iCloudドライブ上のファイルにアクセスして表示・編集・管理する方法

iCloud Eye
更新日:2022年06月20日
この記事は約5分で読めます。

iCloudドライブで、ファイルの内容を表示したり、編集する方法を図解入りで説明します。

iCloudドライブでは、同一のApple IDでログインしているデバイス間では自動的にデータの同期が行われています。

自動的にデータの同期が行われるのは、Mac・iPhone・iPod Touch・iPad・WIndowsです。

デバイスによる、iCloudドライブ上のファイルの取り扱いについて

以下の一覧のように、使っているデバイスによって、ファイルの取り扱い(ファイル管理)の方法が異なります。

デバイスファイル管理方法備考
MacFinder最初からOSと統合されている
iPhone・iPod Touch・iPadアプリ「ファイル」最初からOSと統合されている
Windowsファイルエクスプローラーアプリ「iCloud」のインストール必須
Android・ChromeOSiCloud.comにアクセスして使用

MacとWindowsは、それぞれの純正ファイル管理ツールの「Finder」と「ファイルエクスプローラー」を使います。

ただし、Windowsではアプリ「iCloud」の追加インストールが必須となります。

まだインストールしていない場合は、以下の記事を参考にして設定をしてください。

iCloudドライブ上のファイルを表示・編集・管理する方法

MacでiCloud上のファイルにアクセスする方法

▶︎ MacのFinderを前面に表示して、サイドバーから「iCloud Drive」と表示された項目を探してクリックします。

Mac Finder

▶︎ FInderの右画面に「iCloud Drive」の中身が表示されます。

ここに表示されたファイルは、普通にMac内蔵ドライブなどに保存したファイルと同様に、ダブルクリックすると紐づけられたアプリで表示や編集が可能です。

ここで編集した内容は、iCloudドライブが有効化されたデバイス間で全て自動的に同期されます。

Mac Finder

▶︎ MacでiCloud Driveのファイルにアクセスする方法は以上です。

iPhone・iPod Touch・iPadでiCloud上のファイルにアクセスする方法

▶︎ iPhoneの純正アプリ「ファイル」を起動します。

iPhone アプリ「ファイル」

▶︎ アプリ「ファイル」が起動したら、画面下のアイコン「ブラウズ」をタップします。

iPhone アプリ「ファイル」

▶︎ 項目「場所」のリストの中から、「iCloud Drive」をタップします。

iPhoneアプリ「ファイル」

▶︎ 画面に「iCloud Drive」が切り替わってファイルやフォルダの一覧が表示されたら、ここからファイルをタップして紐づけられたアプリが起動して内容が表示・編集ができます。

ここで編集した内容は、iCloudドライブが有効化されたデバイス間で全て自動的に同期されます。

iPhone アプリ「ファイル」

▶︎ iPhone・iPod Touch・iPadでiCloud Driveのファイルにアクセスする方法は以上です。

WindowsでiCloud上のファイルにアクセスする方法

▶︎ Windowsのファイルエクスプローラーを起動して、サイドバーから「iCloud Drive」と表示された項目を探してクリックします。

Windows ファイルエクスプローラー

▶︎ 画面に「iCloud Drive」が切り替わってファイルやフォルダの一覧が表示されたら、ここからファイルをタップして紐づけられたアプリが起動して内容が表示・編集ができます。

ここで編集した内容は、iCloudドライブが有効化されたデバイス間で全て自動的に同期されます。

Windows ファイルエクスプローラー

▶︎ WindowsでiCloud Driveのファイルにアクセスする方法は以上です。

Android・ChromeOSなどで、Webブラウザを使ってiCloud上のファイルにアクセスする方法

▶︎ 以下のリンクをクリックして、iCloudの公式サイトにログインします。

▶︎ ログインしたら、アイコン「iCloud Drive」をクリックします。

iCloud.com 公式サイト

▶︎ 「iCloud Drive」の画面に切り替わったら、ダブルクリックするとWeb画面で表示や編集が可能な場合は表示され、Web画面で表示できない場合はダウンロードの画面が表示されます。

アップル純正アプリ「Numbers」「Pages」「Keynote」のファイルについては、Web版の画面が表示されます。

ダウンロードして編集したファイルは、アップロードすると上書き保存されます。

ここで編集や更新やアップロードした内容は、iCloudドライブが有効化されたデバイス間で全て自動的に同期されます。

iCloud.com 公式サイト iCloudドライブ

Android・ChromeOSなどで、Webブラウザを使ってiCloud上のファイルにアクセスする方法は以上です。

まとめ

iCloudドライブのファイルを表示・編集する方法を紹介しました。

アップルのデバイスとWindowsではOSと統合されて使いやすい方法がありますが、AndroidやChromeOSではWebブラウザを使ってiCloud.comにアクセスする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました