iCloudドライブから削除したファイルを復元するには、2つの方法があるので注意!

iCloudのアイコン
この記事は約7分で読めます。

アップルのクラウドストレージ「iCloudドライブ」では、削除したファイルは30日間復活することが出来ます。

ただし、復元するには2つの方法があるので、注意点や具体的な手順を図解で説明します。

このページは、次の方向けに書いています
  • iCloudで削除したファイルの復元方法を探している人
スポンサーリンク

概要

アップル公式の手順

iCloud.comで削除したファイルを復元する
iCloud.comや、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windowsコンピュータで、過去30日間に削除したiCloud DriveのファイルやiWorkファイルを復元します。

上記リンク先のアップルの公式サイトを見ると、2つの復元方法が記載されていますが、まとめると次のようになります。

方法① 方法②
復元場所
  • iCloudドライブファイル一覧
  • iCloudドライブ詳細設定
期限
  • 削除から30日以内
  • 同左
復元可能機器
  • Mac
  • Windows
  • iPhone
  • iPad
  • Mac
  • Windows
  • iPad
  • iPhoneはNG
復元対象ファイル
  • iCloudドライブで削除したファイル
  • iWorkアプリで削除したファイル
    • Pages
    • Numbers
    • Keynote
  • 左記以外のファイル

 

問題点とオススメの方法

アップルの公式の手順には、次のような問題点があります。

  • ユーザーがiCloudドライブやiWorkアプリで削除したかどうかまで覚えているとは限らない
  • iWorkアプリでないアプリで削除したのに、方法①でしか復元できない場合がある。また逆もしかり

よって、このページではタイトルに書いたように、2つの方法の両方ともチェックすることをオススメします。

なお、ネット検索すると2番目の方法のみ記載したブログが多かったです。

かわうそ君
かわうそ君

復元の順番としては、ファイルが見つかる確率が高い順番に、次の方法をオススメするよ。

方法①:iCloudドライブファイル一覧
↓見つからなかったら
方法②:iClouddドライブ詳細設定

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

方法①で見つかる場合が、ほとんどだと思う。

スポンサーリンク

方法①:iCloudドライブファイル一覧

Mac・Windows

以下の説明ではMacを使います。

Google ChromeやSafariなどのWebブラウザを使うので、画面内容や操作方法は同じです。

  • 以下のリンクをクリックして、WebブラウザでiCloudドライブのファイル一覧画面を表示します。

    一覧画面の表示までにユーザIDやパスワードを要求されたら、画面の指示に従って操作を進めます。

    iCloud
    Sign in to iCloud to access your photos, videos, documents, notes, contacts, and more. Use your Apple ID or create a new account to start using Apple services.
  • 図のようにiCloudドライブのファイル一覧画面が表示されたら、画面の右下の「最近削除した項目」をクリックします。

    iCloudドライブのWeb画面

  • 図のように「最近削除した項目」が表示されたら、復元したいファイルを選択します。

    複数選択するときの操作方法は、Finderのファイル選択と同様です。

    • 選択開始のファイルをクリックして、「Shift」キーを押しながら選択終了のファイルをクリック
      • ▷ 開始〜終了まですべてのファイルが選択される
    • 選択開始のファイルをクリックして、「command ⌘」キーを押しながらいくつかのファイルをクリック
      • ▷ クリックしたファイルが飛び飛びで選択される

    復元したいファイルを選択したら、画面の上にある「復元」をクリックします。

    iCloudドライブの「最近削除した項目」

  • 復元されたファイルは、元のフォルダ内に移動されます。

    復元されたiCloudドライブのファイル

    復元されたiCloudドライブのファイル

     

    元のフォルダの場所がわからない場合は、MacのFinderの検索機能を使って、ファイル名で検索しましょう。

    MacのFinderで検索

 

iPad・iPhone

以下の説明ではiPhoneを使います。

iPadでも画面サイズが違うだけで、操作方法は同じです。

  • 標準アプリの「ファイル」を起動します。

    iPhoneの「ファイル」アプリ

  • 図のように「ファイル」アプリが起動したら、①右下の「ブラウザ」をタップして、②「最近削除した項目」をタップします。

    iPhoneの「ファイル」アプリ

  • 図のように「最近削除した項目」が表示されたら、まずは1つだけ復元する方法を説明します。
    復元したいファイルを長押しします。

    iPhoneの「ファイル」アプリ

  • 図のようにポップアップ画面が表示されたら、「復元」をタップします。
    これでファイルが復元されます。

    iPhoneの「ファイル」アプリ

  • 次に、複数のファイルを復元する場合を説明します。
    図のように「最近削除した項目」の画面の右上にあるメニューアイコンをタップします。

    iPhoneの「ファイル」アプリ

  • 図のようにポップアップ画面が表示されたら、「選択」をタップします。

    iPhoneの「ファイル」アプリ

  • 図のようにファイルの左端に選択するための丸印が表示されるので、復元したいファイルの丸印をタップして選択します。

    iPhoneの「ファイル」アプリ

  • 図のように復元したいファイルが選択できたら、画面の下の「復元」をタップします。
    これでファイルが復元されます。

    iPhoneの「ファイル」アプリ

 

スポンサーリンク

方法②:iCloudドライブ詳細設定

この方法はiPhoneでは使えず、Mac・Windows・iPadでしか行なえません。

また、特定のアプリではなくSafariやGoogle Chromeなどの一般的なWebブラウザで行うので、MacとiPadでは画面が同じため、以下はMacを使った方法で説明します。

Mac・Windows・iPad

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました