Windows

iCloud

iCloudドライブから削除したファイルを復元する方法を複数、比較しながら紹介します

アップルのクラウドストレージ「iCloudドライブ」では、削除したファイルは30日間復活することが出来ます。 ただし、復元するには2つの方法があるので、注意点や具体的な手順を図解で説明します。
Macの仮想環境

M1 MacでCrossOverを使いMS-OfficeやJw_cadのWindowsアプリを動かしてみた

M1 MacでWindowsアプリを使うには、現時点では「CrossOver」というアプリを使う必要があります。 このページではCrossOverのインストール方法と、広範囲でニーズが高いMicrosoft Officeと、CAD分野でニーズが高いJw-cadの対応状況を紹介します。
Parallels Desktop

Parallels Desktop for Macのバージョン別にWindows 10をインストールする方法 

Parallels Desktop for MacでWindows 10をインストールできるかどうか、できる場合は方法を紹介します。 結論から言うと、アップルシリコンMac(M1 Macなど)ではインストールできませんが、インテルMacではParallelsのバージョンによっては可能です。
Parallels Desktop

Parallels Desktop for Macのバージョン別にWindows 11をインストールする方法

Parallels Desktop for MacでWindows 11をインストールする方法を紹介します。 MacがアップルシリコンMacかインテルMacか、Parallelsのバージョンが何かによって、インストールができるかどうか、さらにインストール方法が異なりますので、そのあたりも詳しく紹介します。
Parallels Desktop

Parallels Desktop for Macの旧バージョンのダウンロード方法と、OSバージョン対応表

Parallels Desktop for Macの旧バージョンのダウンロード方法を紹介します。 さらに、Parallelsのバージョンによって異なるインストール可能なmacOSのバージョンと、そこで動かせるゲストOS(Windows、macOS)のバージョンの対応表も掲載しています。
Parallels Desktop

Parallels Desktop for Macのアンインストール方法

Parallels Desktop for Macをアンインストールする手順を紹介します。 まずはアンインストールの概略や注意点を説明して、それから仮想マシンの削除、アプリ本体の削除、設定ファイルの削除と、それぞれの手順を図解入りで説明します。
Parallels Desktop

Parallels Desktop for MacのWindowsで日本語入力の設定

Paralles Desktop for MacでWindows11や10をインストールしても、キーボードの入力した文字の一部が違っていたり、「かな」「英数」キーが使えない場合があります。 この問題を解決する方法を図解入りで詳しく説明します。
Macの仮想環境

MacでWindowsのISOファイルをダウンロードする方法

MacでWindowsのセットアップ用ISOファイルをダウンロードする方法を紹介します。 ISOファイルはWindowsパソコンのセットアップだけでなく、Macで仮想環境アプリ(Parallels、VMware、VirtualBox...
Macの仮想環境

M1 MacでUTMバージョン3を使いWindows 11をインストールしてみた

M1 Macで仮想化環境アプリ「UTMバージョン3」を使えば、比較的簡単にWindows 11がインストールできるようになったと聞いたので、実際にやってみた手順を図解で紹介します。Windows 11は「インサイドプレビュー」というバージョンで開発者向けなので、ライセンス・サポート・安定度・ローカライズといった問題はあるものの、たまに使う程度なら実用的な使用感だと思いました。
Parallels Desktop

Windows 11+ParallelsをM1 Macにインストールする手順

2021年9月3日に、Arm版Windows 11の仮想イメージが公開されたので、Parallelsのサイトの手順を見ながらM1 Macにインストールしてみました。 ここでは、インストールの手順を図解を使って詳しく説明します。
タイトルとURLをコピーしました