MacBook 白ポリカ Mid 2006〜Mid 2009のHDD/SSDの交換方法

MacBook White Polycarbonate
更新日:2021年09月08日
この記事は約8分で読めます。

MacBook (13-inch, Late 2006)のHDDを交換したので、その時の手順を写真付きで詳しく解説します。

このあたりのモデルは、CPUがCore 2 Duo世代で処理能力が低いうえ、macOSも最大で10.7 Lionや10.11 El Capitanまでなので、普段使いには適していません。

しかし、HDD/SSDへの交換が非常に簡単なので、音楽を聞いたり簡単な文書を作るセカンドマシンとして使うのはどうでしょうか?

 

MacBook内蔵HDD交換のメリット・デメリット(リスク)

メリット

  • このページで紹介しているモデルは、歴代のMacの中でも最もHDD交換が簡単
  • HDDが故障しても、自分で安価に修理できる
  • もともと内蔵していたHDDよりも、大容量で低発熱で騒音の少ない最近のHDDに交換できる
  • SSDに交換すれば、HDDよりも動作速度が速くなり故障も少なくなる

デメリット(リスク)

  • 2006〜2009年発売でCore 2 Duo世代のMacなので、性能は過剰な期待はできない
  • 余っているSSDやメモリを使う、ぐらいの気持ちがちょうど良い

 

対象のMacBookのモデル(機種)

当ページで説明している方法でHDD/SSDの交換ができるMacの機種の一覧です。

いわゆる「インテルMac」の最初期のモデルで、CPUはCore Duo/Core 2 Duoで、のちのCore i5やCore i7と比べると性能は非常に低いです。

また、外観上の共通点は、白のポリカーボネート(強化プラスチック)の本体です。

本体を裏返すと、交換可能なバッテリーが見えます。

MacBook Early 2009 Bottom

発売年 モデル(機種) 最小OS 最大OS
2006 MacBook (13-inch) 10.4.6 10.7.5
2006 MacBook (13-inch, Late 2006) 10.4.8 10.7.5
2007 MacBook (13-inch, Mid 2007) 10.4.9 10.7.5
2007 MacBook (13-inch, Late 2007) 10.5 10.7.5
2008 MacBook (13-inch, Early 2008) 10.5.2 10.7.5
2008 MacBook (13-inch, Late 2008) 10.5.4 10.7.5
2009 MacBook (13-inch, Early 2009) 10.5.6 10.11.6
2009 MacBook (13-inch, Mid 2009) 10.5.7 10.11.6
End of list

 

モデル(機種)の確認方法ですが、OS X 10.7 Lion以降ならアップルメニューの「このMacについて」から表示できます。

以下は、OS X 10.7 Lionの場合の確認方法ですが、OSのバージョンによって手順が多少異なります。

▶ アップルメニューから「このMacについて…」を選択

MacBook "About this Mac"

▶ ボタン「詳しい情報…」をクリック

MacBook "About this Mac"

▶ 図の矢印の部分に、Macのモデルの表示

MacBook "About this Mac"

 

他の確認方法ですが、MacBook本体を裏返してバッテリーを取り外した部分にシリアル番号が書かれているので、それをもとに以下のサイトでモデル(機種)が検索できます。

MacBook 2006 Serial

製品の保証状況とサービス期間を確認する - Apple サポート
Apple 製品限定保証の保証状況を確認できます。シリアル番号を入力すれば、無償電話サポートの対象になるかどうかや、追加保証を購入できるかどうかを確認できます。

 

OSの復元方法を事前に決めておく

このページで紹介している2006年Midから2009年MidまでのMacBookは、すべてリカバリディスクが同梱されています。

HDDを交換した後は、リカバリディスクを使って新規インストールするか、または別途インストール用のディスクやUSBメモリを用意する必要があります。

別途インストール用のディスクとしては、OS X 10.6.3のディスクがAmazonから購入できます。

created by Rinker
アップル
¥8,500 (2021/09/24 13:15:22時点 Amazon調べ-詳細)

一方、OS X 10.7 Lionの場合は、インストール用のUSBメモリをアップルから購入するか、自分でインストールプログラムをダウンロードしてUSBメモリを作成します。

USBメモリは、以下のアップル公式サイトから購入できます。

OS X Lion (10.7)
OS X Lionは、世界でもっとも先進的なデスクトップオペレーティングシステム、OS Xの最新のメジャーリリースに当たります。OS X Lionには、マルチタッチジェスチャーやフルスクリーンアプリケーション、Mission Control、Launchpad、そして新バージョンのMailを含む250を超える新機能が搭...

さらに、USBメモリを自作する場合は、以下の記事で手順を紹介しています。

macOS(OS X)インストーラーの入手方法
これまでのmacOS(OS X)のバージョン別に、インストーラーの入手方法をまとめました。 OS X 10.7 Lion以降は、現在(2020年1月)でもアップルからダウンロード/購入が可能です。

 

データのバックアップについて

HDD交換作業に失敗したときのために、データのバックアップを取っておくことを強く推奨します。

方法は、Mac標準機能のTimeMachineが手軽でおすすめです。

Time Machine で Mac をバックアップする
Mac のファイルをバックアップする方法をご案内します。

 

また、その他のバックアップ方法については、以下の記事から複数紹介しているのがご覧いただけます。

Macのバックアップ
Macには標準で「Time Machine」という自動バックアップ機能があります。 それと併用して各種バックアップアプリを使えば、色んな状況に合わせて柔軟にバックアップを取れたり、二重バックアップとなるので、導入を検討してはどうでしょうか? ここでは、定番のバックアップアプリ「Carbon Copy Cloner」と「SuperDuper!」を中心に紹介しています。

 

必要な工具

必須の工具

次の2つは、ないと作業ができないので、必須です。

  • プラス精密ドライバー(サイズPH00?)
  • T6トルクスドライバー

プラス精密ドライバーは、サイズが「PH00」となりますが、ドライバーによってはサイズが合わない場合もあるようなので、できれば2〜3種類かそれ以上の複数のサイズをそろえておいてください。

T6のトルクスドライバーは、おそらく持っている人が少ないと思いますが、先端が星型になっている特殊なドライバーです。

「トルクス」という名前は登録商標になっているので、「ヘックスローブ」という名前で呼ばれることもありますが、実際は同じものです。

T6 Torx Screwdriver

 

ホームセンターやAmazonで取り扱っています。

100均にも置いてある場合があります。

T6トルクスドライバー

created by Rinker
ベッセル(VESSEL)
¥555 (2021/09/24 12:31:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

使用可能なHDDやSSD

交換用のHDDやSSDとしては、SATA形式の2.5インチのドライブが使えます。

注意点としては、2.5インチのドライブには”厚み”が複数あって、7mmと9.5mmならば使用可能です。

一方、12.5mmや15mmだとMacBookに収納できないので、使用できません。

以下は、おすすめの商品です。

最大容量はSSDは1TBまで(一部2TBもあるが非常に高価)、HDDなら2TBまでで、それぞれ複数の選択肢から選べます。

なので、速度優先ならSSD、容量優先ならHDDを選んでください。

どちらか迷ったら、SSDをおすすめします。

2.5インチSSD

2.5インチHDD

created by Rinker
ウエスタンデジタル(Western Digital)
¥10,910 (2021/09/24 12:46:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

MacBookの分解とHDDの交換の手順

▶ MacBookから電源ケーブルを抜いて、ひっくり返します。

MacBook 2006 Bottom Case

 

▶ 10円玉や100円玉などの硬貨を使って、バッテリーをロックしているネジを回します。

MacBook 2006 Bottom Case

 

▶ ロックが外せたら、バッテリーを取り出します。

MacBook 2006 Bottom Case

 

▶ 図の矢印が指し示しているネジ3箇所を、プラスドライバー(サイズH00?)で外します。

注意点としては、ネジの頭をなめやすいので、ドライバーのサイズが合わなかったら違うサイズを使い、慎重に作業を進めてください。

MacBook 2006 Bottom Case

 

▶ ネジが取り外せたら、図のように金属の部品を手前に引っ張るようにして取り外します。

MacBook 2006 Bottom Case

 

▶ 図のように、HDDが入っている部分のベロを引っ張り出しながら、HDDを取り出します。

MacBook 2006 HDD

MacBook 2006 HDD

MacBook 2006 HDD

 

▶ HDDが取り外せたら、図で矢印が指し示している4箇所のネジを、T6トルクスドライバーで外します。

MacBook 2006 HDD

 

▶ ネジが取り外せたら、分解完了です。

交換用のHDD/SSDは、ここまでの逆の手順で組み立ててください。

MacBook 2006 HDD

 

まとめ

ここで紹介したMacBookは、白いポリカーボネートのポップなデザインで人気のあったモデルです。

2021年現在でメインで使うには厳しいですが、iTunesで音楽を聞くなどインテリア兼用でなら、現在でも十分使えるのではないでしょうか?

ただし、わざわざ費用をかけて直すほどではないと思うので、余っているHDDやSSDを使い回す、といった使い方がおすすめです。

 

参考資料

MacBook Core 2 Duo Hard Drive Replacement
You can install hard drives up to 9.5mm thick.

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました