AppleシリコンMac(M1 Macなど)がリカバリモードで起動しないときは、「フォールバック・リカバリ・OS」を試そう

救急車のアイコン
更新日:2021年04月17日
この記事は約3分で読めます。

AppleシリコンMacでは、「リカバリモード」が起動できないときのための予備の起動方法として「フォールバック・リカバリ・OS(Fallback Recovery OS)」の機能があります。

このページでは、起動方法やリカバリモードとの違いについてを、図解を使いながら説明します。

このページは、次の方向けに書いています
  • AppleシリコンMacがリカバリモードで起動できなくて困っている人

「フォールバック・リカバリ・OS」とは何か?

AppleシリコンMacでは、Macが起動しないときや起動ドライブを変更するときのために「リカバリモード」があります。

しかし、なんらかの問題があって「リカバリモード」が起動しない場合には、「フォールバック・リカバリ・OS」から起動できるようになっています。

「リカバリモード」と「フォールバック・リカバリ・OS」の違い

比較できる表にまとめました。

起動した画面では両者とも違いがありませんが、「起動セキュリティユーティリティ」が使えるかどうか、でどちらのモードで起動しているかが確認できます。

リカバリモード フォールバック・リカバリ・OS
起動方法 電源ボタン長押し 電源ボタンを素早く2回押して、
2回目のときは長押ししたままにする
使える機能の制限 なし 「起動セキュリティユーティリティ」
は使えない
起動できる条件 なし 最低1回以上のOSアップデートを
していないと使えない
(Macを買ってきた初期状態
では使えない)

 

「フォールバック・リカバリ・OS」の起動方法

比較する表のところにも書きましたが、図解で説明します。

また、本当に「フォールバック・リカバリ・OS」で起動できたか、を確認する方法も説明します。

 

▶ まず、Macはシャットダウンして、完全に電源が落ちた状態にしてください。

MacBook Pro

 

▶ 次に電源を入れますが、MacBook Air/Proの場合はキーボード右上の「電源スイッチ&Touch IDボタン」を2回素早く押して、2回目のときにボタンを押し続けます。

Mac miniの場合は、本体裏の「電源スイッチ」を同様に行います。

【MacBook Air/Pro】

MacBook電源ボタン

【Mac mini】

Mac mini電源ボタン

 

 

 

▶ 図のように歯車のアイコンの「オプション」が表示されたら「電源スイッチ&Touch IDボタン」や「電源スイッチ」から指を離します。

さらに、「オプション」をクリックして表示される「続ける」をクリックします。

AppleシリコンMacのリカバリ画面

 

▶ 図のように「復旧」の画面が表示されたら、本当に「フォールバック・リカバリ・OS」で起動できているかを確認します。

AppleシリコンMacの復旧画面

 

▶ 図のように、メニューバーの「ユーティリティ」から「起動セキュリティユーティリティ」を選択します。

Mac「起動セキュリティユーティリティ」

 

▶ 図のように「セキュリティ設定を変更できません」といったエラー画面が表示されたら、「フォールバック・リカバリ・OS」 で起動できています。

Mac「起動セキュリティユーティリティ」

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました