「Mounty for NTFS」他、MacでNTFSで書き込みする方法

デスクトップ
この記事は約6分で読めます。

Macでは、Windows標準のNTFSフォーマットのHDD/SSDは読み出しだけで書き込みはできません。

これにはいくつかの解決手段がありますが、それぞれのメリット・デメリットとあわせて紹介します。

スポンサーリンク

第1案:Mounty for NTFS(無料・ドネーションウェア)

どんなソフト?

基本無料ソフトで、作者を支援するときは寄付が可能な「ドネーションウェア」です。

このソフトについては、以下のブログの記事が詳しいです。

MacにNTFSフォーマットのストレージが接続されると、読み書き可能な状態で再マウントしなおしてくれるアプリ「Mounty for NTFS」を使ってみた。
MacにNTFSフォーマットのUSBメモリやHDDが接続されると、一度アンマウントして、読み書き可能なオプションを付けて再度マウントしなおしてくれるアプリ「Mounty for NTFS」を使用してみました。詳細は以下から。

 

かわうそ君
かわうそ君

インストール方法

▶ 以下のリンクをクリックして、公式サイトを開きます。

Mounty for NTFS
Mounty for NTFS - a tiny tool for macOS to re-mount NTFS volumes in read-write mode.

 

▶ 公式サイトを開くと、以下の画面のように右上の方に「Get: Click to install」というタイトルの下に「Mountry for NTFS is available for free. You can get it here right now.」のhereの部分をクリックします。

Mounty for NTFSの公式サイト

 

▶ dmgファイルでダウンロードされたらダブルクリックで開いて、Mountyのアプリを「アプリケーション」フォルダにドラッグ・アンド・ドロップします。

これでインストールは完了です。

Mounty for NTFSのインストール

インストールはここまでです。

続いて、使い方を説明します。

使い方(マウント方法)

かわうそ君
かわうそ君

NTFS形式のHDD/SSDを接続する前に、「Mounty for NTFS」を起動してね!

▶ Finderの「アプリケーション」フォルダから、「Mounty.app」をダブルクリックして起動します。

▶ 起動するとMacのメニューにアイコンが表示されます。

Mounty起動時のメニューアイコン

アイコンの色によって、Mountyの状態がわかります。

Mounty for NTFSの状態アイコン

上から順番に日本語に機械翻訳しました。

  • – 非アクティブ – マウントするものはありません
  • – アクティブ – 再マウントに使用できるアクティブなボリューム
  • – 動作中 – Mountyは動作しています
  • – アイドル – 書き込み可能なボリュームがマウントされました
  • – エラー – マウントに失敗しました

 

▶ メニューアイコンをクリックするとメニュー項目が表示されます。

「Start at Login」にチェックを付けておくと、Mac起動時にはMountyが自動起動されるので、必要に応じてチェックを付けてください。

Mounty起動時のメニューアイコン

 

▶ NTFSフォーマットのHDD/SSDをつないでみましょう。

つないでからMountyのメニューにアイコンをクリックすると、今つないだHDD/SSDの名前が「Re-mount xxx」という風に表示されているので、クリックします。

以下の画面では、「Re-mount USB500GB-NTFS」をクリックしてみます。

MountyでRe-mount

 

▶ NTFSフォーマットのHDDが表示されました。

データの読み出しはもちろん、フォルダやファイル作成など、データの書き込みも可能です。

MountyでマウントされたNTFSフォーマットHDD

 

アンマウント方法

かわうそ君
かわうそ君

アンマウント方法についてはネット検索しても見つからなかった。

なので、ドヤ顔でここで紹介します。

▶ アンマウント方法は2つあります。

①マウントしたHDD/SSDのFinderのウィンドウの内部の白い部分で右クリックして、表示されたメニューから「”xxx”を取り出す」をクリックします。

Mountyのアンマウント方法

②マウントしたHDD/SSDのFinderのウィンドウの左下に、HDD/SSDのアイコンが表示されています。

それを右クリックしてメニューを表示して、「”xxx”を取り出す」をクリックします。

“xxx”は、マウントしているHDD/SSDの名前が入ります。

Mountyのアンマウント方法

Mountyのアンマウント方法

 

▶ HDD/SSDのFinderのウィンドウが消えたら、正しくアンマウントできたので、接続を外してもOKです。

 

使ってみた感想

かわうそ君
かわうそ君

実際に使ってみてどうだった?

ニャン吉
ニャン吉

無料で使えるのは、何といっても嬉しい!

使い勝手は、マウントしてもデスクトップに表示しないのが、最初は違和感があったけど、すぐに慣れた。

 

スポンサーリンク

第2案:Microsoft NTFS for Mac by Paragon Software(有料・試用期間10日)

どんなソフト?

Microsoft NTFS for Mac | Paragon Software
Microsoft NTFSボリュームへMacからアクセス

インストールした日から10日間、フル機能が使えます。

使ってみて気に入ったら、クレジットカード/ペイパルで支払ってライセンスキーを入手できます。

または、アマゾンからダウンロード/パッケージで購入することもできます。

created by Rinker
パラゴンソフトウェア
¥2,728 (2020/10/25 16:12:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
パラゴンソフトウェア
¥2,678 (2020/10/25 16:12:21時点 Amazon調べ-詳細)

インストール方法や使い方については、以下のリンク先で詳しく紹介しています。

Paragon社の「NTFS for Mac」の使い方
macOSでNTFS形式のHDDやUSBメモリを直接読み書きできるソフト「NTFS for Mac by Paragon」の使い方を紹介します。 インストール方法・アンインストール方法・使い方について、図解を使って詳しく説明します。

使ってみた感想

かわうそ君
かわうそ君

このソフトは昔からある有名なソフトなんだけど、使ってみてどうだった?

ニャン吉
ニャン吉

最初に紹介された「Mounty for NTFS」と違って、マウントされるとデスクトップに表示されるのは便利だと思った。

でも、プライベートで使う場合は、お金払ってまではいいかな、って感じ。

経費で落とせる仕事で使うときは、ガンガン使っていきたいな。

あとは、NTFSでマウントする頻度が多い人は、操作がシンプルになるぶん、お金払ってでも使ったほうがいいと思った。

 

スポンサーリンク

第3案:ターミナルコマンドを実行

ここまではソフトをインストールする方法ばかりを紹介してきましたが、実はMacはターミナルコマンドを実行するとNTFS形式のHDD/SSDのマウントができるようになっています。

ただし、ターミナルコマンドを使ったやり方はターミナルコマンドに慣れた上級者向けの方法なので、ここでは詳しくは解説しません。

ネットで調べるといくつか方法が解説されていますが、一番わかりやすいと思った記事のリンクを以下に張るので、興味があるひとはそちらを見てみてください。

MacOS SierraでNTFS形式の外付けHDDに書き込む - Qiita
こちらを参考にMacOS SerraでもNTTFS形式の外付けHDDに書き込めるか試してみた。 ほぼ自分のメモ用。 ◆動...

 

スポンサーリンク

まとめ

かわうそ君
かわうそ君

ここまでの内容を整理してみようか。

ニャン吉
ニャン吉

なるべくお金をかけたくない人や、NTFSをマウントする頻度が少ない人は、第1案の「Mounty for NTFS」で十分かな。

ニャン吉
ニャン吉

NTFSをマウントする頻度が多い人は、第2案の「Microsoft NTFS for Mac by Paragon Software」がストレスなく使えそう。

ニャン吉
ニャン吉

ターミナルコマンドに慣れたい人は、第3案の方法。

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました