【まとめ】MacとiPadのSidecar機能

サイドカーの写真
この記事は約1分で読めます。

サイドカーの写真

MacとiPadでSideCar機能を使うときのノウハウをまとめました。

対応機種や基本的な使い方から、トラブル対処法、SideCarの代替アプリまで紹介しています。

Sidecarの基本的な使い方
MacとiPadで初めてSidecarを使う人向けに、基本的な使い方を、わかりやすく動物キャラの会話形式で紹介します。 Sidecarとは、iPadの画面を使ってMacのマルチディスプレイを実現する機能のことです。
MacとiPadの、Sidecar対応機種の調べ方と一覧
macOS CatalinaとiPadOS 13から使えるようになった「Sidecar」ですが、対応しているMacとiPadの調べ方と、対応機種の一覧を紹介します。 対応OSが入っているだけでなく、対応機種でないと「Sidecar」は使えません。
Sidecarが使えないときの対処方法
MacとiPadでSidecarが使えないときの原因と対処方法を、図解入りで詳しくまとめました。また、使用中のSidecarがWi-Fi接続かUSB接続かを調べる方法も紹介します。
MacとiPad/iPhoneのUSB接続時の「信頼の設定」
iPhone/iPadとMacをUSB接続してバックアップしたり、Sidecarを使うためには、「信頼の設定」という設定をする必要があります。このページでは、設定とリセットの両方の手順を図解入りでわかりやすく説明します。
Sidecar未対応のMacを強制対応してみた結果...
macOS 10.15 Catalinaから導入されたSidecarはiPadが外部ディスプレイとして使えますが、比較的最近のMacでないと対応していません。 ネットで検索すると強制的に対応させる方法がいくつか見つかるので、実際に実験してみた結果を紹介します。
Mac mini起動時にiPadをSidecarで自動的に接続
Sidecar機能を使い、iPad1台だけでMac miniのディスプレイにする方法を紹介します。 通常はSidecarはセカンドディスプレイにしか設定できませんが、Mac起動時にAppleScriptを自動実行してiPadに接続します。
このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました