「SuperDuper!」で内蔵ドライブのイメージファイルを作る

「SuperDuper!」アイコン
更新日:2021年04月17日
この記事は約9分で読めます。
2020年11月23日現在、「SuperDuper!」はmacOS 11.0 BigSur(Appleシリコン版/インテル版)には対応していません。
対応次第、記事を更新します。

「SuperDuper!」で内蔵ドライブのイメージファイルを作る場合の手順を図解で説明します。

また、イメージファイルの種類と違いについても説明します。

 

「SuperDuper!」関連記事一覧

 

イメージファイルの種類と比較

「SuperDuper!」でコピーを作る場合は、次の3種類の方式が選べます。

②と③がイメージファイルになります。

  • ①ディスクそのまま
  • ②スパース・バンドル形式
  • ③スパース・イメージ形式

SuperDuper!でコピー方式

①は、コピー元そのままの状態がコピー先のドライブにも作られるので、当然Macの起動ドライブにも使えますし、一部分だけの更新も可能です。

一方、コピー元のディスクの空き容量分もコピー先に必要になるので、その点がデメリットになります。

その点、②や③のイメージファイルならば、コピー元のディスクの実使用量に近いサイズでコピーできるのがメリットです。

以下、②と③の違いについて表にまとめました。

②と③のどちらを使うか迷っている人は、Mac OS X 10.3 Pantherや10.4 Tigerで読み出しを行う必要があれば、「③スパース・イメージ」を使ってください。

その必要がない大多数の人は、「②スパース・バンドル」を使ってください。

②スパース・バンドル ③スパース・イメージ
データ容量 実使用容量に近いサイズ 実使用容量に近いサイズ
Macの起動ドライブ 使えない 使えない
ファイル拡張子 sparsebundle sparseimage
保存データの構成 1つのパッケージ
(外見上は1ファイル)
1つのファイル
導入の由来 Time Machine FileVailt1
一部分だけの更新 できる できない
対応macOS 10.5 Leopard以降 10.3 Panther以降

 

初回のイメージファイル作成の手順

  • イメージファイル保存用の外付けドライブ(HDD/SSDなど)をMac本体に接続します。

    Macと外付けHDD

  • MacのFinderで、「アプリケーション」フォルダの中にある「SuperDuper!」をダブルクリックして起動します。

    Finderで「SuperDuper!」起動

  • 「SuperDuper!」が起動したら、以下の①~②のように設定します。

    • ①Copy:イメージ作成元のドライブ(この場合は、Mac内蔵SSD/HDD)を指定する
    • ②To:ドロップダウンリストから「Disk Image…」を選択する

    「SuperDuper!」でイメージ作成の設定

  • 以下のようにファイル保存の画面が表示されたら、①から③のように設定します。

    • ①Save As:ファイル名を適当につける
    • ②Image Type:Mac OS X 10.5以降は【Read/Write “Sparse Bundle”】、10.4 以前は【Read/Write “Sparse Image”】を選択
    • ③「Save」をクリック

    「SuperDuper!」でイメージのファイル形式の設定

  • 以下のように「SuperDuper!」の基本画面に戻ったら、①で「using」を「Backup – all files」に指定して、②の「Copy Now」をクリックします。

    「SuperDuper!」でイメージ作成の設定

  • 以下のように「SuperDuper!が変更を加えようとしています。」と表示されたら、パスワードを入力して、「OK」をクリックします。

    Macのセキュリティ確認画面

  • 以下のようにドライブ消去確認画面が表示されたら、「Copy」をクリックします。

    「SuperDuper!」の消去確認画面

     

  • イメージファイル作成中は、以下のように画面の表示で進捗状況がわかります。

    1から始まって4まで終わるまで、なるべくMac本体を使わないか、重い処理をしないようにして終了を待ちます。

  • 「SuperDuper!」の無料版の場合は、クローンが完了すると以下のように「Please register.」という画面が表示されます。

    表示されたら、「Later」をクリックして閉じます。

    「SuperDuper!」のクローン完了画面

  • 以下のように、「SuperDuper!」の左上の赤いボタンをクリックして閉じます。

  • Finderのサイドバーでイメージファイル保存用の外付けドライブをアンマウントします。

    Finderでイメージファイルのアンマウント

 

2回目以降のイメージファイル作成の手順

  • イメージファイル保存用の外付けドライブ(HDD/SSDなど)をMac本体に接続します。

    Macと外付けHDD

  • MacのFinderで、「アプリケーション」フォルダの中にある「SuperDuper!」をダブルクリックして起動します。

    Finderで「SuperDuper!」起動

  • 「SuperDuper!」が起動したら、以下の①~②のように設定します。

    • ①Copy:イメージ作成元のドライブ(この場合は、Mac内蔵SSD/HDD)を指定する
    • ②To:ドロップダウンリストから「Disk Image…」を選択する

    「SuperDuper!」でイメージ作成の設定

  • 以下のようにファイル保存の画面が表示されたら、①から③のように設定します。

    • ①Save As:既に作成済みのイメージファイルを選択
    • ②Image Type:Mac OS X 10.5以降は【Read/Write “Sparse Bundle”】、10.4 以前は【Read/Write “Sparse Image”】を選択
    • ③「Save」をクリック

    「SuperDuper!」で既存のイメージファイルを選択する画面

     

  • 以下のように「SuperDuper!」の基本画面に戻ったら、①で「using」を「Backup – all files」に指定して、②の「Options…」をクリックします。

    「SuperDuper!」でイメージ作成の設定

     

  • 以下のように「Option」の画面が表示されたら、矢印が指し示している「During copy」でコピー方式を選択します。

    「Erase 〜」または「Smart Update 〜」のどちらかを選び、残りの「Copy newer file 〜」や「Copy different files 〜」は基本的には選ばなくて良いです。

    • Erase ~:既存データはすべて消去して作り直し。クローン元と先は完全一致。
      • 無料版ユーザーは、これを選択する(これしか選択できない)
    • Smart Update ~:クローン元と先は完全一致させるが、変更分だけコピーする。
      • 有料版ユーザーは、これを選択する(時間短縮できるから)
    • Copy newer files ~:コピー元が新しい場合はコピー先を上書き。
    • Copy different files ~:コピー元とコピー先の情報が違う場合は上書き。

    「SuperDuper!」でOptionの設定

     

    「SuperDuper!」でOptionの設定

  • 「During copy(コピー方式)」を選択したら、「OK」をクリックして「Option」の画面を閉じます。

    「SuperDuper!」でOptionの設定

  • 以下のように「SuperDuper!」の基本画面に戻ったら、「Copy Now!」をクリックしてイメージファイル作成を開始します。

    「SuperDuper!」でCopy Nowクリック

  • 以下のように「SuperDuper!が変更を加えようとしています。」と表示されたら、パスワードを入力して、「OK」をクリックします。

    Macのセキュリティ確認画面

  • 以下のようにイメージファイルの更新または消去確認画面が表示されたら、「Copy」をクリックします。

    「SuperDuper!」のイメージファイルの更新確認画面

    イメージファイルの更新確認画面

    「SuperDuper!」の消去確認画面

    イメージファイルの消去確認画面

  • イメージファイル作成中は、以下のように画面の表示で進捗状況がわかります。

    1から始まって4まで終わるまで、なるべくMac本体を使わないか、重い処理をしないようにして終了を待ちます。

    Smart updateを選択(有料版)したときのクローン実行中の画面

     

    Eraseを選択(無料版)したときのクローン実行中の画面

  • 「SuperDuper!」の無料版の場合は、クローンが完了すると以下のように「Please register.」という画面が表示されます。

    表示されたら、「Later」をクリックして閉じます。

    「SuperDuper!」のクローン完了画面

  • 以下のように、「SuperDuper!」の左上の赤いボタンをクリックして閉じます。

  • Finderのサイドバーでイメージファイル保存用の外付けドライブをアンマウントします。

    Finderでイメージファイルのアンマウント

【2回目以降のイメージファイル作成の手順】の説明は、ここまでです。

 

このページの記事は、ここまでです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました