleaner」の使い方

AppCleanerアイコン アプリ
この記事は約2分で読めます。

Macのアプリ削除用アプリ「AppCleaner」のインストールと使い方を、図解を使って詳しく説明します。

「AppCleaner」ではアプリ本体のアンインストールの他に、設定ファイル等まで確実に削除することができます。

 

スポンサーリンク

AppCleanerの入手方法

▶ 以下のリンクをクリックして、AppCleanerの公式サイトを開きます。

AppCleaner

 

▶ 以下の図が公式サイトを開いたところですが、赤色で囲った「Downloads」の一覧から自分のMacのバージョンに対応したリンクをクリックしてダウンロードします。

AppCleaner公式サイト

AppCleanerダウンロード

 

▶ ダウンロード完了したら、ZIP形式で圧縮されているのでダブルクリックします。

そうするとAppCleanerのアプリ本体が復元されます。

このままの場所でもいいですが、今後も使うことになるので「アプリケーション」フォルダに移動しておくことをおすすめします。

AppCleaner

 

スポンサーリンク

AppCleanerの使い方

▶ AppCleanerのアプリアイコンをダブルクリックして起動します。

AppCleanerアイコン

 

▶ 以下のように「”AppCleaner.app”はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?」と表示されたら、「開く」ボタンをクリックします。

AppCleaner起動確認

 

▶ 以下のように「Drop your apps here」と書かれた部分に、削除したいアプリをドラッグ・アンド・ドロップします。

AppCleanerのメイン画面

 

▶ 以下は、一例としてLineアプリをドラッグ・アンド・ドロップしたところです。

左側にチェックマークが付いているフォルダ・ファイルが削除されます。

おそらくドラッグ・アンド・ドロップした直後にはチェックマークがついてない部分があるので、全部にチェックマークを付けます。

付けたら、右下の「Remove」ボタンをクリックして削除を実行します。

AppCleanerでドラッグ・アンド・ドロップしたところ

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました