Chromeリモートデスクトップのインストール・使い方

アプリ
この記事は約12分で読めます。

かつてMacでは「どこでもMyMac」という機能があり、外出先から自宅や事務所のMacにアクセスしてリモート操作ができました。

ところが、2019年6月末に廃止となり、その乗り換え先を探している人もいると思います。

そこで、「どこでもMyMac」の代替サービスとして、Googleの「Chromeリモートデスクトップ」の使い方を紹介します。

スポンサーリンク

Chromeリモートデスクトップのメリット・デメリット

メリット

  • 無料
  • ホスト側になれるのは、Windows/Mac/Linux/Chromebook
  • ホスト側にホスト用アプリをインストールする必要はあるが、Chromeを起動しておく必要はない
  • ゲスト側になれるのは、Windows/Mac/Linux/Chromebook/iOS/Android
  • ルーターの設定は基本的に必要なし
  • ゲスト側がWindows/Mac/Linux/Chromebookの場合は、アプリのインストールは不要で、ブラウザもGoogle ChromeでなくてもOK(Googleアカウントでログインは必要)

デメリット

  • ホスト側にはGoogle Chromeのインストールとホスト用アプリのインストールが必要
  • よくわからない会社よりは良いが、Googleにどこまで情報が抜かれているかという問題はある
かわうそ君
かわうそ君

Google・Apple・Microsoftは、今までの行動から信用している(個人的意見)

スポンサーリンク

ホスト側Macの設定

Step1. ホスト用Macの事前準備

あらかじめ、以下の3つを満たしていることを確認してください。

  1. インターネットにつながっていること
  2. Google Chromeがインストールされていること
  3. Googleのアカウントでログインされていること

Step2. ホスト用アプリをインストール

▶ ホスト用アプリをダウンロードしたのと同じ、以下の「Chromeリモートデスクトップ」の公式サイトを開きます。

 

▶ サイトが開いたら一番下までスクロールして、「リモートアクセスの設定」の部分を探し、以下の画面の矢印が指している「オンにする」のボタンをクリックします。

「リモートアクセスの設定」の部分を探し、以下の画面の矢印が指しているダウンロードのアイコンをクリックします。

chromeリモートデスクトップのインストーラー

 

▶ 以下の画面のようにdmgファイルの保存のダイアログボックスが表示されたら、①適当な保存場所(「ダウンロード」フォルダなど)を指定して、②「保存」のボタンをクリックします。

Chromeリモートデスクトップのダウンロード

 

▶ dmgファイルがダウンロードできたら、ダブルクリックします。

Chromeリモートデスクトップのダウンロードしたdmgファイル

 

▶ dmgファイルがマウントされて以下の画面が表示されたら、表示されたpkgファイルをダブルクリックします。

Chromeリモートデスクトップのインストール用pkgファイル

 

▶ 以下の画面のようにインストール開始の確認画面が表示されたら、「続ける」ボタンをクリックします。

Chromeリモートデスクトップのインストール開始画面

 

▶ 以下の画面では「標準インストール」を続けるか、「インストール先を変更」や「カスタマイズ」をするかが選べますが、そのまま「インストール」ボタンをクリックします。

Chromeリモートデスクトップのインストール開始画面

 

▶ 以下の画面のように「インストーラが新しいソフトウェアをインストールしようしていています」と表示されたら、ユーザー名とパスワードを入れて、「ソフトウェアをインストール」のボタンをクリックします。

Macのアプリインストール時のセキュリティ確認画面

 

▶ 以下の画面のように「インストールが完了しました。」が表示したら、インストール完了です。「閉じる」のボタンをクリックして画面を閉じます。

Chromeリモートデスクトップのインストール完了画面

 

▶ 以下の画面のように「インストーラをゴミ箱に入れますか?」と出たら、どちらのボタンをクリックします。

Macのアプリインストール完了後のファイル削除確認画面

 

「Step2. ホスト用アプリをインストール」の説明は、ここまでです。
続いて「Step3. ホスト側の設定」を行います。

 

Step3. ホスト側の設定

▶ ホスト用アプリをダウンロードしたのと同じ、以下の「Chromeリモートデスクトップ」の公式サイトを開きます。

 

▶ サイトが開いたら一番下までスクロールして、「リモートアクセスの設定」の部分を探し、以下の画面の矢印が指している「オンにする」のボタンをクリックします。

Chromeリモートデスクトップの「リモートアクセスの設定」をオンにする

 

▶ 以下の画面のように「名前の選択」が表示されたら、①適当な名前を入れて、②「次へ」ボタンをクリックします。

①の名前の部分は以下の画面のように「MB12.local」といった「~.local」となっていると思いますが、「~.local」は削除したほうがわかりやすいと思います、

Chromeリモートデスクトップの名前の選択

以下は入力の一例です。

Chromeリモートデスクトップの設定

 

▶ 以下の画面のように「PINの設定」が表示されたら、PINの設定をしますが、PINとは数字のみのパスワードです。

6文字以上のPIN(パスワード)を適当に決めたら、①と②に同じものを入力します。

③の「使用統計情報とクラッシュレポート」はチェックを付けても付けなくてもどちらでもいいです。

以上の設定をしたら、④の「起動」のボタンをクリックします。

ChromeリモートデスクトップのPINの設定

 

▶ 以下の画面のように「Chromeリモートデスクトップが変更を求めています。」と表示されたら、ユーザー名とパスワードを入れて、「OK」のボタンをクリックします。

Chromeリモートデスクトップの変更の許可

 

▶ 以下の画面のように「Chromeリモートデスクトップに権限を付与する」と表示されたら、「[アクセシビリティ]設定を開く」のボタンをクリックします。

Chromeリモートデスクトップに権限を付与する

 

▶ 以下の画面のように「システム環境設定」の中の「セキュリティとプライバー」で「アクセシビリティ」が選択されたら状態で表示されたら、左下の「変更するにはカギをクリックします。」のカギ型のアイコンをクリックします。

Macの「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」の「アクセシビリティ」

 

▶ 以下の画面のように「システム環境設定が”セキュリティとプライバシー”環境設定のロックを解除しようとしています。」と表示されたら、ユーザー名とパスワードを入れて、「ロックを解除」のボタンをクリックします。

ロック解除の確認画面

 

▶ 以下の画面のように画面ロックが解除されたら、「ChromeRemoteDesktopHost.app」にチェックを入れます。

ChromeRemoteDesktop.appにアクセシビリティの権限を付与

 

▶ 「プライバシー」でチェックを入れると、次の画面が前面に表示されるので、されたら「次へ」のボタンをクリックします。

Chromeリモートデスクトップに権限を付与する

 

▶ 以下の画面のように「設定が完了しました。」と表示されたら、「OK」のボタンをクリックして閉じます。

Chromeリモートデスクトップに権限を付与する

 

▶ 以下の画面のように「セキュリティとプライバシー」に戻って、ロック解除したときのクリックしたカギ型のアイコンをクリックしてロックを掛けます。

ロックを掛けたら、この画面を閉じます。

ChromeRemoteDesktop.appにアクセシビリティの権限を付与

 

▶ これまで何度か開いた、以下の「Chromeリモートデスクトップ」の公式サイトを開きます。

 

▶ サイトが開いたら一番下までスクロールして、「このデバイス」の部分を探し、以下の画面の矢印が指しているように「オンライン」になっているかどうかを確認します。

なっていたら、ホスト側の設定はOKです。

Chromeリモートデスクトップでオンラインを確認

 

「Step3. ホスト側の設定」の説明は、ここまでです。
次からは、いよいよ実際にゲスト端末(他の端末)から接続してみます。

 

スポンサーリンク

ゲスト端末からの接続と使い方

Windows/Mac/Linux/Chromebook

ゲスト側の端末には、特別なアプリのインストールは不要です。

必要なのは、Google Chromeを含めたWEBブラウザでGoogleアカウントでログインするだけです。

▶ 以下の「Chromeリモートデスクトップ」の公式サイトを開きます。

 

▶ サイトが開いたら、接続したい端末をクリックします。

「オンライン」と書かれた端末しか接続できません。

Chromeリモートデスクトップの端末一覧

 

▶ 以下の画面のように「PINを入力」と表示されたら、①「ホスト側の設定」で設定したPINを入力して、②右矢印のアイコンをクリックして接続します。

Chromeリモートデスクトップの接続

 

▶ 接続できたら、以下のように画面が表示されます。

①「共有を停止」のボタンをクリックすると、接続が解除されます。このボタンはドラッグして移動することができます。

②画面の右の「<」のアイコンをクリックすると、オプションなどが表示されます。実際にクリックしてみましょう。

Chromeリモートデスクトップで接続中

 

▶ 表示される各項目についての説明です。

Chromeリモートデスクトップのオプション

Chromeリモートデスクトップのオプション

 

 

セッションのオプション
No 項目 説明
1 切断 アクセスが切断されます。
2 全画面表示 全画面表示になります。
3 ウィンドウに合わせる
  • オン
    • 画面全体が表示される
    • 画面がズームアウトされて表示
4 ウィンドウに合わせてサイズ変更 ホスト側のウィンドウサイズに合わせて…

  •  オン
    • ホスト側の画面の解像度が変わる
  • オフ
    • 解像度は変わらない
5 スムーススケーリング
  • オン
    • 文字がなめらかになります
    • 文字がボヤケた感じになる場合がある
  • オフ
    • 文字がクッキリします
    • 文字のギザギザが目に付く場合がある
かわうそ君
かわうそ君

3「ウィンドウに合わせる」と4「ウィンドウに合わせてサイズ変更」のあたりが、モヤッとしてよくわからないなぁ?

ニャン吉
ニャン吉

ポイントは、4「ウィンドウに合わせてサイズ変更」がオンの場合は、ホスト側の解像度が変わる、ってところ。

ニャン吉
ニャン吉

だから、ホスト側の解像度が勝手に変わったら困る場合は、ここはオフにすること!

かわうそ君
かわうそ君

ここまでは理解した!

ニャン吉
ニャン吉

次に、3「ウィンドウに合わせる」がオンの場合は、画面全体が表示されるように縮小されて表示される。

ニャン吉
ニャン吉

基本的にここはオンで使えばいいけど、「文字が小さすぎて見えない!」というときは、オフにする。

ただしそのときは、画面の一部しか表示されないから、画面内を移動するときはスクロールする必要がある。

かわうそ君
かわうそ君

なんとなくわかったけど、おすすめの設定は?

ニャン吉
ニャン吉

おすすめは次の通り。

  • 以下①:3「ウィンドウに合わせる」オン、4「ウィンドウに合わせてサイズ変更」オフ

文字が小さすぎて見づらいときは。

  • 以下②:3「ウィンドウに合わせる」オフ、4「ウィンドウに合わせてサイズ変更」オフ

セッションのオプション

セッションのオプション

 

クリップボードの同期を有効にする
No 項目 説明
1 開始 ホスト側・ゲスト側と双方でクリップボードが共有される
キーボードの制御
No 項目 説明
1 Ctrl+Alt+Delキーを押す Windows用
2 Print Screenキーを押す Windows用
3 キーマッピングを設定
4 左Shiftキーを長押ししてオプションにアクセル
ディスプレイ
No 項目 説明
1 すべてのディスプレイを表示 マルチディスプレイのときの表示画面を選択
ファイル転送
No 項目 説明
1 ファイルをアップロード ホスト側◁ゲスト側、のファイル転送
2 ファイルをダウンロード ホスト側▷ゲスト側、のファイル転送
「3. ゲスト端末からの接続と使い方(Widows/Mac/Linux/Chromebook)」の説明は、ここまでです。

iOS(iPhone/iPad)

以下からアプリをインストールして使います。

‎Chrome リモート デスクトップ
‎iOS デバイスからパソコンに安全にアクセスできます。高速、シンプル、無料です。 • リモート アクセス先となるパソコンで Chrome を開き、Chrome リモート デスクトップのウェブサイトにアクセスします。 • 説明に沿って、リモート アクセスできるようパソコンを設定します。 • iOS デバイスでアプリを...

Android

以下からアプリをインストールして使います。

Chrome リモート デスクトップ - Google Play のアプリ
Androidデバイスからパソコンに安全にアクセスできます。 • パソコンごとに、Chromeリモート デスクトップアプリを使ってリモートアクセスを設定します。このアプリはChromeウェブストアからインストールできます: • Androidデバイスでアプリを開き、オンラインになっているパソコンをタップして接続しま...

 

「3. ゲスト端末からの接続と使い方」の説明は、ここまでです。

 

スポンサーリンク

ホスト用アプリのアンインストール方法

ホスト用アプリをインストールしたときに、アンインストール用プログラムもインストールされているので、それを実行します。

以下、その手順です。

▶ Finderの「Chrome Remote Desktop Host Uninstaller.app」をダブルクリックします。

chromeリモートデスクトップのアンインストール

 

▶ 以下の画面のようにアンインストールの実行確認のダイアログボックスが出たら、「Uninstall」のボタンをクリックします。

chromeリモートデスクトップのアンインストール

 

▶ 以下の画面のように確認のダイアログボックスが表示されたら、ユーザー名とパスワードを入れて、「OK」ボタンをクリックします。

chromeリモートデスクトップのアンインストール

 

「4. ホスト用アプリのアンインストール方法」の説明は、ここまでです。
スポンサーリンク

まとめ

リモート操作アプリは有料・無料と他にもありますが、「Chromeリモートデスクトップ」が殆どの場合でベストな選択になるのではないでしょうか。

導入しやすさ・使いやすさ・マルチプラットフォーム対応・無料と、文句のつけようが有りません。

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました