「Carbon Copy Cloner」でメール通知を設定する

Carbon Copy Cloner アプリ
この記事は約7分で読めます。

このページでは、Macのバックアップアプリ「Carbon Copy Cloner」で「メール通知」を設定する方法を説明します。

「メール通知」にはGmailを使う人が多いのですが、「2段階認証」の設定をしている場合は少しコツがあるので、図解入りで詳しく説明します。

 

スポンサーリンク

メール通知の概要

「Carbon Copy Cloner(以下、CCCと略します)」では、以下の図のように「スケジュール」の下の「@」の部分のドロップダウンリストで、メール通知の設定が選択できます。

「Carbon Copy Cloner」のメール通知の選択画面

 

選択できる項目と、それぞれの使い方のサンプルです。

項目 使い方のサンプル
  • ①メールを送信しない
  • 目の前でCCCを実行しているので、
    メール通知は不要
  • ②実行後必ず
    メールを送信
  • 1日1回だけ実行・その日の最終実行、
    といった重要な結果を確実に知りたい
  • ③エラーが起きた時にのみ
    メールを送信
  • 1時間おきに自動実行して、
    エラーが起きたときだけ知りたい

②と③の使い分けが難しいですが、頻繁にメール通知を受信するとわずらわしくて、かえって重要な通知を見落とす危険があります。

よって、上の表のサンプルでも書いたとおり、②の「重要な結果を確実に知りたい」とか③の「エラーが起きたときだけ知りたい」のように、絶対に必要な通知以外は設定しないほうが良いです

逆に、スケジュールで自動実行しているのに全くメール通知を設定しないと、「バックアップが取れていると思ったら取れていなかった」という最悪の事態になります。

これはなんとしても避けなければなりません。

 

スポンサーリンク

メール通知の設定方法

  • 「CCC」の画面の上にある「環境設定」のアイコンをクリックします。

    「Carbon Copy Cloner」の「環境設定」をクリック

  • 「環境設定」が開いたら、「メール通知」のアイコンをクリックして画面を切り替えます。

    以下は切り替え後の画面です。

    「Carbon Copy Cloner」の「環境設定」-「メール通知」

  • 以下のように「アカウントを選択」の画面が出たら、表示されたメールアカウントから選択するか、一番下の「Other…」をクリックします。

    「Carbon Copy Cloner」の「環境設定」-「メール通知」のメールアカウント設定

  • 以下のように「メールの送信に使用する設定を指定して下さい。」という画面が表示されたら、各項目を入力または確認して、右下の「OK」をクリックします。

    「Carbon Copy Cloner」の「環境設定」-「メール通知」のメールアカウント設定

    一般のメールアドレス

    「Carbon Copy Cloner」の「環境設定」-「メール通知」のメールアカウント設定

    Gmailのメールアドレス

  • 以下の画面に戻ったら、左下の「テストメールを送信…」をクリックします。

    「Carbon Copy Cloner」の「環境設定」-「メール通知」

  • 以下のように「テストメールの送信先」が表示されたら、メールアドレスを確認してから、「メールを送信」をクリックします。

    「Carbon Copy Cloner」のテストメールを送信する画面

  • メール送信のテスト中は、以下の画面のように丸いカーソルがぐるぐると回転します。

    テストは10秒ぐらいで終わるので、それまで待ちます。

    「Carbon Copy Cloner」の「環境設定」-「メール通知」のテスト中ぐるぐる表示

  • テストがうまく行ったら、「メールが送信されました。」と表示されます。

    うまくいかなかった場合は、設定を見直してやり直して下さい。

    また、Gmailの2段階認証を設定している場合は、以下のように「GmailはCCCのアプリケーション用パスワードを必要としています。」と表示されます。

    表示されたら、次の【Gmailの2段階認証の追加設定】に進んで下さい。

    「Carbon Copy Cloner」の「環境設定」-「メール通知」のメールアカウント設定

 

Gmailの2段階認証の追加設定

  • Gmailの2段階認証を設定している場合は、以下のように「GmailはCCCのアプリケーション用パスワードを必要としています。」と表示されます。

    表示されたら、「Appパスワードに進む」をクリックします。

    「Carbon Copy Cloner」の「環境設定」-「メール通知」のメールアカウント設定

  • 以下のようにGoogleアカウントのログイン画面が表示されたら、①でGoogleアカウントとパスワードを入力して、②の「次へ」をクリックします。

    Googleアカウントのログイン画面

  • 以下のように「アプリ パスワード」という画面が表示されたら、「アプリを選択」をクリックします。

    Googleアカウントの「アプリパスワード」画面

  • 以下のようにドロップダウンリストが表示されたら、一番下の「その他(名前を入力)」を選択します。

    Googleアカウントの「アプリパスワード」画面

  • ①で名前の入力欄に「CCC」と入力して、②で「生成」をクリックします。

    Googleアカウントの「アプリパスワード」画面

  • アプリパスワードが生成されると、以下のように「生成されたアプリパスワード」の画面に切り替わって、パスワードが表示されます。

    表示されたら、アプリパスワードを選択して、キーボードの【⌘ + C】でクリップボードにコピーしておきます。

    これは後で使います。

    Googleアカウントのアプリパスワード生成完了画面

  • CCCの画面に戻って、「編集…」のボタンをクリックします。

    「Carbon Copy Cloner」の「環境設定」-「メール通知」のメールアカウント設定

  • 以下のように「メールの送信に使用する設定を指定して下さい。」の画面が表示されたら、①で「パスワード」の欄に先ほどクリップボードにコピーしたパスワードをペースト【command + V】します。

    ペーストしたら、②で「OK」をクリックします。

    「Carbon Copy Cloner」の「環境設定」-「メール通知」のメールアカウント設定

  • 以下の画面に戻ったら、左下の「テストメールを送信…」をクリックして、ふたたびテストメール送信を実行します。

    「Carbon Copy Cloner」の「環境設定」-「メール通知」

    「Carbon Copy Cloner」のテストメールを送信する画面

    「Carbon Copy Cloner」の「環境設定」-「メール通知」のテスト中ぐるぐる表示

  • テストメール送信に成功すると、以下のように画面表示され、テスト成功のメールも届きます。

    「Carbon Copy Cloner」でテストメール送信成功

    テストメール送信成功

    「Carbon Copy Cloner」のテストメール本文

このページの記事は、ここまでです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました