「CheatSheet」 Macでショートカットキーを表示

Macの「CheatSheet」のアプリアイコン
更新日:2021年07月09日
この記事は約8分で読めます。

Macのショートカットキー表示アプリ「CheatSheet」の特徴やインストール・アンインストール・自動実行の手順、設定や使い方について、図解入りで詳しく説明します。

特に終了方法は、メニューバーにアイコンが表示されないので注意が必要です。

 

「CheatSheet」はどんなアプリ?

次の環境で使用可能です。

  • 対応状況
    • macOS(OS X) 10.10 Yosemite以降
    • インテルMac、Arm Mac(M1 Macなど)に対応

 

このアプリを使うと、現在最前面に表示しているアプリのショートカットキーが表示されます。

ショートカットの表示方法は、キーボードのcommand ⌘を数秒間押し続けるだけです。(この時間は設定で変更することができます。

 

MacのJISキーボード

 

また、アプリが切り替わるごとに、表示されるショートカットキーも変化します。

以下の図は、一例としてFinder・Google Chrome・Microsoft Excelごとに、表示されるショートカットキーが変わっていることを表しています。

Finder

Macアプリ「CheatSheet」-Finderのときの表示

Google Chrome

Macアプリ「CheatSheet」-Google Chromeのときの表示

Microsoft Excel

Macアプリ「CheatSheet」-Microsoft Excelのときの表示

 

「CheatSheet」のインストール方法

▶ 以下のリンクをクリックして、「CheatSheet」の公式サイトを開きます。

CheatSheet - Know your short cuts
Just hold the ⌘-Key a bit longer to get a list of all active short cuts of the current application

 

▶ サイトが開いたら、以下の図で矢印が指し示している「Download」のボタンをクリックします。

アプリ「CheatSheet」の公式サイト

 

▶ 以下のようにZIP形式のファイルをダウンロードする画面が表示されたら、フォルダ「ダウンロード」など適当な保存場所を指定してから、ボタン「保存」をクリックします。

Macのファイル保存のダイアログボックス

 

▶ ZIP形式のファイルがダウンロードできたら、ダブルクリックして展開(解凍)します。

FinderでZIPファイルをダブルクリックする

 

▶ 以下の図のようにZIP形式のファイルが展開されて「CheatSheet」のアプリアイコンが表示されたら、これをダブルクリックします。

Macでアプリ「CheatSheet」をダブルクリックする

 

▶ 以下の図のようにファイルを開いてもよいかどうかを確認する画面が表示されたら、「開く」をクリックします。

Macでファイルを開く確認画面

 

▶ 以下の図のように、アプリをフォルダ「アプリケーション」に移動するかどうかの確認画面が表示されたら、矢印が指し示している「Move to Applications Folder」をクリックします。

Macでアプリ「CheatSheet」を、フォルダ「アプリケーション」に移動するかどうかの確認画面

 

▶ 以下の図のように、「”CheatSheet”で任意のアプリケーションからキー操作を受け取ろうとしています。」と表示されたら、矢印が指し示している「”システム環境設定”を開く」をクリックします。

アプリ「CheatSheet」のキー操作受け取りのアクセス確認画面

 

▶ 以下の図のように「セキュリティとプライバシー」が表示されたら、左下のカギ型のアイコンをクリックして、ロックを解除します。

ロック解除するときに、Touch IDやパスワード入力の画面が出ますが、それぞれの方法で承認してください。

Macの「システム環境設定」-「セキュリティとプライバシー」

以下は、Touch IDの場合の承認画面です。

MacのTouch IDの承認画面

 

▶ ロックが解除されたら、以下の矢印が指し示している「CheatSheet」の左横のチェックボックスにチェックを入れます。

Macの「システム環境設定」-「セキュリティとプライバシー」-「入力監視」

 

▶ アプリの再起動が必要との画面が表示されたら、「終了して再度開く」をクリックします。

Macのアプリ再起動確認画面

 

▶ 「CheatSheet」の左横のチェックが入っていることを確認したら、左側の列の「アクセシビリティ」をクリックします。

Macの「システム環境設定」-「セキュリティとプライバシー」-「入力監視」から「アクセシビリティ」

 

▶ 右側の列の「CheatSheet」にチェックを入れて、左下のカギ型のアイコンをクリックして、ふたたびロックを掛けます。

ロックが掛かったら、「システム環境設定」の画面は閉じます。

Macの「システム環境設定」-「セキュリティとプライバシー」-「アクセシビリティ」

 

インストール方法の説明は、ここまでです。
引き続き、使い方の説明を御覧ください。

 

 

「CheatSheet」の使い方

① ショートカットの表示

CheatSheetが起動された状態で、以下の操作をするとショートカットキーの一覧が表示されます。

▶ キーボードでcommand ⌘キーを長押しすると、現在最前面になっているアプリのショートカットが画面に表示されます。

 

MacのJISキーボード

 

▶ 以下の動画は、Google ChromeとFinderのショートカットを表示してみたところです。

 

② 印刷

ショートカットキーの一覧を、以下の手順でPDFファイルとして保存・印刷することができます。

▶ ショートカットが表示されている状態で、右下の歯車のアイコンから「Print」を選びます。

アプリ「CheatSheet」でPrint

 

▶ 以下は、PDFで保存した様子です。もちろん、印刷もできます。

CheatSheetでPDF保存

 

③ 遅延時間の設定

ショートカットが表示されるまでに遅延時間を調整することが出来ます。

▶ ショートカットが表示されている状態で、右下の歯車のアイコンから「Delay」の項目のスライドバーで時間を調整します。

アプリ「CheatSheet」でDelay調整

 

Mac起動時に「CheatSheet」の自動実行

こういったアプリは、たいていはMac起動時に自動実行する設定があるのですが、このアプリにはありません。

ですが、次の方法で設定が可能です。

▶ メニューバーから「アップルマーク」-「システム環境設定…」を選びます。

Macのメニューバーで「アップルマーク」-「システム環境設定...」

 

▶ 「システム環境設定」が開いたら、「ユーザとグループ」をクリックします。

Macの「システム環境設定」

 

▶ 「ユーザとグループ」が表示されたら、上部のタブ「ログイン項目」をクリックします。

Macの「システム環境設定」-「ユーザとグループ」

 

▶ 画面上の「以下の項目がログイン時に自動的に開きます。」の部分に、「CheatSheet」を登録します。

登録方法は、次のいずれかです。

  • ①Finderでアプリ「CheatSheet」をドラッグ・アンド・ドロップする
  • ②自動的に開くアプリ一覧の下にあるボタン+をクリックして「CheatSheet」を指定する

Macの「システム環境設定」-「ユーザとグループ」-「ログイン項目」

 

▶ 登録完了できたら、この画面は閉じてOKです。

Macの「システム環境設定」-「ユーザとグループ」-「ログイン項目」

 

「CheatSheet」を終了させる方法

CheatSheetは、こういったユーティリティーアプリによくあるようなメニューバーにアイコンが表示されるわけではないので、終了させようとしたときに方法がわからないで戸惑う人が多いと思われます。

以下の手順で、終了させることができます。

▶ ショートカットが表示されている状態で、右下の歯車のアイコンから「Quit」を選びます。

アプリ「CheatSheet」をquitする

 

「CheatSheet」をアンインストールする方法

ここでは2つの方法を紹介します。

  • ① Finderからゴミ箱に入れる
  • ② アプリ削除アプリ「AppCleaner」を使う

お手軽にアンインストールしたい方は①でOKです。

設定ファイルなどの痕跡も含めて完全に削除したい人は、②を使ってください。

なお、どちらの方法も「CheatSheet」が起動しているとアンインストールできないので、【「CheatSheet」を終了させる方法】を参考にしながら、終了させておいてください。

 

① Finderからゴミ箱に入れる

▶ Finderを前面に表示して、「CheatSheet」を右クリックして表示されるメニューから、「ゴミ箱に入れる」を選びます。

Finderの右クリックメニューから削除

 

② アプリ削除アプリ「AppCleaner」を使う

この方法は別記事に詳しく書いているので、ここではポイントをかいつまんで説明します。

▶ 以下のリンク先から、「AppCleaner」をダウンロード&インストールします。

AppCleaner

 

▶ インストールされた「AppCleaner」を起動します。

アプリ「AppCleaner」起動

 

▶ 「AppCleaner」を起動したら、画面の中に「CheatSheet」をドラッグ・アンド・ドロップします。

AppCleanerでCheatSheetをアンインストール

 

▶ 以下は、CheatSheetをドラッグ・アンド・ドロップしたところです。

左側にチェックマークが付いているフォルダ・ファイルが削除されます。

もしも、ドラッグ・アンド・ドロップした直後にチェックマークがついてない部分があったら、全部にチェックマークを付けます。

付けたら、右下の「Remove」ボタンをクリックしてアンインストールを実行します。

AppCleanerでCheatSheetのアンインストール

 

 

 

 

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました