Macをスリープさせない方法

覚醒Awakening
更新日:2021年09月15日
この記事は約6分で読めます。

Macのディスプレイや本体をスリープしないようにする方法を紹介します。

Macの標準機能だけでやる方法の他に、アプリを使ったりターミナルでコマンドを実行する方法がありますが、図解入りでくわしく説明します。

 

Macのスリープ設定の種類

Macでスリープ設定できる対象は、次の3種類があります。

スリープ設定の対象 ディスプレイ ハードディスク Mac本体
①ディスプレイ
②ハードディスク
③Mac本体

スリープ設定では、一定時間ののちにスリープさせたり、スリープ禁止とすることができます。

このページでは、スリープ禁止とする方法をいくつか紹介します。

また、各スリープ対象をスリープ禁止とするには、次の方法があります。

スリープ禁止の対象 前提条件 方法
①ディスプレイ 特定のアプリ使用中に
禁止したいとき
ファイルダウンロード
中に禁止したいとき
全体的に設定
したいとき
②ハードディスク
③Mac本体 Mac全体の機種が対象
MacBook系で
画面を閉じない時に
スリープ禁止
MacBook系で
画面を閉じた時でも
スリープ禁止

 

A) 「システム環境設定」を使う

Macでスリープの設定をするには、「システム環境設定」で行いますが、大きく分けて次の2パターンがあります。

A)-1. macOS 10.15.5 Catalina以降の、Thunderbolt 3搭載のMacBook系の設定方法

▶ 「システム環境設定」から「バッテリー」のアイコンをクリックします。

Macの「システム環境設定」

 

▶ 「バッテリー」に切り替わったら、画面の左下にあるリスト「バッテリー」「電源アダプタ」をクリックすると、それぞれで設定が可能です。

リスト「バッテリー」

Macの電源管理

リスト「電源アダプター」

Macの電源管理

 

▶ 以下は、それぞれの設定項目の説明です。

項目 説明
ディスプレイをオフにするまでの時間
  • ディスプレイをオフにするまでの時間を設定
  • 右端の「しない」に設定すると、
    ディスプレイをオフにしない
ディスプレイがオフのときに
コンピュータを自動でスリープさせない
  • 「電源アダプタ」駆動時のみ設定可能
  • ディスプレイがオフになってしばらくたつと
    Mac本体をスリープさせる

 

A)-2. それ以外の設定方法

以下の説明では、macOS 10.15 Catalina、MacBook Pro 15 Late 2013のスクショを使います。

macOSのバージョンやMacの機種によって多少の違いはありますが、大まかな構成は一緒です。

(確認した範囲の、Mac OS X 10.7 Lion以降〜macOS 11.0 Big Surでは、ほぼ同じでした。)

▶ 「システム環境設定」から「省エネルギー」のアイコンをクリックします。

Macの「システム環境設定」

 

▶ 「省エネルギー」に切り替わったら、必要な項目を設定します。

なお、MacBook系の場合は画面上部に「バッテリー」と「電源アダプタ」と2つのタブがありますので、それぞれで設定を行います。

タブ「バッテリー」

Macの電源管理

タブ「電源アダプタ」

Macの電源管理

 

一方、iMac・Mac mini・Mac Proといったデスクトップ型Macの場合はバッテリを内蔵していないので、MacBook系のタブ「電源アダプタ」に相当する項目しか表示されません。

また、macOSバージョンや機種によっては、ディスプレイのスリープの設定があったり・なかったりします。

デスクトップ型Macでは、画面上部のタブはありません

Macの電源管理

 

▶ 以下は、それぞれの設定項目の説明です。

項目 説明
ディスプレイをオフにするまでの時間
  • ディスプレイをオフにするまでの時間を設定
  • 右端の「しない」に設定すると、
    ディスプレイをオフにしない
可能な場合はハードディスクを
スリープさせる
  • ハードディスクしていない状態が続くと、
    ハードディスクをスリープさせる
ディスプレイがオフのときに
コンピュータを自動でスリープさせない
  • 「電源アダプタ」駆動時のみ設定可能
  • ディスプレイがオフになってしばらくたつと
    Mac本体をスリープさせる

 

B) 複数あるスリープ制御アプリを使う

Macのスリープを一時的に禁止するアプリは、無料・有料と各種そろっています。

以下のリンク先の記事では、アプリの比較やおすすめを紹介していますので、そちらをご覧ください。

一時的にスリープ禁止/開始時間を変更するアプリ5つ紹介
Macでは標準機能でスリープに入る時間を設定できますが、一時的にスリープ禁止にしたり、スリープに入る時間を変更したい場合もあるかと思います。 この記事では、そういったニーズに対応したアプリを実際に使って比較検討しました。

 

C) ターミナルでコマンド実行する

以下のリンク先の記事で具体的な手順を紹介していますので、そちらをご覧ください。

MacBookの画面を閉じてもスリープさせない方法
MacBookでは画面を閉じると自動的にスリープになりますが、あえてスリープさせたくない場合があります。ここでは、Mac標準機能を使った方法と、アプリを使った方法の2つの手順を、図解入りでくわしく説明します。

 

D) 多機能スリープ制御アプリ「Amphetamine」を使う

アプリ「Amphetamine」は非常に多機能にもかかわらず無料のアプリです。

できることを一部ピックアップすると、次のようなことができます。

  • 例① 「システム環境設定」の設定とは別に、一時的にスリープ禁止にしたい
  • 例② 特定の時間の間、または特定の時刻まで、スリープ禁止にしたい
  • 例③ 特定のアプリ(ミュージックアプリやSpotifyその他)を使用中はスリープしない
  • 例④ ファイルのダウンロード中はスリープしない
  • 例⑤ ノート型Macで、画面を閉じたときでもスリープをしない

アプリの紹介や使い方については、以下のリンク先の記事をご覧ください。

Macのスリープ制御アプリ「Amphetamine」の使い方
Macのスリープ制御アプリ「Amphetamine」の使い方を、図解入りでわかりやすく説明します。このアプリは非常に多機能ですが、まずは基本的な使い方をマスターして、必要に応じて細かい使い方を覚えていけば、迷子にならないと思います。

 

参考資料

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました