各種クラウド対応のFTPアプリ「Filezilla Pro」

アプリ
この記事は約5分で読めます。

クラウドサービスを引っ越ししたり、アップロード済みのデータを手元にダウンロードしてバックアップを取る、といったときに使うと便利なアプリを紹介します。

スポンサーリンク

概要

どんなことをするアプリ?

「Filezilla Pro」は、ネットワーク上のファイルサーバーとデータをやり取りするのに特化したアプリで、いわゆる「FTPマネージャ」と呼ばれています。

最近のクラウドサービスではWEBブラウザを使って気軽にファイルのアップロード・ダウンロードができますが、大量のファイルのやり取りをする場合はFTPマネージャを使ったほうが効率的です。

例えば、ファイル転送時にエラーが出てもスキップして継続したり、転送成功・エラーのファイルのログが保存できたりします。

「Filezilla Pro」の大きな特徴は、各種のクラウドサービスに接続できるということで、これは他の「FTPマネージャ」にはありません。

ただし、「Filezilla Pro」は有料アプリで、1年あたり1,000円のサブスク購入か、買い切り2,000円前後となります。

なお、「Filezilla Pro」の姉妹ソフトに「Filezilla」がありますが、そっちはクラウドサービの接続はサポートしていませんが無料アプリです。

対応しているクラウドサービスは?

聞き慣れないサービス名もありますが、Amazon S3、Dropbox、OneDrive、Google Drive、Boxは日本でもユーザーが多いクラウドサービスです。

クラウドサービス等 Filezilla Pro Filezilla
FTP ○ 対応 ○ 対応
SFTP
Storj
WebDAV X 未対応
Amazon S3
Backblade B2
Dropbox
Microsoft OneDrive
Microsoft Azure File Storage Service
Microsoft Azure Blob Storage Service
Google Cloud Storage
Google Drive
OpenStack Swift
Box

 

スポンサーリンク

手順

インストール方法

以下のリンクをクリックして、App Storeからインストールできます。

インストール直後は無料アプリの「Filezilla」と同じ接続先しか使えませんが、アプリ内課金でサブスク購入すると、各種クラウドサービスへ接続ができるようになります。

‎FileZilla Pro - FTP and Cloud
‎FileZilla Proは、高速かつ信頼性の高い便利な機能がついたFTP、FTPS、SFTP、Amazon S3、Backblaze B2、Box、Dropbox、Google Cloud Storage、Googleドライブ、Microsoft OneDrive、Microsoft Azure Storage、O...

使い方

接続例として、Microsoft OneDriveへ接続してみます。

全10Step
  • Step 1

    Filezilla Proが起動した状態で、①の左上のアイコンをクリックします。

    Filezilla Pro起動画面

  • Step 2

    図のように「サイトマネージャ」が表示されたら、①の「新しいサイト」のボタンをクリックします。

    Filezilla Proのサイトマネージャ

  • Step 3

    図のように画面の右側が編集できるようになったら、①の「プロトコル」をクリックします。

    Filezilla Proのサイトマネージャでプロトコルの選択

  • Step 4

    今回はMicrosoft OneDriveの接続の説明なので、①のようにリストからMicrosoft OneDriveを選択します。

    Filezilla Proのサイトマネージャでプロトコルの選択

  • Step 5

    図のように①の「プロトコル」が「Microsoft OneDrive」になっていることを確認してから、②の「接続」をクリックします。

    Filezilla Proのサイトマネージャでプロトコルの選択

  • Step 6

    ここから先は、接続するクラウドサービスによって違うので、あくまでもMicrosoft OneDriveの例ということで読み進んでください。

    WEBブラウザに以下のようなMicrosoft OneDriveのアクセス認証の画面が出たら、①でアカウントを入力して、②の「Next」をクリックします。

    Microsoft OneDriveのログイン認証

  • Step 7

    WEBブラウザに以下のようなパスワード入力の画面が出たら、①でパスワードを入力して、②の「Sign in」をクリックします。

    Microsoft OneDriveのログイン認証

  • Step 8

    WEBブラウザに以下のような認証コードの画面が出たら、①の「Copy to clipboard」をクリックします。

    Microsoft OneDriveのログイン認証

  • Step 9

    Filezilla Proの画面に戻って、以下のように認証コードを入力する画面が表示されていたら、①の「Paste from clipboard」をクリックしてから、②の「OK」をクリックします。

    Filezilla Proに認証コード入力

  • Step 10

    Filezilla ProでOneDriveに接続した

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました