Mac用アプリ「WakeOnCommand」で、WakeOnLAN操作

Macアプリ「WakeOnCommand」アイコン アプリ
この記事は約3分で読めます。

MacでWakeOnLANのマジックパケットを発行できるアプリ「WakeOnCommand」を紹介します。

App Storeから入手できて、使い方もマウスでクリックするだけのシンプルなアプリです。

この記事は、以下の方向けに書いています。

  • Macで使える、無料で操作が簡単なWakeOnLANアプリを探している人
  • 出先のMacから、自宅や事務所のWindowsパソコンを起動したい人

このページで検証できている組み合わせは、以下のとおりです。

  • 出先のMacから、自宅のWindows(有線LAN接続)の起動

以下の組み合わせでは、動作確認ができませんでした。

  • 出先のMacから、自宅のWindows(WiFi接続)の起動
  • 出先のMacから、自宅のMac(有線LAN接続・WiFi接続)の起動
スポンサーリンク

接続先のWindowsの設定

動作確認が取れたのは、有線LAN接続のWindows 10 Homeと7 Homeです。

絶対に必要な設定は、次の3つです。

  • a) BIOS/UEFIでWakeOnLAN機能の有効化
  • b) デバイスマネージャで、「Wake On Magic Packet」を有効化
  • c) IPアドレスを固定にする

a)については、使っているパソコンによって操作方法が異なるので、メーカーのサポートページや取扱説明書を参照して下さい。

参考までに、今回動作確認をしたパソコンでは、「PCIE/PCIによる電源ON」でWakeOnLANが有効化できました。

ASUSのBIOS画面

 

b)については、Windows 10と7ともに、コントロールパネルを開いて、①から③のように辿っていって「Wake On Magic Packet」を有効化しています。

Windows 7のネットワークのプロパティ

c)については、やり方がわからない場合は、次のリンク先を御覧ください。

パソコンのIPアドレスを手動で設定する方法
パソコンのIPアドレスを手動で設定する方法に関するFAQ。バッファローのサポートのコンテンツをご紹介。

 

スポンサーリンク

接続元のMacの設定

以下のリンクをクリックして、App Storeからアプリ「WakeOnCommand」をインストールして下さい。

‎WakeOnCommand
‎A simple utility that can send “magic packets” to wake up sleeping computers supporting Wake-on-LAN (also called Wake for network access in macOS). All you ha...

接続先のPCを追加するには、アイコン「New Computer」をクリックします。

WakeLanCommand起動画面

 

以下のように登録画面が表示されたら、各項目を入力していきます。

WakeLanCommand登録画面

 

リストに表示されたPCを選択して、「Wake」をクリックするとWakeOnLANのマジックパケットが発行されてPCが起動されます。

また、「Info」をクリックすると保存済みの設定が表示・編集できます。

WakeLanCommand起動画面

このページの記事は、ここまでです。

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました