Macのデスクトップにシンプルなアナログ時計を表示するアプリ「UBClock」

Mac用アプリ「UBClock」のアプリアイコン アプリ
この記事は約4分で読めます。

Macのシンプルなアナログ時計アプリ「UBClock」を紹介します。

多機能ではありませんが、「無印良品」的な、基本機能に忠実で手になじむ無料アプリです。

このページは、次の方向けに書いています。

  • デスクトップにアナログ時計が表示されていると落ち着く人

 

スポンサーリンク

「UBClock」のメリット・デメリット

メリット

  • 無料
  • シンプルでスッキリした印象
  • 動作が安定している(他のアナログ時計アプリは強制終了することがよくあったので)
  • 自動起動、サイズ変更、位置移動などの基本機能は一通りそろっている

デメリット

  • マウスカーソルを近くに持っていったときに半透明化、といったことはできない
  • 文字盤の種類は1種類
  • 時報機能、アラーム機能、といったものはない

 

スポンサーリンク

アプリの入手先

以下のリンクをクリックして、アップルのApp Storeから入手します。

‎UBClock
‎Decorate your desktop with a stylish clock! Offers different faces, changable colors and a realistic behaviour plus old railway station style. Also available ...

 

スポンサーリンク

アプリの基本的な使い方

アプリを起動すると、デスクトップにアナログ時計が表示され、Macのメニューバーに時計のアイコンが表示されます。

アプリ「UBClock」のデスクトップ上の時計表示

 

アプリの設定は、メニューバーの時計アイコンをクリックして表示されるメニューから「Preferences…」を選びます。

アプリ「UBClock」のメニューバーから「Preferences...」を開く

 

以下からは、各設定項目の説明です。

よく使われる「General(一般)」と「Display(表示)」のみ詳しく見ていきます。

以下は、「General(一般)」の設定です。

アプリ「UBClock」の「Preferences」-「General」

項目 内容
  • Clock size
  • 時計の大きさを指定します
  • Movable
  • Locked on desktop
  • Locked on top
  • 移動可能
  • Desktop上に固定
  • 最上位ウインドウに固定
  • Linear engine
  • Balance spring
  • Pulse engine
  • Alternative
  • Railway style
  • 時計の針の移動表示方法。これは言葉で説明するのが難しいので、実際に設定を変更して確かめて下さい。
  • Natural Style
  • LED Style
  • 標準スタイル
  • LED表示スタイル
  • Show Clock in menu bar
  • メニューバーに小さいアナログ時計表示
  • Launch automatically at login
  • ログイン時に自動起動

 

以下は、「Display(表示)」の設定です。

アプリ「UBClock」の「Preferences」-「Display」

項目 内容
  • Seconds
    • Needle
    • Railway style
  • 秒針
    • 針のみ表示
      • アプリ「UBClock」針のみ表示
    • 針の先端近くに丸
      • アプリ「UBClock」針の根本に丸
  • Digital time
    • 24h
    • 12h AM/PM
  • デジタル時計
    • 24時間表示
    • AM/PM付き12時間表示
  • Day of week
  • 曜日
  • Date
  • 日付表示形式
  • Dial
  • 文字盤上の目盛り表示
  • Background with border
    • Opacity
  • 背景表示
    • 透明度

 

以下は、「Tuning(調整)」の設定です。

針や文字盤の日付表示に影をどれぐらい付けるかの設定ができます。

アプリ「UBClock」の「Preferences」-「Tuning」

 

以下は、「Colors(色)」の設定です。

アプリ「UBClock」の「Preferences」-「Colors」

このページの記事は、ここまでです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました