Macの「メモ」のロック機能を使う

Apple Notes Lock
更新日:2021年09月13日
この記事は約6分で読めます。

Macの「メモ」アプリのロック機能の使い方について、図解も使いながら詳しく説明します。

ロック機能を使うにあたっての注意点や、パスワードを忘れた場合の対処法も合わせて説明します。

なお、以下の説明は次の環境で行っています。

macOSのバージョンによっては多少違いがありますので、あらかじめご了承ください。

  • macOS Big Sur 11.5.2

「メモ」のロック機能とは?

メモのロック機能とは、あらかじめ設定したパスワードで内容を保護して、表示するためにはパスワードまたはTouch IDが必要なセキュリティ機能です。

特徴を表にまとめると、次のようになります。

内容 説明
ロックの対象
  • iCloudアカウント
  • “このMac内”アカウント

(iCloud以外のインターネット
アカウントは対象外に注意)

以下の図も参照

ロックの設定方法
  • 個別のメモ単位で設定
    (複数まとめてとかフォルダごとは
    できない)
内容の表示・非表示の切り替え
  • 同一アカウント内で一括して切り替え
自動非表示
  • アプリ「メモ」再起動時
  • Macのシャットダウンやスリープ時
  • 7-8分放置後
パスワードの管理方法
  • 同一アカウントは共通のパスワードを使
  • パスワードを忘れたときはリセット可能

以下の図は、◯が「iCloudアカウント」と「”このMac内”アカウント」で、この2つはロック機能が使えます。

一方、✕が付いた「iCloud以外のインターネットアカウント(以下の図ではGoogleアカウントと個人ドメイン)」は、ロック機能が使えません。

Macの「メモ」アプリの基本画面

 

メモにロックを設定する

▶ アプリ「メモ」で、ロックを設定したいメモを選択します。

 

▶ メモにロックを設定するには、次の3つのいずれかの操作を行います。

①. ツールバーから、「メモをロック」のアイコンをクリックする

Macの「メモ」で、ツールバーから「メモをロック」

②. 右クリックメニューから、「メモをロック」を選ぶ

Macの「メモ」で、右クリックメニューから「メモをロック」

③. メニューバーから、「ファイル」-「メモをロック」を選ぶ

Macの「メモ」で、メニューバーから「ファイル」-「メモをロック」

 

▶ メモにロックを設定するときの画面は、Touch ID搭載のMacと非搭載では多少異なりますが、画面の指示に従って設定します。

なお、一番最初にメモのロック機能を使う場合は、このときに入力したパスワードが今後もメモのロックのパスワードとして使われます。

Touch ID搭載Macの画面

Macの「メモ」のロック設定画面

非搭載Macの画面

Macの「メモ」のロック設定画面

 

▶ ロックが設定されたメモは、メモ一覧にカギ型のアイコンが表示されます。

このままではメモは表示されたままなので、非表示にしたい場合は次の「ロックが設定されたメモを非表示にする」に進んでください。

リスト一覧表示の画面

Macの「メモ」の基本画面で、リスト一覧表示

アイコン一覧表示の画面

Macの「メモ」の基本画面で、アイコン一覧表示

 

ロックが設定されたメモを非表示にする

▶ ロックが設定されたメモを非表示にするには、次の2つのいずれかの操作を行います。

①. ツールバーから、「ロックされたメモをすべて閉じる」をクリックする

Macの「メモ」で、ツールバーから「ロックされたメモをすべて閉じる」

②. メニューバーから、「メモ」-「ロックされたメモをすべて閉じる」を選ぶ

Macの「メモ」で、メニューバーから「メモ」「ロックされたメモをすべて閉じる」を選ぶ

 

▶ メモを非表示にすると、カギ型のアイコンがロックが掛かった状態に変わって、メモ一覧ではタイトルのみ表示されて内容は見れない状態になります。

リスト一覧表示の画面

Macの「メモ」で、リスト一覧表示でロック非表示の状態

アイコン一覧表示の画面

Macの「メモ」で、アイコン一覧表示でロック非表示の状態

 

ロックが設定されたメモを表示する

▶ ロックが設定されたメモを表示するには、ロックが設定されて非表示になっているメモのどれかを選択します。

Macの「メモ」で、ロック非表示の画面

 

▶ 画面に「このメモはロックされています」と表示されるので、Touch IDを使うか、パスワードを入力します。

Touch ID搭載Macの画面

Macの「メモ」で、Touch IDまたはパスワードの入力

非搭載Macの画面

Macの「メモ」で、パスワードの入力

 

▶ ロックが設定されて非表示になっていたメモが、全て表示されます。

Macの「メモ」で、ロック設定のメモが表示された状態

 

メモのロックを解除する

▶ アプリ「メモ」で、ロックを解除したいメモを選択します。

Macの「メモ」で、ロック非表示の画面

 

▶ メモのロックを解除するには、次の3つのいずれかの操作を行います。

①. ツールバーから、「ロックを解除」のアイコンをクリックする

Macの「メモ」で、ツールバーから「ロックを解除」

②. 右クリックメニューから、「ロックを解除」を選ぶ

Maccの「メモ」で、右クリックメニューから「ロックを解除」

③. メニューバーから、「ファイル」-「ロックを削除」を選ぶ

Macの「メモ」で、メニューバーから「ファイル」-「ロックを削除」

 

▶ ロックを解除するときの画面は、Touch ID搭載のMacと非搭載では多少異なりますが、画面の指示に従って操作します。

ちなみに、Touch ID非搭載Macの画面のメッセージで「このメモをロックするには…」と表示されますが、これは表示のミス(バグ)です。

この表示が出ても、ちゃんとロックの削除はできます。

Touch ID搭載Macの画面

Macの「メモ」で、パスワードを解除する画面

非搭載Macの画面

Macの「メモ」で、パスワードを解除する画面

 

パスワードを変更する

▶ アプリ「メモ」で、メニューバーから「メモ」-「環境設定…」を選択します。

Macの「メモ」で、メニューバーから「メモ」-「環境設定...」

 

▶ 「環境設定」の画面が表示されたら、まず①で「ロックされたメモ」の項目でパスワード変更するアカウント(iCloudアカウントか、”このMac内”アカウントか)を選んで、次に②でボタン「パスワードを変更…」をクリックします。

Macの「メモ」で、パスワードの変更

 

▶ パスワード変更画面が表示されたら、各項目を入力して、最後にボタン「パスワードを変更」をクリックします。

Macの「メモ」で、パスワードの変更

以上で設定は完了です。

 

パスワードを忘れたときにリセットする

▶ アプリ「メモ」で、メニューバーから「メモ」-「環境設定…」を選択します。

Macの「メモ」で、メニューバーから「メモ」-「環境設定...」

 

▶ 「環境設定」の画面が表示されたら、まず①で「ロックされたメモ」の項目でパスワードをリセットするアカウント(iCloudアカウントか、”このMac内”アカウントか)を選んで、次にボタン「パスワードをリセット…」をクリックします。

Macの「メモ」で、パスワードの変更

 

▶ 「パスワードをリセットしますか?という画面が表示されたら、ボタン「OK」をクリックします。

Macの「メモ」で、パスワードの変更

 

▶ もしも、メモが「ローカルアカウント」ならば、ここで設定は終了ですが、「iCloudアカウント」の場合は、iCloudのIDとパスワードを確認する画面が表示されます。

その場合は、画面に従って操作を進めます。

Macの「メモ」で、パスワードの変更

以上で設定は完了です。

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました