MacでAutomatorを使って保存ファイル名の置き換え

更新日:2021年12月09日
この記事は約5分で読めます。

Macではファイル名に使えても、クラウドサービスのOneDriveで使えない文字があってアップロードできない場合があります。

そこで、Macの「Automator」を使ってファイル名の置き換えを自動化したので、やり方を紹介します。

「Automator」は名前を聞いたぐらいしかない・使ったことがない、という人が多いと思うので、このページではそんな初心者の方向けに書きます。

かわうそ君
かわうそ君

Automatorとは、macOSに標準搭載されている簡易型プログラムです。

ざっくり言えば、エクセルのマクロみたいなもんです。

Automatorを使おうと思ったきっかけ

マイクロソフトのクラウドサービス、OneDriveをMac/Windows/Androidと複数の環境から使っているのですが、Macでファイル名として使える「|」や「/」が、OneDriveではアップロードできずにエラーになってしまいます。

MacのOneDriveでアップロードエラー

最初は、手作業で「|」や「/」をアップロードでもエラーにならない「_」に置き換えていました。

しかし、サイトのスクリーンショットやPDFでは「|」や「/」がよく使われていることに気づき、手作業ではきりがないと考えて、Macの標準機能のAutomatorを使って自動化するようにしました。

Automatorではいろいろな作業を自動化できますが、ここでは「フォルダアクション」という特定のフォルダに対する自動プログラムを組んでみました。

Automatorのフォルダアクションの作成

このページの説明は、macOS 12 Montereyで作成しています。

▶ Finderの「アプリケーション」のフォルダの中の、「Automator」のアイコンをダブルクリックして起動します。

Mac Finder

▶ 以下のようにファイル操作ダイアログボックスが表示されたら、①で適当な保存場所を指定して、②でボタン「新規書類」をクリックします。

①の保存場所ですが、好きな場所を指定して構いませんが、図のようにiCloudに保存しておくと、どのMacからも読み出せる上に自動的にバックアップが取れるので、オススメです。

Mac Finder ファイル新規作成
クリックで拡大表示

▶ 以下の画面のように「書類の種類を選択してください」と表示されたら、①で「フォルダアクション」を選んでから、②でボタン「選択」をクリックします。

Mac Automator フォルダアクションの作成
クリックで拡大表示

▶ 以下の画面のようになったら、ワークフローを組み立てます。

かわうそ君
かわうそ君

ここからはしばらく説明が続きます。

じっくり図解入りで説明しますので、がんばって付いてきてください。

Mac Automatorの基本画面
クリックで拡大表示

▶ 画面左側の「Finder項目の名前を変更」を、右側の領域にドラッグ・アンド・ドロップします。

Mac Automator
クリックで拡大表示

▶ もしも以下の画面のように「渡されたFinder項目の名前を変更します。”Finder項目をコピー”アクションを追加して、オリジナルを変更しないでコピーを変更するようにしますか?」と表示されたら、今回はファイル名を変更して置き換えるので、「追加しない」のボタンをクリックします。

Mac Automator

▶ 以下の画面のようにアクションが追加されたら、意図したファイル名の置き換えをするように変更します。

Mac Automator
クリックで拡大表示

今回は、ファイル名に「|」が含まれているときは、「_」に置き換えるようにします。

よって、アクションの設定を以下の画面のように変更します。

  • ① アクションの種類 : 「テキストを置き換える」を選択
  • ② 検索文字列 : 「|」を入力(前後のカッコは入力不要)
  • ③ 置換文字列 : 「_」を入力(前後のカッコは入力不要)
クリックで拡大表示

文字の「|」や「_」は、次の方法で入力ができます。

【|】

Mac JIS Keyboard 【|】

【_】

Mac JIS Keyboard 【_】

▶ 引き続き、同じアクションをもう一つ追加します。

やり方は1つ目と同じです。

Mac Automator
クリックで拡大表示

2つ目のアクションは、ファイル名に「/」が含まれているときは、「_」に置き換えるようにします。

よって、アクションの設定を以下の画面のように変更します。

  • ① アクションの種類 : 「テキストを置き換える」を選択
  • ② 検索文字列 : 「/」を入力(前後のカッコは入力不要)
  • ③ 置換文字列 : 「_」を入力(前後のカッコは入力不要)

①と③は1つ目のアクションと同じで、②は異なります。

Mac Automator
クリックで拡大表示

▶ ここまでできたら、右上にある「フォルダを選択」から、保存ファイル名を置き換えるフォルダを選択します。

ここでは一例として、「monosnap」というフォルダを選択します。

こうすると、フォルダ「monosnap」にファイルが保存されるたびに、このアクションが実行されるようになります。

【変更前】

Automatorのフォルダを指定
クリックで拡大表示

【変更後】

Automatorのフォルダを指定
クリックで拡大表示

▶ 以上でワークフローの組み立ては終わりなので、ファイルを保存します。

Automatorのメニューから「ファイル」-「保存…」を選びます。

MacのAutomatorで保存

▶ 以下の画面のように、ファイル名を付けるダイアログボックスが表示されたら、適当な名前を付けて保存します。

Mac Automator 保存

▶ 保存したら、Automatorは終了します。

Automatorのフォルダアクションの作成はここまでです。
引き続いて、フォルダアクションの実行の説明に進んでください。

Automatorのフォルダアクションの実行

では、実際にファイル名の置き換えがうまく動作するかを確認します。

▶ 以下の画面のように、スクリーンショット作成アプリの「Monosnap」でスクショを撮ってみました。

一番上にファイル名が付いていますが、「綺麗に色が出るプリンターのイラスト | 可愛いフリー素材いら.jpg」となっているように、「|」が使われています。

Monosnapでスクショ

▶ 保存したファイルを見てみると、「|」が「_」の置き換えられていました。成功です。

MacのAutomatorで置き換え後のファイル

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました