「backupList+」のインストール方法

「backupList+」アプリアイコン
この記事は約6分で読めます。

無料のバックアップアプリ「backupList+」をMacにインストールする手順を、注意点も含めながらできるだけ詳しく図解で解説します。

 

スポンサーリンク

インストール条件

backuplist+の最新バージョンは、2020年12月12日現在、バージョン8.8です。

macOSでは、10.8 Mountain Lion以降でインストール可能です。

 

スポンサーリンク

「BackupList+」のダウンロードとインストール

  • 以下のリンクをクリックして、公式サイトを開きます。

    Rob DuToit Software - backupList+
  • 以下の図のように、公式サイトが開いたら、矢印が指し示してる最新版のファイルをクリックしてダウンロードします。

    「BackupList+」公式サイト

     

    以下の図は、矢印のあたりの拡大図です。

    「BackupList+」公式サイト

  • 以下の図のように、ファイル保存のダイアログボックスが表示されたら、①でフォルダ「ダウンロード」など適当な保存場所を指定して、②で「保存」をクリックします。

    「BackupList+」をダウンロード

  • ダウンロードが完了したら、dmg形式のファイルで保存されているので、ダブルクリックしてマウントします。

    dmgファイルをダブルクリックしてマウント

  • 以下の図のように、英語で同意書が表示されたら、「Agree」をクリックします。

    この英文には、アプリを使ったことによって何らかの損害が発生したとしても、開発元は責任を負わないので、自己責任で使って下さい、といったことが書いてあります。

    具体的な内容に興味がある人は、以下に日本語訳(Google翻訳使用)を載せておきますので、御覧ください。

    法的通知
    免責事項
    自己責任。このアプリケーションの作成者であるRobertDuToitは、この製品の使用に起因するコンピューターまたはデータへのいかなる損害についても責任を負いません。
    このソフトウェアは、著作権所有者および寄稿者によって「現状有姿」で提供され、商品性および特定目的への適合性の黙示の保証を含むがこれに限定されない、明示または黙示の保証は否認されます。いかなる場合も、著作権所有者または寄稿者は、直接的、間接的、偶発的、特別、模範的、または結果的な損害(代替商品またはサービスの調達、使用、データ、または利益の損失を含むがこれらに限定されない)に対して責任を負わないものとします。またはビジネスの中断)ただし、契約、無過失責任、または不法行為(過失またはその他を含む)にかかわらず、このソフトウェアの使用から何らかの形で生じた責任の理論に基づいて、このソフトウェアの使用から生じたものです。

     

    「BackupList+」の同意書

  • 以下の図のように、アプリ本体のアイコンが表示されたら、これをフォルダ「アプリケーション」にドラッグ・アンド・ドロップします。

    「BackupList+」のdmgイメージをマウントした状態

  • ドラッグ・アンド・ドロップをしたら、マウントされているdmgをアンマウントして下さい。

    アンマウントする方法はいくつかありますが、どれでも良いです。

    • ①デスクトップのマウントされたアイコンを右クリックして表示される項目から「”backupList+”を取り出す」を選択
    • ②Finderのサイドバーの「場所」に表示された「backupList+」の右にあるアンマウントのアイコンをクリック
    • ③「backupList+」をマウントして表示されたフォルダの下のアイコンを右クリックして表示される項目から「”backupList+”を取り出す」を選択

    以下、各方法の簡単な画面付きの説明です。

    ①デスクトップのマウントされたアイコンを右クリックして表示される項目から「”backupList+”を取り出す」を選択

    「backuplist+」のdmgイメージを右クリックで取り出す

    ②Finderのサイドバーの「場所」に表示された「backupList+」の右にあるアンマウントのアイコンをクリック

    Finderのサイドバーからアンマウント

    ③「backupList+」をマウントして表示されたフォルダの下のアイコンを右クリックして表示される項目から「”backupList+”を取り出す」を選択

    Finderのステータスバーからアンマウント

  • インストールはこここまでで完了です。

    このあとセキュリティの設定がありますが、説明が長くなるので、次の別の章で説明します。

 

スポンサーリンク

初回起動時のセキュリティの設定

セキュリティの設定は、最初の1回目だけ必要です。2回目以降は不要です。

  • Finderを前面に表示して、フォルダ「アプリケーション」の中にある「システム環境設定」をダブルクリックして起動します。

    Macの「システム環境設定」を起動

  • 「システム環境設定」が開いたら、「セキュリティとプライバシー」をクリックします。

    Macの「システム環境設定」-「セキュリティとプライバシー」

  • 以下の図のように、「セキュリティとプライバシー」の画面になったら、左下のカギ型のアイコンをクリックします。

    Macの「セキュリティとプライバシー」のロック解除

  • ロックを解除するために、Touch ID認証やパスワード入力の画面が表示されます。

    表示されたら、それぞれの方法でロック解除をします。

    MacのTouch IDの認証画面

    Macのパスワード入力画面

  • 以下の図のように、ロックが解除されたら、左の列をスクロールして「フルディスクアクセス」を探してクリックします。

    Macの「セキュリティとプライバシー」の「フルディスクアクセス」を設定

  • 右側の列の下にある「+」ボタンをクリックします。

    Macの「フルディスクアクセス」でアプリ追加

  • 以下のようにアプリ選択画面が表示されたら、①で「backupList+」を選択してから、②でボタン「開く」をクリックします。

    Macの「フルディスクアクセス」でアプリ追加

     

  • 以下のように、①で右側の列に「backupList+」が登録されてチェックを入っていることを確認したら、②で左上の赤いボタンをクリックして閉じます。

    Macの「フルディスクアクセス」でアプリ追加

  • ここまでがうまく設定できているかを確認するために、テストで「backupList+」を起動します。

    「backupList+」起動

  • 以下のように、アプリ実行の確認画面が表示されたら、ボタン「開く」をクリックします。

    Macのアプリ実行の確認画面

  • 以下のように、Macの画面右上に通知の許可をするかどうかの確認画面が表示されたら、どちらかを選びます。

    迷ったら、「許可」を選んで下さい。

    「backupList+」の通知の許可

  • 以下は、「backupList+」を起動した初期画面です。

    インストールはここまでで完了です。

    「backupList+」起動初期画面

 

このページの記事は、ここまでです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました