ネットワーク

Macのネットワーク

WindowsのVNCからMacのホスト名でアクセスする方法

VNCなどのリモートデスクトップアプリを使ってWindowsからMacにアクセスする場合はIPアドレスを指定する必要があります。 しかし、「Bonjour Print Services for Windows」というアプリを使うとホスト名(コンピュータ名)でアクセスできたので、紹介します。
Macのネットワーク

「Tailscale」なら、IPoE/IPv4 over IPv6でもVPNがカンタンに無料で使える

IPoE/IPv4 over IPv6環境でもVPNが使える「Tailscale」を紹介します。 MacとWindowsのインストール方法や、基本的な使い方を図解を使って詳しく説明します。
Macの周辺機器

M1 MacBook Air/Pro (Big Sur)で有線LANアダプターを使う

macOS 11.0 Big SurからOSの仕様が変わって、Catalinaまで使えていたLANアダプタが使えなくなったり、リンク速度が100Baseになったりという不具合が起きています。
Macのネットワーク

Macをリモートでスリープから復帰して使う方法

スリープ状態のMacをネットワーク越しに起動させて「画面共有」や「ファイル共有」を使う機能がありますが、アップルではこれを「Wake On Demand」と呼んでいます。 この機能を使うための前提条件や、設定方法を説明します。
Macのネットワーク

Macの多機能ネットワークスキャンアプリ「Network Radar」

App Storeで入手可能でレビューも評価が高いのですが、いきなり有料版をポチるのはためらわれるので、無料体験版の入手方法を紹介します。 また、アプリでどんなことができるかも紹介します。
Macのネットワーク

Mac用アプリ「WakeOnCommand」で、WakeOnLAN操作

MacでWakeOnLANのマジックパケットを発行できるアプリ「WakeOnCommand」を紹介します。 App Storeから入手できて、使い方もマウスでクリックするだけのシンプルなアプリです。
Macのネットワーク

Macの「ネットワーク環境」を自動切り替えするアプリ「ControlPlane」

MacのWiFiの接続先によって、自動的に「ネットワーク環境」を切り替えてくれるフリーソフトの紹介です。 最新版が2017年5月リリースですが、M1 MacBook AirのmacOS Big Surで動きました。
Macのネットワーク

「Remote Desktop for Mac」の使い方

MacからWindowsにリモートアクセスするアプリ「Microsoft Remote Dsktop for Mac」のメリット・デメリット、インストールと設定方法、さらによくある疑問・トラブルと解決方法について説明します。
Macのネットワーク

「Parallels Client」の使い方 – MacからWindowsへリモートデスクトップ

MacからWindowsにリモート接続する場合は、「Microsoft Remote Desktop」がメジャーな方法ですが、キーボード配列がアメリカ英語になったり、日本語入力の切り替えが上手くできないという欠点があります。 これに対して「Parallels Client」だと一挙に解決ができるので、このアプリを紹介します。
Macのネットワーク

MacでTunnelbrickでOpenVPN使用後にネットにつながらない

Wi-FiルータをTP-Link社製の「A10 Pro」に買い替えてMac用のOpenVPNアプリ「Tunnelbrick」を使うようになったのですが、VPN使用後に切断するとネットにつながらなくなる現象が起きて困っていました。 根本的に解決する方法は見つかっていないのですが、とりあえず不便ない使い方を見つけたので紹介します。
タイトルとURLをコピーしました