Macのスクリーンショット機能で設定できる項目を紹介

更新日:2021年10月12日
この記事は約18分で読めます。

Shiba dog

Macのスクリーンショット機能で設定できる項目を紹介します。

画面から設定する方法と、ターミナルでコマンド入力する方法の2つがあります。

それぞれのメリット・デメリットの説明と、具体的な手順の説明です。

 

Macのスクリーンショット機能で設定できる項目とは?

かわうそ君
かわうそ君

スクリーンショットの設定の説明の前に、ちょっと復習。

スクリーンショットの基本操作を確認してみるよ。

Macでは、次のようなキーボードショートカットでカンタンにスクリーンショットを撮ることができます。

内容 キーボードショートカット
① 全画面のスクショ shift + command ⌘ + 3
② 任意の範囲のスクショ shift + command ⌘ + 4
③ 任意のウインドウまたは任意のメニューのスクショ shift + command ⌘ + 4

のあとに

space

④ “スクリーンショット.app”アプリの起動

(macOS 10.14 Mojave以降)

shift + command ⌘ + 5
⑤ タッチバーのスクショ

(タッチバー搭載機種のみ)

shift + command ⌘ + 6

 

かわうそ君
かわうそ君

スクリーンショットの基本操作はOKだった?

じゃあ、ここからはスクリーンショットの設定について説明するよ。

以前から、スクリーンショットを撮るときに、ファイル形式・保存場所・ファイル名を変更することは、Mac純正アプリ「ターミナル.app」を使えば可能でした。

しかし、一般ユーザー向けと言うよりは、裏技的なテクニックでした。

Mac Terminal.app Icon

「ターミナル.app」アイコン

 

それが、macOS 10.14 Mojave以降では、④の”スクリーンショット.app”アプリを起動したときに、一部ではありますが、保存場所やマウスポインタを表示といった設定を変更できるようになりました。

Mac Screenshot.app Icon

「スクリーンショット.app」アイコン

 

なお、「ターミナル.app」を使った方法は、macOS 10.14 Mojave以降でも引き続き使用可能です。

かわうそ君
かわうそ君

ということは、macOS 10.14 Mojave以降は、「ターミナル.app」と「スクリーンショット.app」の両方でスクリーンショットの設定ができるってこと?

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

うん、Mojave以降は両方使える。

ただし、内容によっては「ターミナル.app」でしか設定できないこともある。

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

ということで、「ターミナル.app」と「スクリーンショット.app」のメリット・デメリットをまとめてみたよ。

ⅰ) ターミナル.app

Mac Terminal.app Icon

ⅱ) スクリーンショット.app

Mac Screenshot.app Icon

対象macOS
  • すべてのバージョン
  • 10.14 Mojave以降
メリット
  • きめ細かい設定が可能
  • 画面操作で設定カンタン
デメリット
  • コマンド入力必要
  • 設定できないものあり
かわうそ君
かわうそ君

だいたいわかった!

じゃあ、このあとからは具体的な操作方法の説明だね!

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

うん、いろいろと設定できることが多くて、説明がややこしいかもしれない。

全部覚えるとか考える必要はないから、困ったときのためにこのページをブックマークに登録しておくといいよ

かわうそ君
かわうそ君

素朴な疑問なんだけど、両方で設定したときにはどうなるの?

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

最後に設定したほうが有効になる。

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

というのは、「スクリーンショット.app」と「ターミナル.app」で設定した設定情報は共有されていて、見た目の操作方法が違うだけだからなんだ。

かわうそ君
かわうそ君

そうなんだ!

てことは、昔からある「ターミナル.app」の設定方法にかぶせたのが「スクリーンショット.app」ってことなのかな?

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

その理解で合ってるよ。

今回みたいに、元のアプリに別の操作しやすいアプリをかぶせたものを「ラッパー」というんだ。

Macには他にもいくつかラッパーがあって、一例では「ディスクユーティリティ」も元々は「ターミナル.app」のコマンドなんだよ。

Mac 「ディスクユーティリティ」

 

「スクリーンショットの設定可能な項目の一覧と比較」の説明は、ここまでです。

 

スクリーンショットの設定可能な項目の一覧と比較

Mac純正アプリ「ターミナル.app」と「スクリーンショット.app」で、設定可能な項目を比較表にしました。

かわうそ君
かわうそ君

だいたい同じだけど、ところどころ違うね。

小悪魔キツネ
小悪魔キツネ

一番上の「ⅰ) ターミナル.app」と「ⅱ) スクリーンショット.app」のタイトルやアイコンをクリックすると、それぞれの操作説明のところにジャンプできるよ。

項目 ⅰ) ターミナル.app
Mac Terminal.app Icon
ⅱ) スクリーンショット.app
Mac Screenshot.app Icon
① ファイル形式
  • PNG
  • JPEG
  • PDF
  • GIF
  • TIFF
  • BMP
  • PSD
  • JPEG 2000
  • TGA
  • PICT
  • SGI
  • 設定できない
    (PNGのみ)
② ファイル保存場所
  • Finderで開ける場所なら
    どこでも設定可能
  • Finderで開ける場所なら
    どこでも設定可能
③ クリップボードに保存
  • 設定可能
  • 設定可能
④ メールに添付
  • 設定可能
  • 設定可能
⑤ メッセージに添付
  • 設定可能
  • 設定可能
⑥ プレビューで開く
  • 設定可能
  • 設定可能
⑦ ファイル名
  • 設定可能
  • 設定できない
⑧ 影や余白ありなし
  • 設定可能
  • 設定できない
⑨ フローティングサムネール
を表示
  • 設定可能
  • 設定可能
⑩ 最後の選択部分を記憶
  • 設定可能
  • 設定可能
⑪ マウスポインタを表示
  • 設定可能
  • 設定可能
⑫ タイマー
  • 任意の秒に設定可能
  • なし
  • 5秒
  • 10秒

 

ⅰ) ターミナル.appで設定を変更する

Mac Terminal.app Icon

▶ MacのFinderで、フォルダ「アプリケーション」→「ユーティリティ」の中の、アプリ「ターミナル」をダブルクリックして起動します。

Mac ターミナル.app

 

▶ ターミナルが起動したら、以下のリンク先のコマンド一覧から必要なコマンドをコピー・アンド・ペーストして、最後にキーボードの return を押して実行します。

Mac ターミナル.app

Mac JIS Keyboard

 

①ファイル形式
かわうそ君
かわうそ君

デフォルトでは、ファイル形式は次のとおりです。

  • PNG

①-a) 変更するとき

defaults write com.apple.screencapture type ファイル形式
かわうそ君
かわうそ君

ファイル形式のところは、変更したい形式に変更してね!

具体的には、以下の一覧でファイル形式を探して、コマンドをコピペしてください。

ファイル形式 コマンド
PNG
defaults write com.apple.screencapture type png
JPEG
defaults write com.apple.screencapture type jpg

または

defaults write com.apple.screencapture type jpeg
PDF
defaults write com.apple.screencapture type pdf
GIF
defaults write com.apple.screencapture type gif
TIFF
defaults write com.apple.screencapture type tif
BMP
defaults write com.apple.screencapture type bmp
PSD
defaults write com.apple.screencapture type psd
JPEG 2000
defaults write com.apple.screencapture type jp2
TGA
defaults write com.apple.screencapture type tga
PICT
defaults write com.apple.screencapture type pict
SGI
defaults write com.apple.screencapture type sgi

①-b) もとに戻すとき

defaults delete com.apple.screencapture type

①-c) 現在の設定を確認する

defaults read com.apple.screencapture type

 

② ファイル保存場所
かわうそ君
かわうそ君

デフォルトでは、ファイル保存場所は次のとおりです。

  • デスクトップ

②-1) ファイル保存場所を変更するとき

defaults write com.apple.screencapture location 保存場所
かわうそ君
かわうそ君

ファイル保存場所のところは、変更したい名前に適当に変更してね!

たとえば、「ピクチャ」にするときは、次のようになるよ。

先頭の”~”は、ホームフォルダ(ユーザフォルダのホーム)を表しているよ。

defaults write com.apple.screencapture location ~/Pictures

②-2) もとに戻すとき

defaults delete com.apple.screencapture location

②-3) 現在の設定を確認するとき

defaults read com.apple.screencapture location

 

③ クリップボードに保存
かわうそ君
かわうそ君

デフォルトでは、クリップボードに保存、は無効です。

③-1) クリップボードに保存、に変更するとき

defaults write com.apple.screencapture target clipboard

③-2) もとに戻すとき

defaults delete com.apple.screencapture target

③-3) 現在の設定を確認するとき

defaults read com.apple.screencapture target

 

④ メールに添付
かわうそ君
かわうそ君

デフォルトでは、メールに添付、は無効です。

④-1) メールに添付、に変更するとき

defaults write com.apple.screencapture target mail

④-2) もとに戻すとき

defaults delete com.apple.screencapture target

④-3) 現在の設定を確認するとき

defaults read com.apple.screencapture target

 

⑤ メッセージに添付
かわうそ君
かわうそ君

デフォルトでは、メッセージに添付、は無効です。

⑤-1) メッセージに添付、に変更するとき

defaults write com.apple.screencapture target messages

⑤-2) もとに戻すとき

defaults delete com.apple.screencapture target

⑤-3) 現在の設定を確認するとき

defaults read com.apple.screencapture target

 

⑥ プレビューで開く
かわうそ君
かわうそ君

デフォルトでは、プレビューで開く、は無効です。

⑥-1) プレビューで開く、に変更するとき

defaults write com.apple.screencapture target preview

⑥-2) もとに戻すとき

defaults delete com.apple.screencapture target

⑥-3) 現在の設定を確認するとき

defaults read com.apple.screencapture target

 

⑦ ファイル名を変更
かわうそ君
かわうそ君

デフォルトでは、スクリーンショットの名前は次のようになります。

  • スクリーンショット 年-月-日 時.分.秒

次は、実際のファイル名のサンプルです。

  • スクリーンショット 2021-10-08 10.12.35

⑦-1) ファイル名を変更するとき

defaults write com.apple.screencapture name ファイル名
かわうそ君
かわうそ君

ファイル名のところは、変更したい名前に適当に変更してね!

デフォルトの”スクリーンショット”の部分が変更できるよ。

⑦-2) もとに戻すとき

defaults delete com.apple.screencapture name

-3) 現在の設定を確認するとき

defaults delete com.apple.screencapture name

 

⑧ 影や余白ありなし
かわうそ君
かわうそ君

デフォルトでは、影や余白あり、が有効です。

(=影や余白なし、が無効)

⑧-1) 影や余白なし、に変更するとき

defaults write com.apple.screencapture disable-shadow -bool true

⑥-2) もとに戻すとき

defaults delete com.apple.screencapture disable-shadow

⑥-3) 現在の設定を確認するとき

defaults read com.apple.screencapture disable-shadow

 

⑨ フローティングサムネールを表示
かわうそ君
かわうそ君

デフォルトでは、フローティングサムネールを表示、は有効です。

⑨-1) フローティングサムネールを非表示、に変更するとき

defaults write com.apple.screencapture show-thumbnail -bool false

⑨-2) もとに戻すとき

defaults delete com.apple.screencapture show-thumbnail

⑨-3) 現在の設定を確認するとき

defaults read com.apple.screencapture show-thumbnail

 

⑩ 最後の選択部分を記憶
かわうそ君
かわうそ君

デフォルトでは、最後の選択部分を記憶、は有効です。

⑩-1) 最後の選択部分を記憶、に変更するとき

defaults write com.apple.screencapture save-selections -bool false

⑩-2) もとに戻すとき

defaults delete com.apple.screencapture save-selections

⑩-3) 現在の設定を確認するとき

defaults read com.apple.screencapture save-selections

 

⑪ マウスポインタを表示
かわうそ君
かわうそ君

デフォルトでは、マウスポインタを表示、は無効です。

⑪-1) マウスポインタを表示、に変更するとき

defaults write com.apple.screencapture showsCursor -bool true

⑪-2) もとに戻すとき

defaults delete com.apple.screencapture showsCursor

⑪-3) 現在の設定を確認するとき

defaults read com.apple.screencapture showsCursor

 

⑫ タイマー設定
かわうそ君
かわうそ君

デフォルトでは、タイマー設定、は無効です。

(=タイマーなし)

⑫-1) タイマー設定をするとき

defaults write com.apple.screencapture target captureDelay -float 秒数
かわうそ君
かわうそ君

秒数のところは、変更したい数字に適当に変更してね!

小数点も使えるよ。

たとえば、30秒や1.5秒にするときは、次のようになるよ。

defaults write com.apple.screencapture target captureDelay -float 30
defaults write com.apple.screencapture target captureDelay -float 1.5

⑫-2) もとに戻すとき

defaults delete com.apple.screencapture target captureDelay

⑫-3) 現在の設定を確認するとき

defaults read com.apple.screencapture target captureDelay

 

ⅰ) ターミナル.appで設定を変更する、の説明は、ここまでです。

 

ⅱ) スクリーンショット.appで設定を変更する

Mac Screenshot.app Icon

▶ 次のキーボードショートカットで、アプリ「スクリーンショット.app」を起動します。

  • shift + command ⌘ + 5

Mac JIS Keyboard

 

▶ スクリーンショットを撮影する画面になったら、画面下部に表示されたアイコンやメニューの一覧から、「オプション」という文字をクリックします。

Mac "Screenshot.app"

 

▶ 図のようにメニューが開いて、項目の一覧が表示されます。

Mac スクリーンキャプチャ画面

 

必要に応じて、設定を変更します。

項目 以下のように設定
① ファイル形式
  • 設定できない
    (PNGのみ)
② ファイル保存場所
  • デスクトップ
  • 書類
  • その他の場所…
③ クリップボードに保存
  • クリップボード
④ メールに添付
  • メール
⑤ メッセージに添付
  • メッセージ
⑥ プレビューで開く
  • プレビュー
⑦ ファイル名
  • 設定できない
⑧ 影や余白ありなし
  • 設定できない
⑨ フローティングサムネール
を表示
  • フローティングサムネールを表示
⑩ 最後の選択部分を記憶
  • 最後の選択部分を記憶
⑪ マウスポインタを表示
  • マウスポインタを表示
⑫ タイマー
  • なし
  • 5秒
  • 10秒

 

▶ 画面を閉じるときは、キーボードのescを押します。

Mac JIS Keyboard

 

ⅱ) スクリーンショット.appで設定を変更する、の説明は、ここまでです。

 

まとめ

Macのスクリーンショットの設定できる項目を紹介してきました。

大きく分けて2つの方法、「スクリーンショット.app」と「ターミナル.app」を使う方法があります。

使い分けですが、まずは設定がカンタンな「スクリーンショット.app」を使い、それで設定できない項目のときは「ターミナル.app」を使うのが良いと思います。

当サイトでは、Macのスクリーンショット機能について複数の記事を掲載しています。

詳しくは、以下の【まとめ】ページから御覧ください。

【まとめ】Macのスクリーンショット機能
Macでスクリーンショットを撮るときのノウハウ記事をまとめました。 基本的な使い方から、応用的な使い方、困ったときの対処法などです。 おすすめのスクリーンショット用アプリも紹介しています。

 

参考資料

Macのスクリーンショットをカスタマイズする方法 - Qiita
はじめに Macでは 「macOS でスクリーンショットを撮る方法」の記事にある通りOS標準でスクリーンショットを撮ることができます。デフォルトでは「ファイル形式」「保存先」「ファイル名」が決まっていますが、これを変更することが...
https://macperson.net/screencapture-command/

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました