Macのスクリーンショットのキーボードショートカット一覧と、変更する方法

更新日:2022年05月13日
この記事は約9分で読めます。
Studying child

Macのスクリーンショットのキーボードショートカットの一覧と、変更する手順を図解入りで詳しく説明しています。

デフォルトのキーボードショートカットが押しにくくて使いづらい!と思ったときには、試しに変更してみてください。

① Macのスクリーンショットのキーボードショートカット一覧

【一覧】スクリーンショットのキーボードショートカット

Macのスクリーンショットの基本的なキーボードショートカットは、次の4つです。

内容キーボードショートカット
1. 全画面のスクリーンショットを撮るshift + command ⌘ + 3
2. 任意の範囲のスクリーンショットを撮るshift + command ⌘ + 4
3. 任意のウインドウまたはメニューの
スクリーンショットを撮る
shift + command ⌘ + 4 + スペースキー
4. アプリ「スクリーンショット」の起動

(macOS 10.14 Mojave以降)

shift + command ⌘ + 5

なお、1〜3については次の共通項目があります。

  • デフォルトのファイル保存形式(拡張子)は、PNG形式
  • 操作を中断したいときは、escキーを押す
  • ファイル保存でなく、クリップボードにコピーしたい場合は、キー control も同時に押す

以降は、1〜4の各キーボードショートカットについて少し詳しく解説します。

1. 全画面のスクリーンショットを撮る

以下、操作の流れです。

shift + command ⌘ + 3 の3つのキーを同時に押して、1〜2秒経ったら指を離します。

キーが押しづらい場合は、最初にshiftcommand ⌘を押したままにして、最後に3を押すとうまくいきます。

Mac JISキーボード
  • ファイル保存でなく、クリップボードにコピーしたい場合は、キー control も同時に押す

▶ macOS 10.14 Mojave以降の場合は、画面の右下にスクリーンショットのサムネールが表示されます。

サムネールをクリックすると、編集画面が開きます。

クリックせずに2〜3秒放置すると、スクリーンショットのファイルがデスクトップに保存されます。

また、macOS 10.13 High Sierra以前の場合は、サムネールが表示されずに、すぐにファイルが保存されます。

Mac screenshot thumbnail
  • マルチディスプレイを使用中の場合は、各ディスプレイのスクリーンショットが別々のファイルに保存される

2. 任意の範囲のスクリーンショットを撮る

以下、操作の流れです。

shift + command ⌘ + 4 の3つのキーを同時に押して、1〜2秒経ったら指を離します。

キーが押しづらい場合は、最初にshiftcommand ⌘を押したままにして、最後に4を押すとうまくいきます。

Mac JISキーボード

▶ マウスカーソル(マウスポインタ)の形が変わって十文字のカーソルに変わったら、ドラッグして撮影したい領域を指定します。

Mac Screenshot cursor
  • ファイル保存でなく、クリップボードにコピーしたい場合は、キー control も同時に押す
  • 領域の指定中にスペースバーを押すと、形状を変えずに領域を移動できる
  • 領域の指定中にoption ⌥を押すと、中心が固定される
  • 領域の指定中にshiftを押すと、縦または横が固定される
  • 領域の指定中にescを押すと、作業が中断される

▶ macOS 10.14 Mojave以降の場合は、画面の右下にスクリーンショットのサムネールが表示されます。

サムネールをクリックすると、編集画面が開きます。

クリックせずに2〜3秒放置すると、スクリーンショットのファイルがデスクトップに保存されます。

また、macOS 10.13 High Sierra以前の場合は、サムネールが表示されずに、すぐにファイルが保存されます。

Mac screenshot thumbnail

3. 任意のウインドウまたはメニューのスクリーンショットを撮る

以下、操作の流れです。

shift + command ⌘ + 4 の3つのキーを同時に押して、1〜2秒経ったら指を離します。

キーが押しづらい場合は、最初にshiftcommand ⌘を押したままにして、最後に4を押すとうまくいきます。

Mac JISキーボード

▶ マウスカーソル(マウスポインタ)の形が変わって十文字のカーソルに変わったら、スペースバーを押します。

Mac Screenshot cursor

▶ マウスカーソル(マウスポインタ)の形が変わってカメラのアイコンに変わったら、撮影したいウインドウまたはメニューの上でreturnキーを押します。

Mac screenshot cursor
  • ファイル保存でなく、クリップボードにコピーしたい場合は、キー control も同時に押す
  • ウインドウの周囲に影を付けたくないときは、controlも同時に押す

4. アプリ「スクリーンショット」の起動(macOS 10.14 Mojave以降)

shift + command ⌘ + 5 の3つのキーを同時に押します。

キーが押しづらい場合は、最初にshiftcommand ⌘を押したままにして、最後に5を押すとうまくいきます。

▶ 画面の下にメニューアイコンが表示されて、アプリ「スクリーンショット」が起動されたことがわかります。

Mac スクリーンショット

以下の図は、メニューアイコンのあたりの拡大図です。

Mac アプリ「スクリーンショット」 メニューアイコン

▶ 各メニューアイコンでは、それぞれ以下の操作が可能です。

アイコン・項目説明
  • 画面全体のスクショ
  • 「1. 全画面のスクリーンショットを撮る」
    と同じ
  • 選択したウインドウを取り込む
  • 「3. 任意のウインドウまたは
    任意のメニューのスクリーンショットを撮る」
    と同じ
  • 選択範囲を取り込む
  • 「2 任意の範囲のスクリーンショットを撮る」
    と同じ
  • 画面全体を収録(録画)
  • 選択範囲を収録(録画)
  • クリックするとオプションメニュー表示
  • 取り込みを実行
  • 収録(録画)を実行

スクリーンショットの詳しい操作方法は

このページでは、スクリーンショットのキーボードショートカットを中心に書いていますが、Macのスクリーンショットの詳しい操作方法は、以下のリンク先の記事で説明しています。

② Macのスクリーンショットのキーボードショートカットを変更する方法

Mac configuration

変更可能なスクリーンショットのキーボードショートカットは、以下の5つです。

内容キーボードショートカット
① 全画面のスクショをファイル保存shift + command ⌘ + 3
② 全画面のスクショをクリップボードに保存shift + command ⌘ + 3 + control ⌃
③ 任意の範囲のスクショをファイル保存shift + command ⌘ + 4
④ 任意の範囲のスクショをクリップボードに保存shift + command ⌘ + 4 + control ⌃
⑤ アプリ「スクリーンショット」の起動

 

(macOS 10.14 Mojave以降)

shift + command ⌘ + 5

以下からは、キーボードショートカットの変更の手順です。

▶ Macの「システム環境設定」を開きます。

Mac SystemPreferences

▶ 「システム環境設定」が開いたら、アイコン「キーボード」をクリックします。

Macの「システム環境設定」

▶ 画面が「キーボード」に切り替わったら、画面上部のタブ「ショートカット」をクリックします。

Macの「システム環境設定」→「キーボード」

▶ 画面が「ショートカット」に切り替わったら、画面左の「スクリーンショット」をクリックします。

Macの「システム環境設定」→「キーボード」

▶ 画面が「スクリーンショット」に切り替わったら、右側の部分でショートカットの変更ができます。

ショートカットの変更は、次の2種類の設定ができます。

  • ① チェックボックスのチェックを外すと、外したショートカットが無効になります。
  • ② ショートカットのキーの割り当てが変更できます。

②の設定方法は、割り当てられているキーをクリックしてから、適当なキーを入力すると確定されます。

Macの「システム環境設定」→「キーボード」

もしも、他のキーボードショートカットと競合している場合は、図のように黄色いエラーのアイコンが表示されます。

競合が起きている場合は、設定を変更して、競合しないようにしてください。

Macの「システム環境設定」→「キーボード」

▶ 以上の設定を変更したら、この画面は閉じてもOKです。

「① Macのキーボードショートカットを変更する方法」の説明は、ここまでです。

③ Macのスクリーンショットのキーボードショートカットをデフォルトに戻す方法

Restore Back

以下からは、キーボードショートカットをデフォルトに戻す手順です。

▶ Macの「システム環境設定」を開きます。

Mac SystemPreferences

▶ 「システム環境設定」が開いたら、①アイコン「キーボード」→②上部タブ「ショートカット」→③左列アイコン「スクリーンショット」まで進みます。

①アイコン「キーボード」

Macの「システム環境設定」

②上部タブ「ショートカット」

Macの「システム環境設定」→「キーボード」

③左列アイコン「キーボードショートカット」

Macの「システム環境設定」→「キーボード」

▶ 画面が「スクリーンショット」に切り替わったら、右下のボタン「デフォルトに戻す」をクリックすると、デフォルトのキーボードショートカットに戻ります。

Macの「システム環境設定」→「キーボード」

戻ったら、この画面は閉じてもOKです。

「② Macのスクリーンショットのキーボードショートカットをデフォルトに戻す方法」の説明は、ここまでです。

まとめ

ここでは、Macのスクリーンショットのキーボードショートカットの一覧と、変更する方法を紹介しました。

おさらいも兼ねて、スクリーンショットを撮る方法の基礎を以下の記事で紹介しています。

また、Macのスクリーンショット機能について「まとめ」記事もあります。

参考資料

Macでスクリーンショットを撮影する/画面を収録する
Macで、スクリーンショットまたはキーボードショートカットを使用して、画面の撮影や画面収録を行います。
Macのショートカットを変更と追加する方法
Macのショートカットの設定は自由度が高く、アプリごとに追加したり既存のショートカットを変更したりすることが可能なのでその方法を紹介します。工夫次第で作業効率化になるので自分にあったカスタマイズをお勧めします。

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました