隠しフォルダ・ファイルを作成、表示・非表示を切替える方法

デスクトップ
この記事は約4分で読めます。

Macでは、名前が「.(ピリオド)」で始まるフォルダやファイルは「隠しフォルダ・ファイル」となって、通常は表示されません。

「隠しフォルダ・ファイル」には、macOSやアプリが自動作成するデータが保存されていて、ユーザーが間違って消してしまわないように非表示になっています。

かわうそ君
かわうそ君

このページでは、表示・非表示の切り替え方法を紹介するけど、間違ってデータを消してしまわないように注意してね!

スポンサーリンク

隠しフォルダを表示・非表示を切り替える3つの方法

ここでは3つの方法を紹介しますが、操作がカンタンな1の方法をオススメします。

① キーボードショートカット

▶ キーボードで、「shift」+「command」+「.」を同時に押します。

押すたびに、隠しフォルダ・ファイルの表示と非表示の切り替えがされます。

macの隠しフォルダ・ファイルの切り替え

隠しフォルダ・ファイルが非表示macの隠しフォルダ・ファイルの切り替え

隠しフォルダ・ファイルが表示macの隠しフォルダ・ファイルの切り替え

② ターミナルからコマンド実行

▶ Finderの「アプリケーション」-「ユーティリティ」のフォルダの中の、「ターミナル」をダブルクリックして起動します。

Macの「ターミナル」のアイコン

隠しフォルダ・ファイルを表示

▶ ターミナルが起動したら、以下のコマンドを入力して、最後にリターンキーを押して実行します。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

 

▶ 上記のコマンドが完了したら、以下のコマンドを入力して、最後にリターンキーを押して実行します。

killall Finder

 

▶ Finderが再起動されて、隠しフォルダ・ファイルが表示された状態になります。

ターミナルは終了してください。

 

隠しフォルダ・ファイルを非表示

▶ ターミナルが起動したら、以下のコマンドを入力して、最後にリターンキーを押して実行します。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE

 

▶ 上記のコマンドが完了したら、以下のコマンドを入力して、最後にリターンキーを押して実行します。

killall Finder

 

▶ Finderが再起動されて、隠しフォルダ・ファイルが非表示の状態になります。

ターミナルは終了してください。

 

③ フリーソフトOnyxを使う

Macの定番・老舗システム設定アプリの「Onyx」で、隠しフォルダ・ファイルの表示・非表示が切り替えられます。

▶ 「Onyx」のインストール方法については、以下の関連記事を見てください。

Onyxの入手とインストール(Mojave以降対応)
Macのシステム設定のメンテナンスツールの定番「Onyx」の入手とインストール方法を紹介します。また、macOS 10.14 Mojave以降からアプリのインストール時のセキュリティが厳しくなっているので、そのあたりにも対応した手順を図解入りで説明します。

 

▶ 「Onyx」を起動したら、以下の画面のように、①各種設定をクリックし、②Finderをクリックし、③「不可視ファイル/フォルダを表示」にチェックを入れます。

Onyxの隠しフォルダ・ファイルの表示切り替え

 

▶ Onyxが以下の画面のように再起動の警告を表示したら、実行中の操作がないこをと確認した上で、「続ける」ボタンをクリックします。

OnyxがFinderを再起動

 

▶ Finderが再起動されたら、隠しフォルダ・ファイルの表示・非表示の切り替えが完了です。

 

スポンサーリンク

隠しフォルダ・ファイルを作成する方法

隠しフォルダ・ファイルが非表示(デフォルトの状態)だと、隠しフォルダ・ファイルは作成できません。

よって、まずは上の部分で説明した「隠しフォルダを表示・非表示を切り替える3つの方法」を参考にして、隠しフォルダ・ファイルが表示の状態にしてください。

その上で、ファイルやフォルダを作成するときに、頭に「.(ピリオド)」をつけると、隠しフォルダ・ファイルが作成できます。

作成時に、以下の画面のように警告が出ますが、「OK」ボタンをクリックすると作成できます。

Macで隠しフォルダ・ファイル作成時の警告

 

このページの記事は、ここまでです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました