「このアプリケーションで開く」で削除済みのアプリを消す方法

デスクトップ
この記事は約6分で読めます。

Macでファイルを右クリックすると「このアプリケーションで開く」が表示されて、好きなアプリで開くことができますが、まれに削除済み(アンインストール済み)のアプリが表示される場合があります。

これを解決する方法を紹介します。

スポンサーリンク

なぜ削除済みのアプリが表示されるのか?

macOSでは、OSの機能として「ランチサービス(Launch Service)」というものがあります。

「ランチサービス」には、以下のような機能があります。

  • アプリが開けるファイルの種類を管理する
    • 例:jpgファイルは、「プレビュー」「Safari」「Chrome」「Photoshop」で開ける
  • 上記の中から、優先して使うアプリを管理する
    • 例:jpgファイルは、「プレビュー」で優先して開く
  • その他省略
かわうそ君
かわうそ君

「ランチサービス(Launch Service)」って聞いて、サービスランチ定食を思い出したあなたはオヤジギャクの才能がある!

話を戻して、Finderでファイルを右クリックすると、以下の画面のように「このアプリケーションで開く」が表示されて、開けるアプリの一覧とデフォルトで開くアプリが表示されます。

この内容は、「ランチサービス」のデータベースを参照しています。

Macの「このアプリケーションで開く」

 

ところが、このデータベースが何らかのタイミングで破損することがあります。

そうなると、削除済みのアプリが表示されたり、インストールしたアプリが表示されない、といったトラブルが起きます。

この壊れたデータベースを直すには、Macのインストールしているアプリの最新の情報を集めて、データベースを作り直す必要があります。

このページで紹介している対処法はすべて、この作り直しをする方法の説明です。

話がちょっと難しかったかな?

まあ、そんなもんがあるのか、程度で大丈夫だよ!

スポンサーリンク

各方法のメリット・デメリット

各方法を説明する前に、メリット・デメリットを説明します。

メリット デメリット
方法1:ターミナルからコマンドを実行
  • 追加ソフトなし
  • 文字でコマンド入力に抵抗感がある人もいるかも
    (ただし、このページではコピペでOKの方法を紹介します)
方法2:無料ソフト「Onyx」を使う
  • 無料
  • Macのメンテナンス関連で多機能
  • macOS初期から定番の老舗アプリの安心感
  • アップル製でなくApp store配信でもないので、セキュリティ的にどうか?
方法3:有料ソフト「Cocktail」を使う
  • メンテナンス関連では「Onyx」が有名だが、「Cocktail」も老舗のアプリ
  • 有料(10回まで試用可能)
  • ネットで情報が少ない
  • アップル製でなくApp store配信でもないので、セキュリティ的にどうか?
かわうそ君
かわうそ君

色んな方法があるのはわかるんだけど、どれがオススメなんだろう?

ハリー先生
ハリー先生

削除済みアプリを一覧から消すだけなら、方法1で十分。

ハリー先生
ハリー先生

方法2は、ゴミファイルをクリーニングしたり、起動ディスクの検査など、メンテナンス関連で色々できることがあるから、この機会に入れといてもいいかもね。

ハリー先生
ハリー先生

方法3は、続けて使おうとしたらお金がかかるし、ネットで情報も少ないから、方法1も2もうまく行かないときに試してみて欲しい。

スポンサーリンク

方法1:ターミナルからコマンドを実行

▶ Finderの「アプリケーション」フォルダの中の「ユーティリティ」フォルダを開き、「ターミナル」をダブルクリックして起動します。

Macの「ターミナル」のアイコン

Macのターミナル

 

▶ ターミナルが起動したら、以下のコマンドをコピペします。

コピペするだけでコマンドが実行されると思いますが、されないときはリターンキーを押して実行します。

コマンドの完了には数十秒〜数分かかる場合があるので、終わるまで待ちます。

/System/Library/Frameworks/CoreServices.framework/Versions/A/Frameworks/LaunchServices.framework/Versions/A/Support/lsregister -kill -r -domain local -domain user

Macのターミナル

 

▶ コマンドが完了したら、以下のコマンドをコピペします。

コピペするだけでコマンドが実行されると思いますが、されないときはリターンキーを押して実行します。

コマンドを実行したらFinderが再起動されて、一時的にデスクトップのアイコンが消えるので、終わるまで待ちます。

数秒〜数十秒かかる場合があります。

killall Finder

Macのターミナル

方法1の説明は、ここまでです。

スポンサーリンク

方法2:無料ソフト「Onyx」を使う

Onyxでは、以下の画面のように「LaunchServicesデータベースの再構築」が可能です。

具体的には、①「再構築」の項目の中の「LaunchServicesデータベース」にチェックを入れて、②「実行」ボタンをクリックするだけです。

Onyxの実行画面

Onyxのインストール方法については別の記事で紹介しているので、ご覧ください。

Onyxの入手とインストール(Mojave以降対応)
Macのシステム設定のメンテナンスツールの定番「Onyx」の入手とインストール方法を紹介します。また、macOS 10.14 Mojave以降からアプリのインストール時のセキュリティが厳しくなっているので、そのあたりにも対応した手順を図解入りで説明します。

方法2の説明は、ここまでです。

スポンサーリンク

方法3:有料ソフト「Cocktail」を使う(10回まで試用可能)

Onyxほど有名ではなく有料ではありませんますが、「Cocktail」というソフトでも削除済みアプリの一覧消去が可能です。

以下、公式サイトのリンクです。

Cocktail - A perfect mixture for macOS
Cocktail is a general purpose utility for macOS that lets you clean, repair and optimize your Mac. It is a powerful digital toolset that helps hundreds of thous...

このページでは詳しくは説明しませんが、注意点を2つ。

  1. macOSのバージョンごとにソフトが違うので、間違えないようにすること
  2. macOS 10.14 Mojave以降は、「システム環境設定」-「セキュリティとプライバシー」で、「フルディスクアクセス」を許可しないと使えない

2については以下の画面を参考にして許可を与えてください。

①「プライバシー」を選ぶ、②南京錠アイコンをクリックしてロックを外す、③「フルディスクアクセス」を選ぶ、④許可するアプリに「Cocktail.app」を追加する、⑤最後に南京錠アイコンをクリックしてロックをかける

Cocktail.appにフルディスクアクセスの許可

 

ここからは、Cocktailで「ランチサービスのデータベースの再構築」を行う手順をカンタンに紹介します。

▶ Cocktailを起動して、以下の図の①から③までを順番にクリックします。最後の③をクリックすると、再構築の処理が開始されます。

CocktailでlaunchServicesデータベースの再構築

 

▶ 以下は実行中の画面で、完了まで数分かかります。

CocktailでLaunchServicesデータベースの再構築の実行中

 

▶ 完了すると、以下の画面のように再起動かシャットダウンを勧められます。

データの保存などを終えて、Macを再起動しましょう。

CocktailでLaunchServicesデータベースの再構築の完了

方法3の説明は、ここまでです。

 

このページの記事は、ここまでです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました