「どこでもMyMac」の代替サービス一覧

iCloudアイコン アプリ
この記事は約2分で読めます。

2019年7月に廃止された「どこでもMyMac」の代わりとなる、アプリやサービスを紹介します。

さらにそれぞれのメリット・デメリットと、ユーザーニーズごとにどれがおすすめかも併せて紹介します。

スポンサーリンク

Chromeリモートデスクトップ

メリット

  • 無料
  • ルーターの設定不要。さらに、ダブルNAT環境やIPv4 over IPv6環境(v6プラスやtransixなど)でも使える
  • サーバーの登録制限台数なし(多分)
  • サーバーはGoogle Chromeと専用アプリのインストールが必要だが、クライアントはWebブラウザなら何でも良くて専用アプリのインストール不要

デメリット

  • そもそもGoogle Chromeがインストールできない・していない端末はサーバーにできない

紹介記事リンク

Chromeリモートデスクトップのインストール・使い方
2019年に廃止となった「どこでもMyMac」の乗り換え先としてGoogleの「Chromeリモートデスクトップ」を紹介します。 インストール方法・アンインストール方法・使い方について、図解入りで詳しく説明します。

 

スポンサーリンク

RealVNC

メリット

  • 無料
  • ルーターの設定不要。さらに、ダブルNAT環境やIPv4 over IPv6環境(v6プラスやtransixなど)でも使える
  • Chromeリモートデスクトップよりも対応可能なサーバの種類が多い
    • Chromeリモートデスクトップ:Windows、Mac、Linux
    • RealVNC:Windows、Mac、Linux、Rasberry Pi、Solaris、HP-UX、AIX

デメリット

  • サーバーとクライアントの両方で専用アプリをインストールする必要あり
  • サーバーは5台まで登録可能だが、6台目以上は有料

紹介記事リンク

外出先からリモートデスクトップ「RealVNC」
2019年7月に廃止された「どこでもMyMac」の代わりとなる、リモートデスクトップ機能のアプリ「RealVNC」を紹介します。 インストールから使い方まで、図を使ってわかりやすく説明します。
スポンサーリンク

ユーザーニーズごとにおすすめはこれ

Windows/Macをリモート操作する場合には、設定が簡単なChromeリモートデスクトップをおすすめします。

一方、Linuxなどのサーバを操作する場合には、Google Chromeのインストールが不要なRealVNCをおすすめします。

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました