Mac内臓のWebカメラを防犯カメラに出来るアプリ「iSentry」

アプリ「iSentry」のアプリアイコン アプリ
この記事は約4分で読めます。

Mac内臓のWebカメラが何か動きを感知すると、iCloudなどのクラウドサービスに写真を保存して、メールで通知することが出来ます。

このページでは、アプリ「iSentry」のインストールや設定方法、使い方について説明します。

このページは、次の方向けに書いています。

  • MacのWebカメラを防犯カメラとして使ってみたい人

 

スポンサーリンク

メリット・デメリット

メリット

  • 無料
  • Mac内蔵のWebカメラを使うので、追加投資が必要ない
  • 何か動きがあったときに撮影できる
  • 撮影したタイミングで、メール通知ができる

デメリット

  • Macの電源を入れっぱなしにしておく必要がある
  • 無料版ではメールに直接写真を添付できないので、外出先から写真を見るにはiCloudやOneDriveなどのクラウドサービスに保存する必要がある(有料版ならメール添付可能で、値段はおよそ4千円)
かわうそ君
かわうそ君

無料版でも十分使えます。
でも、アプリが気に入った人は、有料版を買って開発者をサポートする、ってのもいいと思うよ!

スポンサーリンク

アプリのインストールと初期設定

以下のリンクをクリックして、アップルのApp Storeからインストールできます。

‎iSentry
‎Use iSentry to instantly turn your computer with web camera into a Internet-connected motion-sensing security system. Just launch iSentry, point your camera to...

アプリ初回起動時には、以下のように「”iSentry”からカメラにアクセスしようとしています。」と警告が出るので、「OK」をクリックして許可します。

Mac「iSentry」のカメラのアクセス許可画面

 

以下のように「Upload folder is not set」と表示されたら、データ保存用のフォルダを設定します。

「OK」ボタンをクリックします。

Mac「iSentry」のフォルダ設定の注意画面

 

以下のように「iSentry」の設定画面が開いたら、矢印が指し示している「Folder」の「Browse…」をクリックして、データ保存用のフォルダを設定します。

ここには、iCloudやOneDriveやDropBoxなどのクラウドサービスと同期しているフォルダを指定して下さい。

アプリ「iSentry」のデータ保存用のフォルダを設定

 

設定したら、以下の画面のようにフォルダのパスが表示されます。

以下の画面では、iCloudのフォルダを指定しています。

アプリ「iSentry」のデータ保存用のフォルダを設定

 

 

設定画面の「Recording」の部分をクリックして、「Photo Recording(写真を撮影)」を選択してください。

他の部分はお好みでいいです。

ちなみに、 「Pre-motion Recording(動きの前を撮影)」は、動きがあった5秒前から撮影されます。

アプリ「iSentry」-「Preferences」-「Recording」

 

設定画面の「Alarm」の部分をクリックして、「Play Alarm Sound(アラーム音を再生)」のチェックを外します。

チェックを外す理由は、単純にうるさいのと、いつ撮影したかを被写体(不審者や動物)に気付かれないようにするためです。

アプリ「iSentry」-「Preferences」-「Alarm」

 

設定画面の「Mail」では、撮影した写真を送るメールアドレスを設定します。

「To」の欄にメール送信先のメアドを入れたら、ボタン「SMTP Settings」をクリックして、SMTPサーバの設定画面を呼び出します。

アプリ「iSentry」-「Preferences」-「Mail」

SMTPサーバの設定をしたら、ボタン「Send Test Message」をクリックしてテストします。

うまくいったら、ボタン「Done」をクリックして閉じます。

アプリ「iSentry」-「Preferences」-「Mail」

 

以下のように「Preferences」の画面に戻ったら、設定は完了なので閉じます。

アプリ「iSentry」-「Preferences」-「Mail」

 

スポンサーリンク

使用方法

iSentryの画面の右下のボタン「Start」をクリックすると撮影が始まり、撮影中に「Stop」をクリックすると終了します。

撮影開始

アプリ「iSentry」

撮影終了

アプリ「iSentry」

 

または、メニューバーから「Start」や「Stop」ができます。

撮影開始

アプリ「iSentry」のメニューバーから「Start」

撮影終了

アプリ「iSentry」のメニューバーから「Stop」

 

写真が撮影されると、指定したメアドにメールが届きます。

iPhoneに「iSentry」にメールが届いた

 

また、指定したクラウドサービスに写真がアップされています。

ここでは一例として、iPhoneでiCloud上の写真を見てみます。

iPhoneでiCloudドライブを見る

iPhoneでiCloudドライブを見る

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました