当サイトのリンクには商品・サービスのPRを含む場合があります。

Windowsで「uup_download_windows.cmd」を使ってWindowsのISOファイルを作成する

【Parallels Desktopお買い得情報】

2024年5月28日まで25%オフ(クーポンコード:MAY2024)

UUP dump & Windows SNS
更新日:2023年05月15日

投稿日:2023年05月15日
この記事は約3分で読めます。

Windowsで、「UUP dump」というサイトからスクリプトを入手して、スクリプト「uup_download_windows.cmd」を使い、WindowsのISOファイルを作成する手順を紹介します。

スポンサーリンク

概要

このページでは、あらかじめサイト「UUP dump」からスクリプトをダウンロード完了している前提となっています。

具体的には、スクリプト「uup_download_windows.cmd」がダウンロード済みでしょうか?

ダウンロードがまだだったり、「UUP dump」って何?、という方は、先に以下のリンク先の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

スクリプトでWindowsのISOファイルを作る

▶︎ Windowsの「ファイルエクスプローラー」を起動して、スクリプト「uup_download_windows.cmd」を表示します。

ちなみに、以下の図では拡張子「.cmd」が表示されていますが、使ってるWindowsの環境によっては表示されない場合もあります。

Windows ファイルエクスプローラー

▶︎ スクリプト「uup_download_windows.cmd」を右クリックして表示されるメニューから、「管理者として実行」をクリックします。

Windows ファイルエクスプローラー 右クリックメニュー 管理者として実行

▶︎ 図のように実行の確認画面、「ユーザーアカウント制御 このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」が表示されたら、ボタン「はい」をクリックします。

Windows ユーザーアカウント制御

▶︎ 図のように背景が黒色のスクリプトの実行画面が表示されたら、スクリプトが完了するまで待ちます。

完了するまでには数十分かそれ以上かかるので、他の作業をするなどして待ちます。

Windows スクリプト実行画面

▶︎ スクリプトの実行が完了すると、画面の更新が止まって、末尾に次の文字が表示されます。

Press 0 to exit.

表示されたら、キーボードで数字のゼロ0を押して、この画面を閉じます。

Windows スクリプト実行画面

▶︎ スクリプトが含まれるフォルダ内をみると、ファイルサイズが数GB以上の拡張子ISOファイルが作成されています。

ISOファイルの作成は以上です。

Windows ファイルエクスプローラー WindowsインストールISOファイル
スポンサーリンク

まとめ

このページで書いた方法がうまくいかない場合は、以下の2つの記事でISOファイルを作成する方法を紹介しているのでご覧ください。

「https://uup.rg-adguard.net/」という類似のサイトで、Windows用スクリプトを使った方法

以下の記事はMac上で行う方法ですが、Macの環境を持っている方は試してみてください。

「UUP dump」のMac用スクリプトを使った方法

コメント

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました