Macで使用中のアプリのショートカットをオーバーレイ表示する「CheatSheet」

Macの「CheatSheet」のアプリアイコン アプリ
この記事は約5分で読めます。

Macではキーボードショートカットを使うと作業が効率化出来ますが、どんなショートカットがあるかを調べるのは意外と手間がかかるものです。

そこで、アプリ「CheatSheet」を使うと、現在アクティブなアプリのショートカットの一覧が表示できます。

一気に全部を覚えるのではなく、気になったらちょこちょこ調べる感じで使えば、少しずつ覚えられるのではないでしょうか?

このページは、次の方向けに書いています
  • Macのキーボードショートカットを覚えたいとは思っているが、多すぎてなかなか気が進まない人
  • ある程度のショートカットを覚えているが、知らないところを補完したい人

 

このアプリを使うと、以下の図のようにショートカットの一覧がキー一つで表示できます。

Macのアプリ「CheatSheet」でショートカットを表示しているところ

スポンサーリンク

「CheatSheet」のインストール方法

  • サイトが開いたら、以下の図で矢印が指し示している「Download」のボタンをクリックします。

    アプリ「CheatSheet」の公式サイト

  • 以下のようにZIP形式のファイルをダウンロードする画面が表示されたら、フォルダ「ダウンロード」など適当な保存場所を指定してから、ボタン「保存」をクリックします。

    Macのファイル保存のダイアログボックス

  • ZIP形式のファイルがダウンロードできたら、ダブルクリックして展開(解凍)します。

    FinderでZIPファイルをダブルクリックする

  • 以下の図のようにZIP形式のファイルが展開されて「CheatSheet」のアプリアイコンが表示されたら、これをダブルクリックします。

    Macでアプリ「CheatSheet」をダブルクリックする

  • 以下の図のようにファイルを開いてもよいかどうかを確認する画面が表示されたら、「開く」をクリックします。

    Macでファイルを開く確認画面

  • 以下の図のように、アプリをフォルダ「アプリケーション」に移動するかどうかの確認画面が表示されたら、矢印が指し示している「Move to Applications Folder」をクリックします。

    Macでアプリ「CheatSheet」を、フォルダ「アプリケーション」に移動するかどうかの確認画面

  • 以下の図のように、「”CheatSheet”で任意のアプリケーションからキー操作を受け取ろうとしています。」と表示されたら、矢印が指し示している「”システム環境設定”を開く」をクリックします。

    アプリ「CheatSheet」のキー操作受け取りのアクセス確認画面

  • 以下の図のように「セキュリティとプライバシー」が表示されたら、左下のカギ型のアイコンをクリックして、ロックを解除します。

    ロック解除するときに、Touch IDやパスワード入力の画面が出ますが、それぞれの方法で承認してください。

    Macの「システム環境設定」-「セキュリティとプライバシー」

    以下は、Touch IDの場合の承認画面です。

    MacのTouch IDの承認画面

  • ロックが解除されたら、以下の矢印が指し示している「CheatSheet」の左横のチェックボックスにチェックを入れます。

    Macの「システム環境設定」-「セキュリティとプライバシー」-「入力監視」

  • アプリの再起動が必要との画面が表示されたら、「終了して再度開く」をクリックします。

    Macのアプリ再起動確認画面

  • 「CheatSheet」の左横のチェックが入っていることを確認したら、左側の列の「アクセシビリティ」をクリックします。

    Macの「システム環境設定」-「セキュリティとプライバシー」-「入力監視」から「アクセシビリティ」

  • 右側の列の「CheatSheet」にチェックを入れて、左下のカギ型のアイコンをクリックして、ふたたびロックを掛けます。

    ロックが掛かったら、「システム環境設定」の画面は閉じます。

    Macの「システム環境設定」-「セキュリティとプライバシー」-「アクセシビリティ」

インストール方法の説明は、ここまでです。
引き続き、使い方と設定の説明を御覧ください。

 

 

スポンサーリンク

「CheatSheet」の使い方

ショートカットの表示

キーボードで「⌘」キーを長押しすると、現在最前面になっているアプリのショートカットが画面に表示されます。

以下の動画は、Google ChromeとFinderのショートカットを表示してみたところです。

印刷

ショートカットが表示されている状態で、右下の歯車のアイコンから「Print」を選びます。

アプリ「CheatSheet」でPrint

遅延時間の設定

ショートカットが表示されるまでに遅延時間を調整することが出来ます。

ショートカットが表示されている状態で、右下の歯車のアイコンから「Delay」の項目のスライドバーで時間を調整します。

アプリ「CheatSheet」でDelay調整

 

 

 

 

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました