古いMacは、いつまで修理可能か?

購入ガイド
この記事は約2分で読めます。

何年か前のMacが故障したときに「修理したほうが良いか、買い替えたほうが良いか」迷うときがあります。

このページでは、Macを含めたアップル製品の修理期限の調べ方を紹介します。

スポンサーリンク

現在使っているMacの保証期限を調べる方法

Macを含めたアップル製品では、シリアル番号がわかると、機種の型番や保証期限などがわかります。

シリアル番号の調べ方

Mac

アップルメニューから「このMacについて」を選んで表示されるポップアップ画面に記載されています。

Macのデスクトップ画面

アップルメニューの「このMacについて」を選ぶ

このMacについて

または、Mac本体の裏側にシルクスクリーン印刷されていたり、梱包箱に貼られているシールに記載されている場合もあります。

iPhone/iPad

「設定」アプリを起動して、「一般」→「情報」の中に記載されています。

Step 1

iPhoneの「設定」を起動

Step 2

iPhoneの「設定」-「一般」

Step 3

iPhoneの「設定」-「一般」-「情報」

Step 4

iPhoneの「設定」-「一般」-「情報」-「シリアル番号」

 

 

シリアル番号から型番や保証期限を調べる方法

以下のアップル公式サイトのページを開いて、調べたいシリアル番号を入力します。

製品の保証状況とサービス期間を確認する - Apple サポート
Apple の保証状況を確認します。シリアル番号を入力して、延長保証やサポート資格をご確認いただけます。

保証状況とサービス期間を確認する

以下は、購入1年超えて保証期間終了、AppleCareには入ってない場合。

保証状況とサービス期間を確認する

以下は、購入1年以内で保証期間内、AppleCare+に入っている場合。

保証状況とサービス期間を確認する

以下は、購入1年以内で保証期間内、AppleCareには入ってない場合。

保証状況とサービス期間を確認する

スポンサーリンク

特定機種の有償修理の期限を調べる方法

アップル製品の修理可能期限は生産終了から5年

アップルでは、生産終了から5年以上7年未満の機種を「ビンテージ製品」と呼んで、修理パーツの在庫がある限り修理を受け付けています。

さらに、7年以上は「オブソリート製品」と呼んで、修理を受け付けていません。

よって、古いMacを修理したいときは製造終了から7年以上経過している場合は修理できないので買い替え、5〜7年の間なら修理可能かどうかを確認して修理代の見積もりにより買い替えか修理かを決めることになります。

ある機種が「ビンテージ製品」や「オブソリート製品」に該当するか調べる方法

アップルの公式サイトで情報が公開されています。

ビンテージ製品とオブソリート製品
iPhone、iPad、iPod、Mac 製品をお持ちのお客様は、製品の販売中止後 5 年間 (法で定められている場合はそれ以上) は Apple や Apple サービスプロバイダから修理サービスや部品を入手できます。Apple は、特定の技術的なオブソリート製品のサポートをすでに終了しています。

また、当サイトの以下の記事でも調べられます。

Mac機種別OS対応表
Macの機種ごとに、対応するmacOS(OS X)のバージョン一覧を掲載します。対応していないバージョンは、OSのインストールや起動ができません。
このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました