Mac標準機能だけでサイズの大きいファイル・フォルダを探して削除

デスクトップ
この記事は約3分で読めます。

Macの内蔵SSD/HDDの残り容量が少なくなってきたときに、あまり使わないデータを消して容量を空けたいときがあります。

そんなときに、アプリでSSD/HDDの使用状況を見るものはいくつかありますが、ここではMac標準機能だけで行う方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

内蔵SSD/HDDの使用状況を見る方法

  • Macのアップルメニューから、以下の図のように「このMacについて」を選びます。

    Macのアップルメニューを開く

    以下の図は、上記の矢印のあたりの拡大図です。

    Macのアップルメニューを開く

  • 以下のようにMacの情報が表示されたら、上部のタブの「ストレージ」をクリックします。

    「このMacについて」の画面

  • 以下のように「ストレージ」の画面になったら、「管理…」のボタンをクリックします。

    「このMacについて」の「ストレージ」

  • 以下のような画面に切り替わったら、左の列にある「書類」をクリックします。

    「このMacについて」の「ストレージ」

  • 以下のようなファイル一覧の画面に切り替わったら、矢印が指し示している「ファイルブラウザ」の文字をクリックします。

    「このMacについて」の「ストレージ」

  • 以下のようなカラム表示に変わったら、サイズの大きなフォルダ/ファイル順に並んでいるので、削除しても良いファイルを右クリックして、表示されるメニューから「ゴミ箱に入れる」を選んで削除します。

    基本的には、この方法で不要なファイル/フォルダをコツコツと削除していきます。

    「このMacについて」の「ストレージ」

  • 上記の基本的な方法のほかに、普段は非表示になっている「不可視ファイル/フォルダ」の非表示/表示の切り替えもできます。

    以下、切り替え方です。

    • ①で、何でもいいので適当なフォルダを選択してから、
    • ②で、キーボードで「command」+「shift」+「.」を押します。

    「このMacについて」の「ストレージ」

  • 以下の図は、不可視ファイル/フォルダが表示された状態です。

    この中で見ると、「.wine」というフォルダは1.53GBも使っていますが、もう使っていないので、削除することができます。

    不可視ファイル/フォルダを元通り非表示にするには、再びキーボードで「command」+「shift」+「.」を押します。

    「このMacについて」の「ストレージ」

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました