MacでWindows用に「_MACOSX」や文字化け無しで圧縮Zip作成

更新日:2021年12月17日
この記事は約5分で読めます。

Macの標準機能でZipファイルを作ってWindowsで開くと、文字化けが起きたり、「_MACOSX」という不要フォルダが作成されます。

このページでは、これらの現象が起きる原因と、これらの問題を解決するアプリ「WinArchive Lite」の使い方を説明します。

Mac標準機能で作った圧縮ZIPファイルをWindowsで展開するとどうなるか?

以下の画面では、次のOS環境でスクリーンショットを撮っています。

異なるOSの場合は、画面デザインなどが違う場合があります。

OSバージョン
MacmacOS 12 Monterey
WindowsWindows 10

ここからは、実際にMac標準機能で圧縮ZIPファイルを作って、Windowsで展開してみます。

▶ MacでFinderを前面に表示して、1つまたは複数のファイルを選択してから右クリックメニューを表示して、その中から「圧縮」アクションを選択します。

これで、圧縮Zipファイルが作成されます。

Mac Finder 圧縮ZIP作成
クリックで拡大表示

▶ 作成した圧縮ZipファイルをWindowsで展開すると、以下の画面のように「_MACOSX」フォルダと文字化けしたファイルが表示されます。

MacでzipしたファイルをWindowsで展開した
クリックで拡大表示

▶ 「_MACOSX」フォルダの方には元のファイルの先頭に「.(ピリオド)」が追加された画像ファイルが追加されています。

MacでzipしたファイルをWindowsで展開した
クリックで拡大表示

▶ 試しに、「_MACOSX」フォルダの中のファイルを開いてみましたが、「このファイルはサポートされていない形式のようです。」と警告が出て表示できません。

かわうそ君
かわうそ君

ということで、ここからは文字化けやゴミフォルダ「_MACOSX」が追加される原因の説明と、解決策を紹介します。

文字化けの原因

文字化けが起きる原因は、次のとおりです。

MacとWindowsで、ファイルの圧縮・展開時に使う文字コードが違うから。

  • Mac全言語共通:UTF-8
  • Windows日本語版:Shift-JIS

かわうそ君
かわうそ君

ちょっと言ってることが難しくない?

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

わかりやすく、たとえ話で説明しよう。

ファイルの圧縮・展開をするときに、Macではドイツ語を使って、Windowsでは英語を使っているようなもんだよ。

かわうそ君
かわうそ君

ということは、圧縮・展開のときの文字コードを合わせれば、文字化けしなくなる?

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

そういうことになるね。

あとで、その動作に対応したアプリを紹介します。

フォルダ「_MACOSX」ができる原因

フォルダ「_MACOSX」ができる原因は、次のとおりです。

macOS独自に利用するファイル情報、「リソースフォーク」と呼ばれる情報を保存したファイルを保存するフォルダが「_MACOSX」。

macOS以外のOSでは使わない情報なので、削除して問題なし。

かわうそ君
かわうそ君

「リソースフォーク」っていう言葉が難しそうだけど、言っていることは何となく分かるな。

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

「リソースフォーク」の一例は、ファイルの配置情報やタグやコメントなどがあるよ。

まさに、他のOSでは使わない情報だね!

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

このあと紹介するアプリでは、リソースフォークや「_MACOSX」を追加しない圧縮ZIPが作れます。

解決策

MacでZipファイルを作るときに、フリーソフトの「WinArchive Lite」を使えば、解決します。

このアプリを使うと、ここまでにあげた問題を回避することができます。

また、無料アプリであること、シンプルで使いやすいことがメリットです。

WinArchive Liteの入手方法

アプリの対応状況です。

項目説明
アプリ最新版2.5.3(2017年2月リリース)
対応Mac種類・アップルSilicon Mac
・インテルMac
対応macOSバージョン・macOS 10.9 Mavericks以上

アプリは以下のリンク先から、「App store」で入手できます。

WinArchive Liteの使い方

以下からの画面の説明は、バージョン2.5.3(2017年2月リリース)を使用しています。

▶ Finderの「アプリケーション」フォルダの中の「WinArchive Lite」をダブルクリックして起動します。

WinArchiveLiteのアイコン

▶ 「WinArchive Lite」が起動したら、以下の画面のように下半分のところにZipファイルに入れたいファイルやフォルダをドラッグ・アンド・ドロップします。

WinArchiveLiteの起動画面

▶ そうすると、以下の画面のようにzip作成の実行画面が出ますが、「Windowsの言語バージョン」が「英語またはその他の原語版Windows」になっているのを変更したいので、「設定…」のボタンをクリックします。

WinArchiveLiteのzip実行画面

▶ 以下のように設定画面が表示されたら、①「Windowsの言語バージョン」から「日本語Windows」を選び、②右下の「閉じる」ボタンをクリックします。

WinArchiveLiteの設定画面

▶ 以下のように最初の画面に戻ったら、右下の「Zipファイルを作成」のボタンを実行します。

WinArchiveLiteの実行

▶ Zipファイルが作成できたら、下の画面のようにファイル名の右側の虫眼鏡のアイコンをクリックして、Finderで作成ファイルを表示します。

WinArchiveLiteの完了画面

▶ では、「WinArchive Lite」で作成したZipファイルをWindowsで展開してみましょう。

以下の画面のように、文字化けなし、不要ファイル無しで展開できました。

WinArchiveLiteのZIPをWindowsで展開

参考資料

Mac圧縮→Windows展開のときの文字化けについて

zipの解凍&圧縮時にファイル名が文字化けする原因と解決方法 – プロエンジニア
フリーランスITエンジニア専門の案件紹介・転職支援エージェント【プロエンジニア】

リソースフォークやフォルダ「_MACOSX」について

「__MACOSX」の意味は? いま敢えて「zip」を見直す - 新・OS X ハッキング!(30)
書き上がった原稿を消してしまいました! そんなときにかぎって、ローカルスナップショット機能を無効化していたという……思い出しながら書き直そうかとも思いましたが、さすがにヤル気が出ません。というわけで、...

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました