Mac標準の壁紙の保存場所はどこか?

Macのデスクトップピクチャ デスクトップ
この記事は約2分で読めます。

Macに最初から入っている壁紙(デスクトップピクチャ)の保存場所について解説します。

macOS 10.14 Mojaveまでの場所と、10.15 Catalina以降では異なるので、注意が必要です。

 

スポンサーリンク

macOS 10.14 Mojaveまでの保存場所

パスで表すと、次の場所に保存されています。

/Library/Desktop Picture

 

以下は、Finderの「カラム表示」で表示しているところです。

FinderでMac標準のデスクトップピクチャの場所を表示

 

スポンサーリンク

macOS 10.15 Catalina以降の保存場所

パスで表すと、次の場所に保存されています。

/System/Library/DesktopPicture

 

以下は、Finderの「カラム表示」で表示しているところです。

FinderでMac標準のデスクトップピクチャの場所を表示

 

なお、使っているMacによっては「macOS 10.14 Mojaveまでの保存場所」で説明したところにも壁紙がある場合があります。

これは、macOS 10.14 Mojave以前からOSのバージョンアップを上書きインストールした名残りです。

クリーンインストールした場合では、こういった現象は起こりません。

 

スポンサーリンク

なぜ、macOS 10.15 Catalinaから保存場所が変わったのか?

macOS 10.15 Catalinaでは、「専用システムボリューム」と呼ばれる機能を導入して、システム関連のボリュームと、データ関連のボリュームを分けて、前者はユーザが変更できないようになりました。

これは主に、ウイルス対策などセキュリティを高めるためです。

この機能を導入するときに、macOSのシステム関連のファイルの配置場所が見直しされたため、今までの壁紙(デスクトップピクチャ)の保存場所が変わりました。

ちなみに、macOS 10.14 Mojaveまでの壁紙はユーザが削除できますが、Catalina以降はシステム関連のボリュームに保存されているため、削除できません。

(裏技はありますが、ここでは省略します。興味がある人は、”SIP無効化”で検索して調べて下さい。)

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました