Windows 11+ParallelsをM1 Macにインストールする手順

Parallels icon
更新日:2021年09月07日
この記事は約8分で読めます。

2021年9月3日に、Arm版Windows 11の仮想イメージが公開されたので、Parallelsのサイトの手順を見ながらM1 Macにインストールしてみました。

ここでは、インストールの手順を図解を使って詳しく説明します。

 

Appleシリコン上の仮想環境の現状について

ParallesはMacの仮想環境アプリ(WindowsやLinuxやmacOSを動かすアプリ)として有名です。

従来から、インテルMac上のParallelsでWindowsを動かすことができましたが、AppleシリコンMacになってからは、今まで動いていたWindowsはインテル向けなので、動かすことはできません。

AppleシリコンMac上のParallelsでWindowsを動かすには、「Arm64向け」という別種のWIndowsが必要になります。

2021年9月の現時点では、Windowsの開発元のマイクロソフトからは正式版ではなく、開発者向けのプレビュー版として「Arm64向け」のWindows11が公開されています。

そこで、今回は公開されたばかりのWindows 11を使ってみます。

 

実際にM1 MacでWindows 11 + Parallelsを動かしてみた感じはどうか?

以下の動画は、このページで紹介している方法で動かしてみた様子です。

Macの環境は、M1 Mac miniで8GBのメモリを搭載しています。

 

動画でわかるように、スタートメニューやMicrosoft EdgeでWebページを見る限りでは、多少の引っ掛かりは感じられるものの、「普通に使える」レベルです。

確認はしていませんが、Windows専用の事務処理アプリを使ったり、Windowsでの動作テストをするような使い方では大丈夫そうです。

ということで、正式にArm向けのWindows 11がリリースされることを願うばかりです。

 

インストールの流れ

Parallelsの公式サイトの記事によると、次の流れでインストールするように書かれています。

KB Parallels: Instalar un sistema nuevo en un Mac con chip Apple M1 usando Parallels Desktop
Para instalar una máquina virtual nueva, tiene que usar una del .

ということで、このページでは上記の順番に従って図解を使いながら手順を紹介します。

なお、すでにParallelsをインストール済みの方は①は飛ばして、②から読み進めてください。

 

① Parallelsのダウンロードとインストール

▶ 以下のParallels体験版のダウンロード用のリンクをクリックします。

 

▶ ダウンロード用のdmgファイルのダウンロード先(保存先)を指定する画面が表示されたら、適当な保存場所を指定して、ボタン「保存」をクリックします。

Parallelsのダウンロード

 

▶ ダウンロードが完了したら、dmgファイルをダブルクリックします。

Parallelsのダウンロード

 

▶ 図のようにParallelsのアイコンが表示されるので、これをダブルクリックしてインストールを開始します。

Parallelsのインストール

 

▶ 図のように、インストールを開始する前のセキュリティの確認画面が表示されたら、ボタン「開く」をクリックします。

Parallelsのインストール

 

▶ 図のように、ファイル・フォルダへのアクセス確認の画面が表示されたら、ボタン「OK」をクリックします。

Parallelsのインストール

 

▶ 図のように、必要なファイルのダウンロードを実行中の画面が表示されたら、しばらく待ちます。

Parallelsのインストール

 

▶ しばらく待つと、図のように「ソフトウェア使用許可契約書」が表示されるので、表示されたらボタン「同意する」をクリックします。

Parallelsのインストール

 

▶ 図のように、管理者のパスワードが必要との画面が表示されたら、パスワードを入れてから、ボタン「OK」をクリックします。

Parallelsのインストール

 

▶ 図のように、インストールが始まったら、操作画面に切り替わるまでしばらく待ちます。

Parallelsのインストール

 

▶ 図のように、「Parallels Desktopの権限」と表示されたら、ボタン「次へ」をクリックします。

Parallelsのインストール

 

▶ 図のように、「”Parallels desktop.app”から”デスクトップ”フォルダ内のファイルにアクセスしようとしています。」と表示されたら、ボタン「OK」をクリックします。

Parallelsのインストール

 

▶ 同じように、「書類」と「ダウンロード」フォルダのアクセスの確認画面が表示されるので、同じくボタン「OK」をクリックします。

Parallelsのインストール

Parallelsのインストール

 

 

▶「Parallels Desktopの権限」の画面に戻ると、ボタン「次へ」がクリックできるようになっているはずなので、クリックします。

Parallelsのインストール

 

▶ 図のように、「Apple M1チップ搭載のMacにインストール」という画面が表示されたら、ボタン「次へ」をクリックします。
Parallelsのインストール

 

▶ 図のように、「新規作成」の画面になったら、Parallelsのインストールは完了です。

いったん、メニューバーからParallelsを終了させてください。

Parallelsのインストール

Parallelsのインストール

 

② Windows 11のダウンロードとインストール

▶ 以下の開発者向けWindowsプレビュー版のダウンロードページのリンクをクリックして開きます。

 

▶ 図のように「Windows Inside Preview Downloads」のページが開いたら、状況に応じて以下のいずれかをクリックします。

  • Windows Inside Programのメンバーの場合:右上の人物のアイコンをクリックしてサインイン
  • Windows Inside Programのメンバーではない場合:左のボタン「Learn more」からメンバー登録

どちらかよくわからない場合は、サインインして確認してみてください。

メンバー登録の方法は、詳しい説明は省きますが、「Learn more」のクリック後に表示される画面の「Resister」から行ってください。

Windows 11インストール

以下の図は、ボタン「Learn more」のクリック後に表示される画面です。

ここから登録ができます。

Windows 11インストール

 

▶ メンバー登録ができていたら、右上の人物のアイコンをクリックしてサインインすると、次のようにサインイン処理の画面が表示されるので、画面の指示に従って進めます。

Windows 11インストール

以下は、パスワード入力画面です。

Windows 11インストール

 

▶ サインインができたら、画面上部のプルダウンメニューから「Windows Inside Preview」をクリックして、「Windows 10 on ARM Insider Preview」を選択します。

Windows 11インストール

 

▶ 図のように、Windows 11 on Arm Inside Previewの画面になったら、ボタン「Windows Client ARM64〜」をクリックします。

Windows 11インストール

 

▶ 図のようにダウンロード先(保存先)を指定する画面が表示されたら、適当な保存場所を指定して、ボタン「保存」をクリックします。

ここでダウンロードされるファイルは「VHDX形式」といって、仮想環境アプリで使われるファイル形式です。

Windows 11インストール

 

▶ VHDXファイルがダウンロードされたら、ダブルクリックします。

Windows 11インストール

 

▶ 図のように、「インストールアシスタント」が起動して「Windowsの主な用途」と表示されたら、「業務用ツール」を選んでから、ボタン「続行」をクリックします。

Windows 11インストール

 

▶ 図のように、「名前と場所」と表示されたら、必要に応じて変更します。

よくわからない部分はデフォルトでも構いませんが、名前は「Windows 11」に変更しておきましょう。

その次に、ボタン「作成」をクリックします。

Windows 11インストール

 

▶ 図のように、「作成中…」と表示されたら、操作画面に変わるまで待ちます。

Windows 11インストール

 

▶ 図のように、カメラへとマイクのアクセス確認が表示されたら、ボタン「許可しない」をクリックします。

Windows 11インストール

Windows 11インストール

 

▶ 10分ほど待つと、図のように「インストールが完了しました」と表示されます。

インストールは、これで完了です。

なお、インストール中の画面を見ていると、WIndows 10から11へ自動的にアップグレードが行われていて、最初からWindows 11が使えるようになっていました。

Windows 11インストール

 

参考資料

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました