MacBookのSDカードスロットにツライチのアダプタ使用

Micro SD デスクトップ
この記事は約4分で読めます。

2013年の古いMacBook ProにSDカードスロットがあるので、AmazonでツライチのSDカードアダプタを買って取り付けてみました。

取り付けてみたレビューを写真付きで紹介します。

MacBook Pro 15 Late 2013の情報

 

スポンサーリンク

今回買ったSDカードアダプタの紹介

今回取り付けたのは、以下のSDカードアダプタです。

使っていないマイクロSDカードを使い回すのにちょうど良いです。

上記のアダプタは、MacBook Pro (Retina) 15インチのLate 2013/Mid 2014/Mid 2015専用です。

一昔前のMacBook Pro 15インチ/13インチとMacBook Air 13インチにはSDカードスロットがついていますが、スロットの深さが違うので専用品を買わないとはみ出したり奥に引っ込んでしまいます。

よって、似たようなアダプタがAmazonに多数ありますが、自分の使っているMacBookに合ったものを間違えずに買わなければなりません。

以下、今回買った「iSlice」というブランドの機種ごとのSDアダプタです。

  • MacBook Air 13インチ
    • Late 2010
    • Mid 2011
    • Mid 2012
    • Mid 2013
    • Early 2014
    • Early 2015
    • 2017

手元に余分なマイクロSDカードがないときは、以下のようなメモリ内蔵の商品もあります。

 

スポンサーリンク

取り付けてみた結果をレビュー

アダプタの外観・取り付けた様子

右の通常サイズのSDカードや、左下のマイクロSDカードと比較して、左上のMacBook用SDカードアダプタのサイズがわかると思います。

SDアダプタのサイズ比較

 

マイクロSDカードを図のようにセットします。

SDアダプタにメモリをセット

 

MacBook ProのSDカードスロットにググっと押し込みます。

結構力を入れないと、中に入って行きません。

ちなみに、取り外すときは、写真に写っている右の溝の部分にヘラなどを差し込んで少しずつ引き出します。

取り外すときは差し込むときの何倍も難しいので、ひんぱんに抜き差しする用途には全く向いていません。

MacBook ProのSDアダプタをセットしたところ

 

MacBook Proにセットすると、図のようにピッタリ(いわゆるツライチ)で、全くはみ出していません。

MacBook ProのSDアダプタをセットしたところ

 

BlackMagicでRead/Write速度の計測

Macの有名なディスクスピード計測ソフトの「Blackmagic Disk Speed Test」で測ってみました。

‎Blackmagic Disk Speed Test
‎Disk Speed Test is an easy to use tool to quickly measure and certify your disk performance for working with high quality video! Simply click the start button ...

READはそこそこの速度が出ていますが、WRITEが絶望的に低いですね。

Class10、UHS-IのSDカードなので、まあこんなものでしょう。

Blackmagic Disk Speed Test

比較対象として、以下の1TBのNVMeに載せ替えた内蔵SSDの速度も載せておきます。

Blackmagic Disk Speed Test

 

どんな使い方が向いているのか?

2015年までのMacBook Proと2017年までのMacBook Airは、内蔵SSDがハンダ付けされていないので、以下のようなアダプタ(通称ゲタ)を使って換装できます。

優先順位から言うと、まずは内蔵SSDを換装したほうが速度的に有利です。

しかし、

  • 既に換装したが容量がまだ足りない
  • SSDに入れておくほどでもないが保存しておきたいデータがある
    • たとえばダウンロードしたデータやISOやdmgのイメージファイル
  • SSDの換装はやりたくない

といった場合には、今回紹介したようなSDカードアダプタはオススメします。

マイクロSDは、そこらへんに転がっている人も多いでしょうから、実質2,000円ちょっとの追加投資で内蔵ドライブが増やせるのは良いのではないでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました