MacとWindowsの「パーティションマップ形式」「ファイルフォーマット形式」対応表

デスクトップ
この記事は約5分で読めます。

Macについては、インテルMac・Power PC MacのOS 9以降の全てのOSバージョン、WindowsはXp以降の全てのOSバージョン(64ビット版/32ビット版)が、一覧で見られます。

HDDやUSBメモリのフォーマットをするときに、Mac/Windowsの両方でアクセスできる形式を決めるときに使ってください。

 

スポンサーリンク

パーティションマップ形式

かわうそ君
かわうそ君

いろいろごちゃごちゃ書いてるけど、インテルMacやWindows Vista以降なら、「GUID(=GPT)」で問題ないよ。
ただし、スマホやデジカメで使うときは「MBR」ってところだけ注意!

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

それと、2TBまでの外付けのHDDを買ったばっかりのときは、たいてい「MBR」になっている。
もちろんそのままでも使えるけど、インテルMacやWindows Vista以降でしか使わないなら、「GUID(=GPT)」に変更しておくことをオススメする。

各パーティションマップ形式の特徴や制限

特に注意したほうがいい部分には、赤線を引いています

GUID(=GPT)

  • 全般
    • MacではGUID、WindowsではGPTと呼ばれるが、同じもの
    • 後からパーティションを追加・削除・サイズ変更ができる
    • 使用するディスクのサイズ上限は2TB超えて事実上無制限
    • ファイルサイズ上限は事実上無制限
    • 古い外付けHDDケースでは対応していない場合がある
  • Mac
    • インテルMacで起動ディスクではGUID必須
    • APFSを使うにはGUIDが必須
    • Power PC Macでデータディスクとして対応しているのは10.4.x Tiger 〜 10.5.x Leopardのみ
    • Power PC Macで起動ディスクには使えない
  • Windows
    • Windowsでデータディスクとして対応しているのは32ビット版Vista以降と64ビット版Xp以降
    • Windowsで起動ディスクに使えるのは64ビット版のVista SP1以降から
  • その他
    • スマホやデジカメのSDメモリには使えない

 

Appleパーティションマップ

  • 全般
    • 後からパーティションを追加・削除・サイズ変更ができない
    • 作成できるパーティションは4つまで
    • 使用するディスクのサイズ上限は2TBまで
    • 保存できるファイルのサイズは4GBまで
  • Mac
    • インテルMacで起動ディスクには使えない(OS X 10.5 Leopard除く)
    • インテルMacでデータディスクとして使えるが、APFSは使えない
    • Power PC Macで起動ディスクではAppleパーティションマップ必須
  • Windows
    • Windowsでは使えない
  • その他
    • スマホやデジカメのSDメモリには使えない

 

MBR

  • 全般
    • 後からパーティションを追加・削除・サイズ変更ができない
    • 作成できるパーティションは4つまで
    • 使用するディスクのサイズ上限は2TBまで
    • 保存できるファイルのサイズは4GBまで
  • Mac
    • インテルMac & Power PC Macの起動ディスクには使えない
    • APFSは使えない
    • HFS+の暗号化オプションは設定できない
  • Windows
  • その他
    • スマホやデジカメのSDメモリや2TB以下のHDDの標準形式

 

インテルMac

バージョンGUID
(=GPT)
Apple
パーティション
マップ
MBR
10.6.x
Snow Leopard
・起動ディスク
・データディスク
・データディスク・データディスク
10.5.x Leopard
(注1)
・起動ディスク
・データディスク
・起動ディスク
・データディスク
・データディスク
10.4.x Tiger・起動ディスク
・データディスク
・データディスク・データディスク
End of list
(注1:インテルMacの10.5では、ユニバーサル起動ディスクとして、Appleパーティションマップでも起動可能、らしい)

Power PC Mac

バージョンGUID
(=GPT)
Apple
パーティション
マップ
MBR
10.4.x Tiger

10.5.x Leopard
・データディスク・起動ディスク
・データディスク
・データディスク
10.0.x Cheetah

10.3.x Panther
-・起動ディスク
・データディスク
・データディスク
OS 9-・起動ディスク
・データディスク
・データディスク
End of list
-:対応していない

Windows

バージョンGUID
(=GPT)
Apple
パーティション
マップ
MBR
64ビット版
10/8.1/8/7/Vista Sp1
・起動ディスク
・データディスク
-・起動ディスク
・データディスク
64ビット版
Vista/Xp
・データディスク-・起動ディスク
・データディスク
32ビット版
10/8.1/8/7/Vista
・データディスク-・起動ディスク
・データディスク
32ビット版
Xp
--・起動ディスク
・データディスク
End of list
-:対応していない
スポンサーリンク

ファイルフォーマット形式

かわうそ君
かわうそ君

ファイルフォーマット形式は、いっぱいあってわかりにくいね〜

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

MacとWindowsのどっちでも読み書きできるのは「exFAT」の一択しかない。
Windowsだけで使うなら、データ破損に強い「NTFS」一択。
Macだけで使うなら「HFS+」か「APFS」。
「APFS」の方が新しくてデータ破損に強くて柔軟にパーティション設定できるけど、考え方や使い方に慣れてないとつらいかも。
だから、最初は「HFS+」を使って、慣れてきてチャレンジしたくなったら「APFS」でいいかな。

各ファイルフォーマット形式の特徴や制限

APFS

  • macOS 10.13 High Sierraから段階的に導入
  • GUIDパーティション必須
  • 1つの物理的なパーティションの中に、複数の論理パーティションを作成可能
  • 上記の特徴により、論理パーティション間で空き容量の共有が可能
  • さらに、論理パーティションを柔軟に追加・削除することが可能

 

HFS+(Mac拡張フォーマット)

  • 1998年のMac OS 8.1から導入されて、2020年最新のmacOS 11.0 Big Surまで読み書きできて対応範囲が広い

 

HFS(Mac標準フォーマット)

  • Mac OS 10.5 Leopardまでは読み書き可能、10.11 El Capitanまで読み込みのみ可能で、現在では古いデータの読み出し以外使うことはない

 

exFAT

  • FAT(FAT32)の後継として作られたので、4GB以上のファイルも保存可能
  • MacやWindowsの起動パーティションには使えず、データ保存専用

 

FAT(FAT32)

  • ファイルサイズ上限は4GBまで
  • MacやWindowsの起動パーティションには使えず、データ保存専用

 

NTFS

  • Windows Xp以降の標準フォーマット
  • Windows Xp以降の起動パーティションに使用可能で、データ保存用パーティションにも使える
  • MacではOS X 10.3 Panther以降で読み出しのみ可能

 

インテルMac & Power PC Mac

RW:読み書き可能
R:読み込み可能&書き込み不可
-:認識しない
(注1:Mac mini Mid 2010、iMac Mid 2010の10.6.4含む)
バージョンAPFSHFS+
(Mac拡張
フォーマット)
HFS
(Mac標準
フォーマット)
exFATFAT
(AT32)
NTFS
11.0.x Big SurRWRW-RWRWR
10.15.x CatalinaRWRW-RWRWR
10.14.x MojaveRWRW-RWRWR
10.13.x High SierraRWRW-RWRWR
10.12.x Sierra-RW-RWRWR
10.11.x El Capitan-RWRRWRWR
10.10.x Yosemite-RWRRWRWR
10.9.x Mavericks-RWRRWRWR
10.8.x Mountain Lion-RWRRWRWR
10.7.x Lion-RWRRWRWR
10.6.5〜10.6.8
Snow Leopard
(注1)
RWRRWRWR
10.6〜10.6.4
Snow Leopard
-RWR-RWR
10.5.x Leopard-RWRW-RWR
10.4.x Tiger-RWRW-RWR
10.3.x Panther-RWRW-RWR
10.2.x Jaguar-RWRW-RW-
10.1.x Puma-RWRW-RW-
10.0.x Cheetah-RWRW-RW-
OS 9.x-RWRW-RW-
End of list

Windows

Windowsでは全バージョンで、「APFS」「HFS+(Mac拡張フォーマット)」「HFS(Mac標準フォーマット)」は使えません。

RW:読み書き可能
R:読み込み可能&書き込み不可
-:認識しない
(注1:XpはパッチKB955704適用後にexFATがRWになるが、現在はパッチ入手不可)
バージョンexFATFAT
(AT32)
NTFS
10/8.1/8/7/
Vista SP1
(注1)
RWRWRW
Vista/Xp-RWRW
End of list

コメント

タイトルとURLをコピーしました