Macでスクリーンショットを印刷する方法を2つ紹介

更新日:2021年10月08日
この記事は約5分で読めます。

Penguins

Macでスクリーンショットを撮ったあとに印刷する方法を2つ紹介します。

通常はファイル保存してから印刷しますが、ファイル保存せずに印刷することもできます。

 

2つの方法の比較とメリット・デメリット

Merit Demerit

ここでは、2つの方法を紹介していますが、それぞれのメリット・デメリットとあわせて比較してみます。

方法 メリット デメリット
① スクリーンショットを撮って
画像を保存してから印刷
  • 全てのmacOSで可能
  • スクショ画像がファイル
    として残る
② スクリーンショットを撮って
画像を保存せずに印刷
  • スクショ画像がファイル
    として残らない
  • macOS 10.14 Mojave
    以降で可能
かわうそ君
かわうそ君

Macではスクリーンショットがカンタンに撮れてラクなんだけど、確かにデスクトップがスクショ画像だらけになるんだよな〜。

デスクトップ上のスクリーンショット画像

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

スクショ画像を撮るときって、コピペで他のアプリに使うか、印刷するときが多いよね。

そこで、②の方法を覚えて使うようにすれば、デスクトップに画像だらけ、ってことはなくなるよ。

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

ちなみに、ファイル保存されずにクリップボードに保存する方法は、次の記事で紹介しているから、気が向いたら読んでね。

Macのスクリーンショットをクリップボードに保存して貼り付けに使う方法
Macでスクリーンショットを撮って、その内容を他のアプリで使いたいときがあります。 いったん画像ファイルに保存しなくても、直接クリップボードにコピーして、他のアプリでペーストする方法を紹介します。 また、クリップボードの内容を確認する方法も紹介します。

 

① スクリーンショットを撮って画像を保存してから印刷

▶ スクリーンショットを撮ってから、保存したスクショ画像のファイルをMac純正アプリ「プレビュー」で開きます。

通常は、スクショ画像をダブルクリックすると、「プレビュー」が開きます。

Mac "Preview.app"

開かないときは、以下のリンク先をご覧ください。

 

▶ 「プレビュー」が開いたら、メニューバーから「ファイル」→「プリント…」を選びます。

Mac 「プレビュー」で印刷

 

▶ 図のように印刷指示画面が表示されるので、適当に設定をして印刷を行ってください。

Mac 「プレビュー」で印刷

「① スクリーンショットを撮って画像を保存してから印刷」の説明は、ここまでです。

② スクリーンショットを撮って画像を保存せずに印刷

この方法は、macOS 10.14 Mojave以降のみ有効です。

以下、画像を保存せずに印刷する手順です。

▶ macOS 10.14 Mojave以降では、スクリーンショットを撮影した直後に、画面の右下にスクショ画像のサムネイルが約5秒間表示されます。

Mac screenshot thumbnail

 

▶ このサムネイル画像を右クリックすると、メニュー項目が表示されます。

この中の「”プレビュー”で開く」を選択すると、スクショ画像がMac純正アプリ「プレビュー」で開きます。

Mac screenshot thumbnail

Mac "Preview.app"

開かないときは、以下のリンク先をご覧ください。

 

▶ 「プレビュー」が開いたら、メニューバーから「ファイル」→「プリント…」を選びます。

Mac 「プレビュー」で印刷

 

▶ 図のように印刷指示画面が表示されるので、適当に設定をして印刷を行ってください。

Mac 「プレビュー」で印刷

「② スクリーンショットを撮って画像を保存せずに印刷」の説明は、ここまでです。

 

「プレビュー」が開かないときは?

スクショ画像はPNG形式で保存されますが、PNG形式のファイルを開くアプリがMacのデフォルト設定では「プレビュー」に割り当てられています。

しかし、手動で設定を変更したり、何らかのアプリをインストールしたタイミングで、別のアプリに割り当てられている場合があります。

この場合は、当ページで紹介した「プレビュー」で開くためには、以下の方法で設定を変更してください。

▶ 拡張子PNGのファイルを探して、右クリックメニューを表示して、「詳細を表示する」を選択します。

ファイルは何でも良いのですが、デスクトップ上に保存されているスクショ画像が丁度いいと思います。

mac ファイル右クリックメニュー

 

▶ 図のようにファイルの詳細情報の画面が表示されたら、矢印が指し示している「このアプリケーションで開く」のアプリを「プレビュー」に変更してから、ボタン「すべてを変更…」をクリックします。

Mac ファイルの詳細情報の画面

 

▶ 図のように設定変更の確認画面が表示されたら、ボタン「続ける」をクリックして確定させます。

同じ種類の書類はすべてアプリケーション"プレビュー"で開くように変更してもよろしいですか?

この変更は拡張子".png"を持つすべての書類に適用されます。

Mac ファイルの詳細情報の画面

 

▶ 設定を変更したら、開いている詳細情報の画面は閉じてもOKです。

 

「プレビュー」が開かないときは?の説明は、ここまでです。

 

まとめ

かわうそ君
かわうそ君

この記事を書く前に、ネットで参考になりそうな資料を探したけど、ちょうどいいのがみつからなかった。。。

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

基本的すぎて、記事を公開しようっていう人があんまりいないのかな?

かわうそ君
かわうそ君

とはいえ、WindowsからMacに乗り換えた人や、iPhoneやiPadからMacを買い足した人にはニーズがあるのでは?、と思って、記事を書いてみたよ。

かわうそ君
かわうそ君

Macのスクリーンショット機能についての記事をまとめた【まとめ】があるので、よかったらこっちも見てね!

【まとめ】Macのスクリーンショット機能
Macでスクリーンショットを撮るときのノウハウ記事をまとめました。 基本的な使い方から、応用的な使い方、困ったときの対処法などです。 おすすめのスクリーンショット用アプリも紹介しています。

 

参考資料

Mac でスクリーンショットを撮る
画面全体、ウインドウ、または画面の一部だけを取り込むことができます。

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました