iCloudドライブをオフにするとどうなる?メリット・デメリットとやり方を紹介

iCloud Switch
更新日:2022年06月15日
この記事は約5分で読めます。

アップルのクラウドストレージサービス、iCloudドライブをオフにするとどうなるか、影響を受けるサービスはあるか、オフにするメリット・デメリットとあわせて、設定方法を紹介します。

iCloudドライブについてあまり知らない場合は、以下のリンク先をご覧ください。

iCloud写真など、iCloudドライブをオフにして影響を受けるサービスはあるか?

「iCloud写真」「iCloudバックアップ」「iCloudメール」の機能は、iCloudドライブをオフにしても影響は受けません。

「iCloud写真」とは、アップルのデバイス間で写真・動画を同期して、iCloudのストレージ領域でバックアップを取る機能です。

「iCloudバックアップ」とは、iPhone・iPadをiCloudのストレージ領域でバックアップを取る機能です。

「iCloudメール」とは、Apple IDを新規作成したときに付与されるメールアドレスです。

基本的には、「〜@icloud.com」というメールアドレスです。

ただし、iCloudの前身の「iTools」「.Mac」「MobileMe」時代から使っているユーザは「〜@mac.com」「〜@me.com」といったメールアドレスです。

iCloudドライブをオフにした場合のメリット・デメリット

メリット

  • デバイス内のローカルストレージのiCloudドライブの領域が節約できる
  • クラウド上のiCloudストレージの保存領域が節約できる

デメリット

  • ローカルストレージとクラウド上のiCloudドライブ領域に保存しているファイルは、すべて削除される
  • アップルのデバイス間でのファイル同期ができなくなる
かわうそ君
かわうそ君

ここまでを見ると、iCloudドライブをオフにするメリットがあまり感じられないんだけど。。。

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

そうだね。

普通に使う限り、iCloudドライブをオフにするメリットより、デメリットの方が大きい。

考えられるパターンとしては、iPhoneやiPadを人から借りたり仕事用のテスト機として使うなど、一時的に使う場合が考えられる。

かわうそ君
かわうそ君

それは、かなりイレギュラーなパターンだな〜。

iCloudドライブのオフは、あまり考えなくて良さそうだな。

iCloudドライブをオン・オフにする方法

Mac

以下の画面のスクリーンショットは、macOS 12 Montereyを使用しています。

macOSのバージョンによって、画面の表示内容が異なる場合があります。

▶︎ Finderを前面に表示して、フォルダ「アプリケーション」の中にある、アプリ「システム環境設定」を起動します。

Mac システム環境設定

▶︎ 「システム環境設定」が起動したら、アイコン「Apple ID」をクリックします。

Mac システム環境設定

▶︎ 画面が「Apple ID」に切り替わったら、左の列から「iCloud」をクリックします。

Mac システム環境設定 Apple ID

▶︎ 画面の右側に設定項目が表示されるので、「iCloud Drive」にチェックを入れると、iCloudドライブでMac内蔵ドライブがクラウド経由で同期されるようになります。

チェックを外すと、iCloudドライブの機能が無効になります。

Mac システム環境設定 Apple ID

iPhone・iPad

以下の画面のスクリーンショットは、iPhoneのiOS 15を使用しています。

iPadのiPadOSでも画面の構成は基本的には同じなので、同様に設定ができます。

ただし、iOSやiPadOSのバージョンによって、画面の表示内容が異なる場合があります。

▶︎ アップル純正アプリ「設定」を起動します。

iPhone 設定アプリ

▶︎ アプリ「設定」が起動したら、画面一番上のApple IDの部分をタップします。

iPhone 設定アプリ

▶︎ 画面がApple IDの設定に切り替わったら、項目「iCloud」をタップします。

iPhone 設定アプリ Apple ID

▶︎ 画面が「iCloud」の設定に切り替わったら、項目「iCloud Drive」をオンにすると、iCloudドライブの同期が有効になります。

オフにすると、同期が無効になります。

iPhone 設定アプリ Apple ID ICloudドライブ

Windows

以下の画面のスクリーンショットは、Windows 11 Homeを使用しています。

Windowsのバージョンやエディション(Home/Pro/Enterprise/Education)によって、画面の表示内容が異なる場合があります。

Windowsでは、専用のiCloudアプリをインストールする必要があります。

まだインストールしてない場合は、以下のリンク先を参考に設定してください。

▶︎ Windowsの「スタート」メニューを表示して、「iCloud」を起動します。

Windows スタートメニュー iCloud

▶︎ iCloudアプリの設定画面が表示されたら、項目「iCloud Drive」にチェックが入っていることを確認してから、画面下部のボタン「適用」をクリックすると、iCloudドライブの同期が有効になります。

チェックを外してからボタン「適用」をクリックすると、無効となります。

Windows アプリ「iCloud」

まとめ

アップルのクラウドストレージサービス、iCloudドライブをオフにするとどうなるか、オフにするメリット・デメリットとあわせて、設定方法を紹介しました。

基本的には、iCloudをオフにするデメリットが多いので、特別な理由がない限りオンの状態にして使いましょう。

最後に、iCloudについての関連記事を以下から見られるので、よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました